2020年2月17日

1月の転職求人数は前年比1.4%減、転職希望者数は19.3%増 パーソルキャリア調べ

 パーソルキャリアがまとめた「doda転職求人倍率レポート」によると、1月の転職求人数は前月比1.4%減、前年同月比6.0%増、転職希望者数は前月比19.3%増、前年同月比5.7%増だった。

 (26398)

 転職求人倍率は前月比0.54ポイント減、前年同月比0.01ポイント増の2.60倍だった。

 1月の求人数は、12月に採用を終了した求人があったことや例年新規の募集がそれほど増えないことなど、時期的な要因が重なり、微減となったが、依然として高水準を維持している。

 一方、転職希望者数は例年通り4月入社を目指して1月から転職活動を始めた人が多く、増加したため、求人倍率は下降した。

 業種別にみると、求人数の前月比は8業種(その他を含まない)のうち「メディカル」、「メーカー」、「商社・流通」、「小売・外食」の4業種で増加した。特に伸びたのは、「小売・外食」(前月比8.6%増)、「メディカル」(同4.7%増)。

 「小売・外食」では、ファーストフード関連の企業で求人数が増加しており、店舗の店長候補やエリアマネジャーの採用を活発に行っている。前年同月比でも26.5%増と最も求人数が増加した。

 パーソルキャリアはその要因にてついて「中食需要の拡大や軽減税率に対応するため、テイクアウト商品に力を入れ、出店を拡大している企業があることや、従業員の就業環境の改善に取り組んでいることが積極的な採用の背景と考えられる」と指摘している。

 「メディカル」では、4月入社を目標にした求人が増えており、CSO(医薬品販売業務受託機関)のMRや医療機器メーカーの営業で採用が活発化している。

【業種別 求人数増加率(前月比)】
小売・外食 8.6%増
メディカル 4.7%増
商社・流通 3.7%増
メーカー  0.3%増
IT・通信  1.9%減
メディア  3.5%減
サービス  3.5%減
金融    4.1%減

その他   0.7%減
 職種別では、求人数の前月比は11職種のうち「企画・管理系」、「技術系(メディカル)」、「販売・サービス系」、「事務・アシスタント系」の4職種で増加した。特に伸びたのは、「販売・サービス系」(同6.1%増)、「技術系(メディカル)」(前月比4.0%増)。

 「販売・サービス系」では、飲食店の店長候補やエリアマネジャー、携帯ショップのスタッフ職などの採用が活発となっている。前年同月比でも24.1%増と11職種で2番目に求人数が増加していた。

 「技術系(メディカル)」では、医薬品の製造職やCRO(医薬品開発業務の受託機関)のCRA(臨床開発モニタ)で求人数が増加した。

【職種別 求人数増加率(前月比)】
販売・サービス系  6.1%増
技術系(メディカル)4.0%増
事務・アシスタント系2.9%増
企画・管理系    0.2%増
技術系(化学・食品)増減なし
技術系(建築・土木)0.3%減
専門職       0.3%減
技術系(IT・通信) 0.9%減
クリエイティブ系  1.9%減
技術系(電気・機械)3.7%減
営業系       5.6%減

 2月以降の転職市場についてパーソルキャリアでは、「引き続き求人が多い状態が続く」と予想している。

 「採用を予定しているポジションで3月までに採用充足したいと企業の採用意欲は高まっているので、転職希望者にとってはチャンスの時期」と指摘している。
3 件

人事向け限定情報を配信中

人事向け限定情報を配信中