2010年8月24日

【メンタルヘルス特集(2)】深刻な状況が頻発するメンタルヘルス問題 従業員のストレスを把握、事前予防の強化へ

メンタルヘルス対策は、すでに多くの企業で経営戦略の一環となっている。ところが、比較的コミュニケーションが取れていると思われてきた職場でも深刻なメンタルヘルス問題が発生し、ときに特定の社員への対応に振り回され、苦労している人事担当者も多い。メンタルヘルス対策の課題と対策を取材した。

 (8715)

労災申請が急増、働き盛りの世代に高いストレス

 「リーマン・ショック後、ビジネスパーソンから“仕事の質”に関する相談が増えました。リストラによる社員の減少で仕事量が増えて大変という方もいますが、第一線で活躍している人たちの『より高いレベルの業績を要求されてストレスが溜まっている』という悩みが大半です」と職場のメンタルヘルス対策の実情に詳しいピースマインド総合研究所の渋谷英雄所長は話す。
 うつ病などの精神障害による労災請求件数は年々増加しており、2009年度の労災請求件数は1136件、前年度に比べ209件(22.5%)と急増した。年齢では30代、40代が多く、労災支給決定の理由は「仕事の量・質の変化」が突出しているのが特徴だ。
 不況によるリストラで業務負荷の増えた働き盛りの世代が、「こころの病」を抱えている姿が浮き彫りになっている。

分かりやすいメンタル施策を求める企業

 一方、人事担当者の意識変化について、企業向けメンタルヘルス支援アプリケーション「こころの健康診断」を提供するパイプドビッツ(東京都港区、佐谷宣昭代表取締役社長CEO)の廣澤孝之人事ソリューションユニットマネージャーはこう指摘する。
 「『何か問題が起こってから相談します』という中堅・中小企業の人事担当者が、以前は多かったのですが、最近は労働安全衛生法の改正が見込まれていることもあって、『従業員がメンタルヘルス不調になる前に、把握できるツールを導入しないと、様々なリスクを回避することができない』という危機感が高まっています」
 メンタルヘルス不調への対策を、危機管理や組織力強化の観点から見直す動きも進む。同社が提供する従業員のストレスチェックツール「こころの健康診断」を活用する小売業A社の人事担当者は
 「当社のような多店舗展開の業態では、店舗という限られた空間と人間関係の中で、ストレスが高まり易いという恒常的な課題があります。チェックツールの導入で本部の人事担当者が、それぞれの職場の状況をスピーディーに把握できる意義は大きい」と話す。
 ピースマインド総合研究所の渋谷所長は「仕事の効率化が追求される中、従業員が相互にコミュニケーションをとる“すき間”を失っている職場が多く、従業員の細かな変化を把握しづらくなっています」と職場の現状を説明する。
 「“職場のコミュニケーションを良くしましょう”というスローガンだけで、具体的なツールがないまま、人事部が旗を降っても何も変わらない。その点、従業員のストレスチェックは、企業のメンタルケアに対する配慮が具体的で分かりやすい上、大きなコストを掛けなくても適宜実施することができます」(パイプドビッツ廣澤孝之マネージャー)

事前予防の強化に動く人事担当者

 職場でのメンタルヘルス問題は深刻さを増している。従業員400人の中堅IT会社の人事担当者は
 「休職と復職を繰り返す社員が増えているし、産業医の診断を拒否するような社員もいて、本当に手を焼いている。リハビリ出勤制度も機能しているとは言い難い。うつ病の発症を防ぐために、職場の小さな問題を未然に掘り起こして摘んでいくことが大事だ」と本音を明かす。
24 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

メンタルヘルス対策に取り組んでいる事業所は5割超、小規模事業所で遅れ

メンタルヘルス対策に取り組んでいる事業所は5割超、小規模事業所で遅れ

 メンタルヘルス対策に取り組んでいる事業所の割合は56.6%となっていることが、厚生労働省の「労働安全衛生調査」で明らかとなった。
相談件数2年連続で1万件を超える、最大の悩みは「職場の問題」

相談件数2年連続で1万件を超える、最大の悩みは「職場の問題」

 全国に相談室と無料の電話相談を開設する日本産業カウンセラー協会の集計によると、2016年度の相談件数は2年連続で1万件を超え、最大の悩みは「職場の問題」であることが明らかとなった。
【著者が語る】頭がいい人のマナー 残念な人のマナー

【著者が語る】頭がいい人のマナー 残念な人のマナー

ヒロコマナーグループ 西出 ひろ子 代表
「過重労働解消相談」1日で712件、家族からの相談も199件

「過重労働解消相談」1日で712件、家族からの相談も199件

 厚生労働省が11月6日に実施した「過重労働解消相談ダイヤル」に712件の相談があった。労働者本人だけでなく、労働者の家族からの相談も199件あった。
ビジネスパーソンの職場の悩みの約4割は人間関係

ビジネスパーソンの職場の悩みの約4割は人間関係

 ビジネスパーソンの職場の悩みはもっぱら人間関係であることが「働く人の電話相談室」を開設した日本産業カウンセラー協会の集計で分かった。人間関係に悩んでいる人は約4割にも上った。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部(人材サービス担当) 編集部(人材サービス担当)

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース