2017年2月9日

インターンシップ参加後に企業から接触を受けた学生が77% ディスコ調査

 人材サービスのディスコ(東京・文京、新留正朗社長)の学生モニター調査によると、インターンシップ後に企業から接触を受けた学生が7割強に達していることが分かった。

 (11582)

 2018年卒業予定の大学生が就職活動の準備として行った内容(1月調査)のトップ3は「自己分析」(76.5%)、「業界・企業研究」(75.5%)、「学内のガイダンスに参加」(73.7%)の順となった。

 「学内のガイダンスに参加」が年々減少する一方、「インターンシップに参加」が前年から8.9ポイント増の70.7%と7割を超え、「就職準備イベントに参加」(55.3%)も増加していることから、早期から企業と直接的な接触ができる内容が増えている。

【就職活動準備でこれまでに行ったこと トップ5】
1位 自己分析 76.5%
2位 業界・企業研究 75.5%
3位 学内のガイダンスに参加 73.7%
4位 インターンシップに参加 70.7%
5位 就職情報会社主催の就職準備イベントに参加 55.3%

 インターンシップ参加者は81.3%で、11月調査(76.4%)から4.9ポイント増加した。インターンシップ参加後に企業からアプローチを受けた学生は7割強(76.9%)に上った。

 具体的には「限定セミナーの案内」(60.0%)、「限定インターンシップの案内」(44.8%)などが多く、企業はインターンシップ参加者を優先して接点を継続していく姿勢が見られる。

【インターンシップ参加後に企業から受けたアプローチ トップ5】
1位 インターンシップ参加者限定セミナーの案内 60.0%
2位 インターンシップ参加者限定インターンシップの案内 44.8%
3位 定期的なメール(メルマガなど)でのフォロー 37.2%
4位 インターンシップ参加者限定懇親会の案内 36.8%
5位 早期選考の案内 33.8%

 1月1日時点で「内定を得た」のは3.6%で、前年同期に比べ2.5ポイント増加した。内定取得者のうち6割強(60.5%)がインターンシップ参加企業からの内定だった。

 調査は、2017年1月1日~6日、2018年3月に卒業予定の大学3年生(理系は大学院修士課程1年生含む)を対象にインターネットで実施し、1203人の回答を得た。(文系男子439人、文系女子356人、理系男子268人、理系女子140人)

おすすめの記事

パワハラの判断基準と不適切な注意・指導の防止策

パワハラの判断基準と不適切な注意・指導の防止策
今日において、「パワーハラスメント」やこれを略した「パワハラ」という用語は社会的に定着した用語として一般に用いられており、この用語を知らない人はいないと言っても過言ではないでしょう。したがって、企業においては、規模や業種を問わず、パワハラ対策は優先的に取り組むべき課題であることを認識しておく必要がありますので、パワハラ問題の難点や裁判例の考え方を解説します。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

【新卒採用】「質」を意識した選考方法の再構築が採用成功の可否を握る

【新卒採用】「質」を意識した選考方法の再構築が採用成功の可否を握る

タレントアンドアセスメント 山﨑 俊明 代表取締役
大学生の就職内定率85.0%、リーマン・ショック前の水準を上回る

大学生の就職内定率85.0%、リーマン・ショック前の水準を上回る

 今春卒業予定の大学生の就職内定率が85.0%となったことが分かった。厚生労働省と文部科学省が就職内定状況等を共同で調査し、2016年12月1日現在の状況を取りまとめた。
大学生の就職内定率10月1日現在71.2%、リーマン・ショック前の水準を超える

大学生の就職内定率10月1日現在71.2%、リーマン・ショック前の水準を超える

 来春卒業予定の大学生の就職内定率は、リーマン・ショック前のピークを8年ぶりに更新したことが分かった。厚生労働省と文部科学省が就職内定状況等を共同で調査し、10月1日現在の状況を取りまとめた。
10月1日現在の大学生の就職内定率75.2%、調査開始以来の最高値を更新

10月1日現在の大学生の就職内定率75.2%、調査開始以来の最高値を更新

 来春卒業予定の大学生の就職内定率が75.2%となったことが分かった。厚生労働省と文部科学省が就職内定状況等を共同で調査し、10月1日現在の状況を取りまとめた。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース