2016年10月12日

人材紹介会社のヘイズがリクルートメント・インターナショナル・アワードを2年連続受賞

 外資系人材紹介会社ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン(東京・港、マーク・ブラジ マネージング・ディレクター)は、英国Recruitment Internationalが主催する「Recruitment International Awards 2016」(リクルートメント・インターナショナル・アワード)で、採用アウトソーシング部門の最優秀賞を2年連続で受賞した。

 (10419)

 リクルートメント・インターナショナル・アワードは、人材紹介業界の優良企業を表彰するもので、授賞式は9月30日に東京で行われた。

 ヘイズのマネージング・ディレクター、マーク・ブラジ氏は、今回の受賞について「ヘイズがクライアント企業に優れたサービスを提供し、一流の人材を一流の企業に紹介していることの証と言える。ポジションに適した人材を確保する事によって企業は革新し得ると確信している」とコメントしている。

ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン 「グローバルな人材サービスを提供する世界最大級のスペシャリスト人材紹介会社です」 - 人材コンサルティング会社ガイド100選

ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン 「グローバルな人材サービスを提供する世界最大級のスペシャリスト人材紹介会社です」 - 人材コンサルティング会社ガイド100選
4 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

【サプライチェーンの中途採用】調達戦略見直しで、バイリンガル・経営戦略の知識を備えた人材に需要

【サプライチェーンの中途採用】調達戦略見直しで、バイリンガル・経営戦略の知識を備えた人材に需要

ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン マーク・ブラジ マネージングディレクター
スキル不足の企業が人材育成を強化 求人ではジュニアレベルの候補者への注目度高まる ヘイズ・ジャパン採用動向レポート

スキル不足の企業が人材育成を強化 求人ではジュニアレベルの候補者への注目度高まる ヘイズ・ジャパン採用動向レポート

 人材紹介のヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン(東京・港、マーク・ブラジ マネージング・ディレクター)は、2016年4月~6月期の採用動向レポートを発表した。レポートの中で、社員のスキル不足に直面する企業が積極的に社員教育に取り組み、自ら人材を育成しようとし始めており、求人では今後ジュニアレベルの候補者への注目度が高まると指摘している。
職場における女性社員の不平等感根強く ヘイズ・ジャパン意識調査

職場における女性社員の不平等感根強く ヘイズ・ジャパン意識調査

 日本の企業では賃金や活躍の機会に対する職場における女性の不平等感が根強いことが、国内でグローバルな人材紹介事業を運営するヘイズ・ジャパンが社会人を対象に実施した「ジェンダーダイバーシティー意識調査」の結果から分かった。
【外資系企業の中途採用動向】人事関連業務を包括的に管理できるプロフェッショナルに強い需要

【外資系企業の中途採用動向】人事関連業務を包括的に管理できるプロフェッショナルに強い需要

ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン ジョナサン・サンプソン マネージング ディレクター
グローバルマインドを持つ人材が不足する日本

グローバルマインドを持つ人材が不足する日本

企業の採用責任者の頭を悩ませているのが、英語によるコミュニケーション力と高度な専門スキルを持つ人材の確保だ。こうした人材の紹介を専門に行うヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパンで責任者を務めるジョナサン・サンプソン氏に、企業の採用動向や課題などについて聞いた。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部(人材サービス担当) 編集部(人材サービス担当)

セミナー・イベント

プレスリリース