2017年1月12日

実質賃金0.2%減、11カ月ぶりの減少 11月勤労統計

 物価変動の影響を除いた実質賃金が前年同月比0.2%減となったことが、厚生労働省が発表した16年11月の勤労統計調査(速報、事業所規模5人以上)で分かった。

 (11070)

 16年11月の一人当たりの平均現金給与総額は前年同月比0.2%増の27万4778円。

 現金給与総額のうち、きまって支給する給与は0.3%増の26万340円で、所定内給与は0.4%増の24万377円、所定外給与は1.3%減の1万9963円。特別に支払われた給与は、3.4%減の1万4438円となった。

 現金給与総額の前年同月比を業種別に見ると、鉱業・採石業等30万6433円(4.4%増)、複合サービス事業30万8682円(3.9%増)、生活関連サービス等19万8455円(3.3%増)、学術研究等39万9546円(3.1%増)などが増加した。

 一方、金融業・保険業37万1413円(1.9%減)、建設業35万756円(1.8%減)、医療・福祉25万6816円(0.3%減)、飲食サービス業12万51円(0.2%減)が減少した。

 物価変動の影響を除いた実質賃金は前年同月比0.2%減で、11カ月ぶりに減少した。

 16年11月の製造業の残業などの一人当たりの所定外労働時間は前年同月比1.2%減の16.5時間で、12カ月連続の減少。産業全体の所定外労働時間は、前年同月比0.9%減の11.1時間。

 製造業以外で所定外労働時間の前年同月比を業種別に見ると、卸売業・小売業7.8時間(5.4%増)、建設業15.2時間(4.8%増)、その他のサービス業11.8時間(4.4%増)などが増加し、複合サービス事業7.2時間(15.3%減)、鉱業・採石業等13.9時間(10.3%減)、電気・ガス業14.8時間(11.4%減)などが減少した。

定額残業代制度によるトラブルを防ぐためには

定額残業代制度によるトラブルを防ぐためには
近年、若者を使い捨てにする「ブラック企業」が社会的問題になり、時間外労働に対する割増賃金や労働時間管理などに対する労働基準監督署の監督指導が強化されています。残業代を定額で支払うような制度の留意点について解説します。
4 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

実質賃金 5年ぶりに増加

実質賃金 5年ぶりに増加

 厚生労働省が発表した毎月勤労統計調査(速報、事業所規模5人以上)によると、2016年の実質賃金が5年ぶりに増加したことが分かった。
実質賃金横ばい、残業時間の減少続く 10月勤労統計

実質賃金横ばい、残業時間の減少続く 10月勤労統計

 物価変動の影響を除いた実質賃金が前年同月比で増減なしとなったことが、厚生労働省が発表した10月の勤労統計調査(速報、事業所規模5人以上)で分かった。
労働時間管理の労使の最新動向 改正労基法4月施行への対応 割増賃金率50%のみが多数、代替休暇制度は非現実的

労働時間管理の労使の最新動向 改正労基法4月施行への対応 割増賃金率50%のみが多数、代替休暇制度は非現実的

改正労基法が4月1日に施行された。法的義務である1カ月60時間を超える時間外労働に対する割増賃金率50%以外は対応しない企業も多いようだ。 不況で残業時間は大きく減少しているが、さらなる労務費の削減やワークライフバランスの観点からも業務の効率化に取り組む企業が増えている。 自社の現状や課題を踏まえた実務対応が求められる中、今回の改正に対する労使の対応を取材した。
バイリンガルの給与増を予想、HRマネジャーは最大10%昇給 ロバート・ウォルターズ調査

バイリンガルの給与増を予想、HRマネジャーは最大10%昇給 ロバート・ウォルターズ調査

 外資系人材紹介会社のロバート・ウォルターズ・ジャパン(東京・渋谷、デイビッド・スワン社長)が日本の最新雇用動向とバイリンガルの職種・業種別給与水準をまとめた「給与調査2017」を発表した。人材不足が継続し、多くの産業・職種で給与増を予想している。
ベースアップ予定の上場企業は23.7%、昨年の実績は48.1%

ベースアップ予定の上場企業は23.7%、昨年の実績は48.1%

 労務行政研究所が東証上場企業を対象に実施した「賃上げに関するアンケート調査」によると、上場企業の23.7%がベースアップを予定していることが分かった。昨年に比べ厳しい見通しとなっている。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

セミナー・イベント

プレスリリース