2017年4月27日

日総ブレイン、求人情報サイト「横浜求人ナビ」オープン

日総ブレイン(神奈川・横浜、 清水智華子社長)は、横浜エリアに特化した求人情報サイト「横浜求人ナビ」を2017年4月3日(月)にオープンした。

 (12027)

 横浜エリアにあえて特化した求人情報サイト「横浜求人ナビ」が2017年4月3日(月)にオープンした。横浜に本社を持つ人材会社が、横浜に特化した求人サイトを開設するのはこれが初めて。

 「正社員で働きたい」という安定雇用を求める求職者が増加傾向であることに加え、登録者には「地元横浜で長く安定的に働きたい」「都内よりも自宅に近い横浜で働きたい」といった声が多い。派遣のみならず多様な求職者のニーズに応えていくことで、多くの利用者の期待に応えていく。

 一般事務など事務系職種を中心に地域密着した求人情報をはじめ、今後は職種ごとの特集記事、地元企業へのインタビューなどのコンテンツも提供していく予定。

 横浜市内をはじめ、横浜市近隣の掲載求人数を増やしていき、多くの横浜在住の求職者のニーズに応え、さらに神奈川・横浜エリアで人材獲得したい企業、あるいは人手を必要としている企業に対しては、サイトを通じて人材を獲得することで企業側のニーズにも応えていく。

日総ブレイン「大卒で企業勤務経験のある優秀な主婦層を再教育し、事務スタッフとして派遣しています」 - 人材コンサルティング会社ガイド100選

日総ブレイン「大卒で企業勤務経験のある優秀な主婦層を再教育し、事務スタッフとして派遣しています」 - 人材コンサルティング会社ガイド100選
清水智華子 代表取締役社長

おすすめの記事

人事実務の重要判例「同一労働同一賃金」長澤運輸事件高裁判決

人事実務の重要判例「同一労働同一賃金」長澤運輸事件高裁判決
最近の労働裁判例の中から、人事実務の参考になる重要な裁判例として、長澤運輸事件の東京高裁判決(東京高等裁判所平成28年11月2日判決)を紹介します。
6 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

主要人材会社の決算出そろう 人材サービス市場は拡大傾向

主要人材会社の決算出そろう 人材サービス市場は拡大傾向

 上場人材各社の通期決算が出そろった。有効求人倍率(季節調整値)が1990年以降で最高値を記録し、また完全失業率も2.8%と低水準となったことから、人手不足を背景とした多くの需要が寄せられ、人材サービスに関連する市場は全体として拡大傾向で推移している。
キャリアデザインセンター中間決算、売上高14%増 人材紹介とIT派遣が拡大

キャリアデザインセンター中間決算、売上高14%増 人材紹介とIT派遣が拡大

 人材サービスのキャリアデザインセンター(東京・港、多田弘實社長兼会長)は2017年9月期第2四半期の決算説明会を開催した。人材紹介とIT派遣の売上高が前年同期比20%を超える伸びとなり、女性対象の求人サイトも好調で増収増益となった。
12月の求人広告21.1%増、企業の求人意欲は継続

12月の求人広告21.1%増、企業の求人意欲は継続

 2016年12月の求人メディア全体の広告掲載件数が前年同月比21.1%増となったことが、全国求人情報協会のまとめで分かった。
11月の求人広告0.6%増、全ての地域がマイナス

11月の求人広告0.6%増、全ての地域がマイナス

 11月の求人メディア全体の広告掲載件数が前年同月比0.6%増となったことが、全国求人情報協会のまとめで分かった。
10月の求人広告17.8%増、2カ月連続で全地域で増加

10月の求人広告17.8%増、2カ月連続で全地域で増加

 10月の求人メディア全体の広告掲載件数が前年同月比17.8%増となったことが、全国求人情報協会のまとめで分かった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部(人材サービス担当) 編集部(人材サービス担当)

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース