2016年9月16日

ヘイズ/リクルートメント・インターナショナル・アワードを2年連続受賞

採用・育成・組織開発・HRテックの最新サービス情報を紹介する【ヘイズ、インテリジェンス、マイナビ】

 (27137)

ヘイズ/リクルートメント・インターナショナル・アワードを2年連続受賞

 外資系人材紹介会社ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン(東京・港、マーク・ブラジ マネージング・ディレクター)は、英国Recruitment Internationalが主催する「Recruitment International Awards 2016」(リクルートメント・インターナショナル・アワード)で、採用アウトソーシング部門の最優秀賞を2年連続で受賞した。

  リクルートメント・インターナショナル・アワードは、人材紹介業界の優良企業を表彰するもので、授賞式は9月30日に東京で行われた。

 ヘイズのマネージング・ディレクター、マーク・ブラジ氏は、今回の受賞について「ヘイズがクライアント企業に優れたサービスを提供し、一流の人材を一流の企業に紹介していることの証と言える。ポジションに適した人材を確保する事によって企業は革新し得ると確信している」とコメントしている。

ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン「グローバル人材、ハイスキル人材、幹部人材紹介に実績がある世界最大級の人材紹介会社です」 - 人材コンサルティング会社&サービスガイド100選

ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン「グローバル人材、ハイスキル人材、幹部人材紹介に実績がある世界最大級の人材紹介会社です」 - 人材コンサルティング会社&サービスガイド100選
ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパンは、グローバル人材の紹介を強みとする外資系大手人材会社。グローバルなブランド力で海外勤務経験者や海外在住者の登録も多く、15の専門分野に特化したコンサルタントが専門性の高い人材を紹介する。クライアントの課題に応じて、正社員紹介、契約・人材派遣、RPO、ITサービスの4つのサービスが規模を伴って提供できる体制となり、日本における存在感をますます高めている。グローバルな労働市場の比較調査データなどの情報発信にも力を入れている。(日本人材ニュース編集部の評価)

インテリジェンス/採用候補者に送るスカウトメールに2つの新機能を追加

 インテリジェンス(東京・千代田、峯尾太郎社長)は、企業向けのダイレクト・ソーシングサービス「DODA Recruiters(デューダ リクルーターズ)」で採用成功の確度を高めるための2つの新機能を追加した。

 デューダ リクルーターズは、106万人の転職希望者のデータベースを企業向けに公開し、人材の採用を希望する企業が転職希望者に直接スカウトメールを送れるダイレクト・ソーシング型のサービス。

 今回、「転職希望者が受け取る面接確約オファーに、写真付の人事・採用担当者情報を表示する機能」と「面接確約者アイコンを追加表示する機能」を追加した。

 転職希望者が受け取るスカウトメールに、人事・採用担当者の顔写真や名前、プロフィール、キャリア情報などが掲載できるようになった。今までのダイレクトメールと差別化ができ、人事・採用担当者の「顔」が見えることで転職希望者からの応募率が高まることが期待できる。

 同社によれば2016年1月~6月にデューダ リクルーターズから配信されたスカウトメールを調査した結果、人事・採用担当者のプロフィール情報の記載がない場合とある場合とでは、転職希望者からの応募率に約2倍もの差が出たという。

 また、面接確約者アイコンの表示機能を追加し、「社長面接」「役員面接」「部長面接」など面接確約者の“役職アイコン”がスカウトメールの見出しに表示できるようになった。これにより、求職者のメール開封率を高め、これまで以上に応募へのモチベーションを高めることも期待される。

マイナビ/新卒内定者向けにスマホで学べる研修プログラムを開発

 人材サービスのマイナビ(東京・千代田、中川信行社長)は、ビジネススクールや企業研修などを手掛けるグロービス(東京・千代田、堀義人社長)と共同で、新卒採用の内定者向けにスマホで学べる研修プログラムを開発した。

 研修プログラム「モバイル ミニMBA for Freshers」は全8コースのコンテンツが契約期間中(8カ月間)学び放題で、論理思考や経営に関する基礎的な知識をスマホで学ぶことができる。

 会社の仕組みや構造といった基本的な知識を学ぶ「会社の基礎知識」や相手を意識したコミュニケーションの方法を身に付ける「コミュニケーション入門」、顧客視点に立ってモノを売るための仕組みを理解する「マーケティング入門」などMBAの基礎的な学習内容をアレンジし、ビジネス経験の無い内定者でも学びやすいものになっている。

 1つのコンテンツの学習時間は3分程度で読めるように設計されており、スマートフォンにも対応しているのでいつでもどこでも何度でも、手軽に学ぶことができる。

 また、学習コンテンツへ意見や感想を投稿できるコメント機能や、学習量・進捗に応じたランキング機能を用意しており、同じ企業の内定者同士が互いに学び、刺激し合える。

 開発の背景についてマイナビでは、「今年7月に2017年卒の学生を対象に行った調査では、内々定保有学生のうち83.0%が『入社までに内々定者フォロー・内々定者研修を希望する』と回答した。一方、内定者フォローとして研修を実施している企業の割合は22.3%、e-learningの実施は8.9%と内定者の学習意欲と企業の実施内容に乖離がある」としている。
8 件

関連する記事

マイナビ/障がいのある学生向け就職情報サイトを開設 他

マイナビ/障がいのある学生向け就職情報サイトを開設 他

採用・育成・組織開発・HRテックの最新サービス情報を紹介する【マイナビ、パーソルHD、ランサーズ、ジェイ エイ シー リクルートメント、トライオン、テックオーシャン、人事部サポートSR、NTTデータ経営研究所、デロイトトーマツコンサルティング】
【バイリンガルの中途採用】リストラや将来不安による転職活動は増えているが、採用基準は高い

【バイリンガルの中途採用】リストラや将来不安による転職活動は増えているが、採用基準は高い

ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン マイケル・クレイバン リージョナルディレクター 
パーソルキャリア/外国人ITエンジニアの採用サービス実証実験 他

パーソルキャリア/外国人ITエンジニアの採用サービス実証実験 他

採用・育成・組織開発・HRテックの最新サービス情報を紹介する【パーソルキャリア、グロービス、ワークス・ジャパン、レビックグローバル】