2017年6月8日

障がい者の就職件数8年連続で過去最高、就職率48.6%

 ハローワークを通じた障がい者の就職件数が8年連続で過去最高を更新したことが、厚生労働省がまとめた2016年度の障がい者の職業紹介状況で分かった。

 (12414)

 障がい者の新規求職申込件数は、前年度比2.5%増の19万1853件となった。就職率も同0.4ポイント増の48.6%となり7年連続で上昇した。
 
 障がい種別に就職件数を見ると、身体障がい者2万6940件(前年度比3.8%減)、知的障がい者2万342件(同1.9%増)、精神障がい者4万1367件(同7.7%増)、その他の障がい者4580件(同19.5%増)となっている。

 身体障がい者は3年連続で減少。精神障がい者は高い伸び率だが、前年までの2ケタの伸び率と比べると鈍化している。

 産業別にみると、医療,福祉(3万5386件)、製造業(1万2268件)、卸売業,小売業(1万1547件)の就職件数が多かった。

 職業別の就職件数では、「運輸・清掃・包装等の職業」(3万2499件)の割合が大きく、「事務的職業」(1万8738件)、「生産工程の職業」(1万2366件)、「サービスの職業」(1万1242件)が続いている。

おすすめの記事

パワハラの判断基準と不適切な注意・指導の防止策

パワハラの判断基準と不適切な注意・指導の防止策
今日において、「パワーハラスメント」やこれを略した「パワハラ」という用語は社会的に定着した用語として一般に用いられており、この用語を知らない人はいないと言っても過言ではないでしょう。したがって、企業においては、規模や業種を問わず、パワハラ対策は優先的に取り組むべき課題であることを認識しておく必要がありますので、パワハラ問題の難点や裁判例の考え方を解説します。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

職業紹介事業の手数料収入3535億円、3年連続で過去最高を更新

職業紹介事業の手数料収入3535億円、3年連続で過去最高を更新

 2015年度の職業紹介事業の手数料収入は約3535億円となり、3年連続で過去最高を更新したことが、厚生労働省が発表した「職業紹介事業報告書」集計結果で分かった。
障がい者雇用が13年連続で過去最高、法定雇用率を達成企業は49%

障がい者雇用が13年連続で過去最高、法定雇用率を達成企業は49%

 厚生労働省が発表した障がい者の雇用状況の取りまとめによると、企業に雇用されている障がい者数が13年連続で過去最高となっていることが分かった。
【著者が語る】発達障害の人の面接・採用マニュアル

【著者が語る】発達障害の人の面接・採用マニュアル

テスコ・プレミアムサーチ 石井京子 代表取締役

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース