2018年7月17日

8割超で賃上げ実施、主な理由は「従業員の引き留めのため」

 2018年の賃上げ実施企業は82.2%に上ることが東京商工リサーチの調査で明らかとなった。賃上げをした理由は「雇用中の従業員の引き留めのため」が過半数を占め、特に中小企業で切実なようだ。

 (21866)

 今年度、「賃上げを実施した」企業は82.2%で、全体の8割を占めた。

 規模別では、大企業(資本金1億円以上)では「賃上げを実施した」が84.6%、「実施していない」が15.4%だった。一方、中小企業(資本金1億円未満と個人企業等)は「賃上げを実施した」が81.8%、「実施していない」が18.2%となり、大企業が中小企業を2.8ポイント上回った。

 賃上げを実施した理由は「雇用中の従業員の引き留めのため」が、 50.8%と過半数を占めた。
 
 規模別では「業績が回復したため」が大企業37.7%、中小企業37.2%と拮抗した。だが、「雇用中の従業員の引き留めのため」は大企業が42.2%に対し、中小企業は52.1%と中小企業が9.9ポイント上回った。

 賃上げを実施した企業に賃上げ内容を聞くと、「定期昇給」78.7%が最も多かった。次いで、「ベースアップ」が43.8%、「賞与(一時金)の増額」が37.4%と続く。

 規模別でみると、「定期昇給」(大企業82.8%、中小企業78.0%)と「ベースアップ」(大企業44.1%、中小企業43.7%)は、大企業と中小企業に大きな差はなかった。

 だが、「新卒者の初任給の増額」(大企業25.8%、中小企業15.2%)で、10.6ポイントの大差が出た。この理由について東京商工リサーチでは「内部留保に余裕のある大企業は、もともとの賃金が高いうえ、人材確保のため初任給の賃上げに積極的に取り組んでいる」と指摘する。
 定期昇給の上げ幅は、「5000円以上1万円未満」の21.3%が最も多かった。次いで「2000円以上3000円未満」(21.2%)、「3000円以上4000円未満」17.2%だった。

 規模別にみると、「5000円以上」が大企業22.3%、中小企業28.2%と、中小企業が5.9ポイント上回った。「5000円以上」の回答で、最も多かった業種は「情報通信業」の44.0%だった。

 ベースアップの上げ幅は、「1000円以上2000円未満」の21.5%が最も多かった。次いで「5000円以上1万円未満」(20.4%)、「2000円以上3000円未満」(16.5%)と続く。

 大企業は「1000円以上2000円未満」の構成比が34.5%、中小企業で「5000円以上1万円未満」が21.9%で、それぞれ最も高かった。

 ベースアップの上げ幅は「5000円以上」が大企業19.7%、中小企業36.7%と、中小企業が大企業を17.0ポイント上回った。東京商工リサーチでは「中小企業は定期昇給だけでなく、ベースアップにも積極的で、深刻な人手不足の解消に向け在籍者の離職防止(引き留め)に重点を置いた」と分析している。

 賞与(一時金)の上げ幅(年間)は、「30万円未満」の67.1%で、約7割を占めた。次いで「30万円以上50万円未満」が18.8%、「50万円以上70万円未満」は6.5%と続く。

 規模別では、大企業は「50万円以上」が12.6%に対し中小企業は14.3%で、ここでも中小企業の賃上げに対する積極姿勢が表れた。

 調査は、2018年5月18日~31日、インターネットでアンケートを実施し、7408社から有効回答を得た。

おすすめの記事

人事実務の最新重要判例「歩合給から残業代を控除する賃金規則の有効性」国際自動車事件最高裁判決

人事実務の最新重要判例「歩合給から残業代を控除する賃金規則の有効性」国際自動車事件最高裁判決
最近の労働裁判例の中から、人事実務の参考となる裁判例として、国際自動車事件の最高裁判決(最高裁判所第三小法廷判決平成29年2月28日判決)を紹介します。
6 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

