2017年2月28日

中小企業の48.6%が「人材不足」 医療・福祉、情報通信、建設、飲食・宿泊業は6割超

 中小企業の経営者の48.6%が「人材が不足している」と回答したことが、産業能率大学(東京・世田谷、浦野哲夫学長)の調査で明らかとなった。

 (11356)

 中小企業の経営者を対象に現在の従業員数の充足状況を聞くと、約半数の48.6%が「不足している」と回答した。

 業種別では、医療・福祉(69.0%)、情報通信業(62.8%)、建設業(61.6%)、飲食店・宿泊業(61.1%)では「不足している」と答えた経営者が6割を超えた。

 2017年の業績は、「良くなる」が全体の36.3%(「大幅に良くなる」5.1%+「やや良くなる」31.2%)、「悪くなる」が16.2%(「大幅に悪くなる」2.9%+「やや悪くなる」14.1%)となり、「良くなる」が「悪くなる」を19.4ポイント上回った。

 業種別に見ると、運輸業と教育・学習支援業では「悪くなる」が「良くなる」を上回っており、厳しい見方をしている。

 2017年の経営活動に影響を与えそうな要因は、「人材の不足」(36.0%)、「国の政策の変化」(24.8%)、「国際情勢の悪化」(20.0%)などとなった。

【2017年の経営活動に影響を与えそうな要因】
1位 人材の不足 36.0%
2位 国の政策の変化 24.8%
3位 国際情勢の悪化 20.0%
4位 需要の不足 19.8%
5位 業界構造の変化 17.4%

 2017年に経営者として最も取り組みたいことは「国内の販路拡大」(14.5%)が最多となった。

 前年調査と比較すると大きく上昇したのは「従業員満足度の向上」(1.6ポイント増)、「海外の販路拡大」(1.5ポイント増)、「新規事業への進出」(1.2ポイント増)だった。

 一方、下落したのは「営業力の強化」(3.1ポイント減)、「顧客満足度の向上」(2.6ポイント減)、「利益率の向上」(1.0ポイント減)だった。

 産業能率大学では、この結果に対して「人材の確保が厳しい状況であるなか採用だけではなく従業員満足度を高めることで人材の流出を防ぐとともに、明るい業績見通しを背景に国内だけでなく海外にも販路を見出していきたいとする中小企業経営者の意識の変化が読み取れる」と分析している。

 調査は、2016年11月11日~18日、従業員数6人以上300人以下の企業の経営者を対象にインターネットで実施し、661のサンプルを得た。

おすすめの記事

労働者派遣法改正 事業所・個人単位で期間制限

労働者派遣法改正 事業所・個人単位で期間制限
労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律が改正され、平成27年9月30日に施行されました。また、平成24年に改正され未施行であった部分も平成27年10月1日から施行されています。そこで、本稿では、今回施行された主な改正点について解説します。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

8割超で賃上げ実施、主な理由は「従業員の引き留めのため」

8割超で賃上げ実施、主な理由は「従業員の引き留めのため」

 2018年の賃上げ実施企業は82.2%に上ることが東京商工リサーチの調査で明らかとなった。賃上げをした理由は「雇用中の従業員の引き留めのため」が過半数を占め、特に中小企業で切実なようだ。
2019年新卒採用予定者、「増加」とする事業所が「減少」とする事業所を上回る

2019年新卒採用予定者、「増加」とする事業所が「減少」とする事業所を上回る

 2019年の新卒採用予定者数は、すべての学歴で前年と比べて「増加」するとした事業所が「減少」とする事業所を上回ったことが、厚生労働省の5月の労働経済動向調査で分かった。
未充足の求人がある事業所が58%、宿泊業、飲食サービス業、医療・福祉では7割超と人手不足続く

未充足の求人がある事業所が58%、宿泊業、飲食サービス業、医療・福祉では7割超と人手不足続く

 未充足の求人がある事業所が58%に上ることが、厚生労働省の2月の労働経済動向調査で分かった。宿泊業・飲食サービス業、医療、福祉業では7割以上となっている。
2018年度に正社員の採用予定がある企業6割超の高水準、採用予定のない企業は13年ぶりの低水準

2018年度に正社員の採用予定がある企業6割超の高水準、採用予定のない企業は13年ぶりの低水準

 帝国データバンクの調査によると、2018年度に正社員の採用予定がある企業は4年連続で6割を超えた。一方、採用予定のない企業は8年連続で減少し、13年ぶりの低水準となった。
5割超の企業で正社員不足、調査開始以降最高水準を推移

5割超の企業で正社員不足、調査開始以降最高水準を推移

 現在の従業員の過不足状況を聞くと(「該当なし/無回答」を除く)、正社員が「不足」していると回答した企業は51.1%で、調査開始(2006年5月)以降、最高水準で推移していることが帝国データバンクの調査で分かった。「適性」は41.2%、「過剰」は7.6%だった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース