2016年9月12日

「グローバル人材セミナー」で即戦力となるアジアの人材採用を考える カケハシ スカイソリューションズ

 海外人材の導入は、人材不足の解決策として期待されている。そんな中、人材サービスのカケハシ スカイソリューションズ(東京・新宿、中川智尚社長)は、即戦力となる海外人材の採用について考える「グローバル人材セミナー」を開催する。

 (10079)

 セミナーではベトナム、インドネシア、インド、韓国、中国などアジア圏の人材を採用するために必要な知識や情報を具体的な取り組み方法や事例を通じて紹介する。

 第一部はアセアン・フォーカスの代表取締役・黒田義明氏を講師に迎え、中小企業視点での様々な事業組織運営の問題に合わせた海外人材の採用導入方法について知る。

 第二部はカケハシスカイソリューションズの海外事業部ゼネラルマネージャーの三上富士雄氏が、実際に海外人材を採用した企業の導入理由から導入前と導入後の状況を紹介していく。

 自社の人材採用のあり方について課題を感じている企業や海外人材の採用への興味があるが受け入れについて不安がある企業、優秀な外国人エンジニアを積極的に受け入れたい企業などは参加を検討したい。

 【セミナー概要】
日時:2016年9月29日(木)14:00~16:00
会場:カケハシ スカイソリューションズ 本社
   (東京都新宿区神楽河岸1-1 セントラルプラザ7F)  
参加費:無料
申し込み:サイトから要予約
http://www.kakehashi-skysol.co.jp/ks-seminar/5121.html)

◆人事・マネジメント・キャリア関連書籍プレゼント キャンペーン中!

◆人事・マネジメント・キャリア関連書籍プレゼント キャンペーン中!
日本人材ニュースの無料会員にご登録いただくと、多くの企業で法律顧問として活躍中の安西法律事務所の弁護士陣による「雇用管理の法律相談」などの会員限定記事をご覧いただけます。人事・マネジメント・キャリア関連書籍プレゼント キャンペーン中!
3 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

【バイリンガルの採用】複数国のマネジメントができるマルチリンガル人材に高い需要

【バイリンガルの採用】複数国のマネジメントができるマルチリンガル人材に高い需要

インテリジェンス・グローバル・サーチ ナイーム・イクバル マネジング・ダイレクター
日本で働く外国人が過去最多、100万人を超える

日本で働く外国人が過去最多、100万人を超える

 日本で働く外国人が過去最多となったことが分かった。厚生労働省が201610月末現在の状況を取りまとめた。
頻発するテロやトラブルから海外駐在員をどう守るのか オオコシセキュリティコンサルタンツ 大越修社長

頻発するテロやトラブルから海外駐在員をどう守るのか オオコシセキュリティコンサルタンツ 大越修社長

世界中でテロや事件が頻発するようになり、日本人の海外駐在員や出張者がテロの犠牲になる事件が起きている。ヨーロッパでもテロが相次いで発生しており、もはや世界に安全な地域はなくなった。海外勤務者をどのように守ったらよいのか、日本の企業セキュリティの草分けオオコシセキュリティコンサルタンツ社長の大越修氏に聞いた。
日本で就職した外国人留学生は過去最高の1万5657人

日本で就職した外国人留学生は過去最高の1万5657人

 2015年に日本で就職するために在留資格を取得した外国人留学生は前年比20.8%増の1万5657人となり、過去最高を記録したことが、法務省入国管理局の集計で分かった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部(人材サービス担当) 編集部(人材サービス担当)

セミナー・イベント

プレスリリース