2019年度に正社員の採用予定がある企業は高水準ながら3年ぶりに減少

2019年度に正社員の採用予定がある企業は高水準ながら3年ぶりに減少

 2019年度に正社員の採用予定がある企業は5年連続で6割を超えたものの、3年ぶりに減少に転じたことが、帝国データバンクの「雇用動向に関する企業の意識調査」で明らかとなった。
企業のリスクは「自然災害」が3年連続でトップ、成長市場であるアジアでは「価格競争」や「人材不足」に過敏

企業のリスクは「自然災害」が3年連続でトップ、成長市場であるアジアでは「価格競争」や「人材不足」に過敏

 監査法人のトーマツが実施した「企業のリスクマネジメントおよびクライシスマネジメント実態調査」(2018年版)によると、企業が国内で優先対応すべきと考えているリスクは3年連続で「自然災害」が最も多く挙がった。
日本で働く外国人は146万人超と過去最多、前年比14.2%増

日本で働く外国人は146万人超と過去最多、前年比14.2%増

 日本で働く外国人が146万人超と過去最多となったことが、厚生労働省の「外国人雇用状況」の届出状況のとりまとめで分かった。(2018年10月末現在)
長時間労働・残業時間の削減に取り組んだ企業は6割超

長時間労働・残業時間の削減に取り組んだ企業は6割超

 「働き方改革」として「長時間労働削減のための労働時間管理の強化」と「残業削減の推進」に取り組んだ企業は6割を超えていることが、厚生労働省の11月の労働経済動向調査で分かった。
他人ごとではない!?雇用延長における現役世代への影響

他人ごとではない!?雇用延長における現役世代への影響

働き方改革によって日本の「長時間労働」は是正されつつあるが、一方で政府は日本人の長“期間”労働の促進に舵を切ろうとしている。(文・溝上憲文編集委員)
非正規よりも正社員の採用で人材確保へ、未充足求人は5産業で6割超え

非正規よりも正社員の採用で人材確保へ、未充足求人は5産業で6割超え

 人手不足に対して非正規よりも正社員の採用で人材を確保しようと考えている企業が多いことが、厚生労働省の8月の労働経済動向調査で分かった。
5年連続で就職が離職を上回る、入職超過率も前年比拡大

5年連続で就職が離職を上回る、入職超過率も前年比拡大

 新しく就職した人の割合が離職した人の割合を5年連続で上回ったことが、厚生労働省が発表した2017年の雇用動向調査結果で分かった。入職超過率は前年より0.3ポイント拡大している。
2019年の新卒採用は“予定数の確保が難しい”が3社に1社 マイナビ調べ

2019年の新卒採用は“予定数の確保が難しい”が3社に1社 マイナビ調べ

 2019年卒学生の採用について3社に1社が「採用予定数の確保は難しい」と回答していることが、マイナビ(東京・千代田、中川信行社長)の実施した「2019年卒マイナビ企業採用活動調査」で明らかとなった。
2019年新卒採用予定者、「増加」とする事業所が「減少」とする事業所を上回る

2019年新卒採用予定者、「増加」とする事業所が「減少」とする事業所を上回る

 2019年の新卒採用予定者数は、すべての学歴で前年と比べて「増加」するとした事業所が「減少」とする事業所を上回ったことが、厚生労働省の5月の労働経済動向調査で分かった。
未充足の求人がある事業所が58%、宿泊業、飲食サービス業、医療・福祉では7割超と人手不足続く

未充足の求人がある事業所が58%、宿泊業、飲食サービス業、医療・福祉では7割超と人手不足続く

 未充足の求人がある事業所が58%に上ることが、厚生労働省の2月の労働経済動向調査で分かった。宿泊業・飲食サービス業、医療、福祉業では7割以上となっている。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

◆次世代事業経営ゼミナール(第5期)~ものづくり企業の国内外事業運営の基幹要員の育成【8月開講】