2016年3月4日

ヒューマンリソシア 名古屋グランパスエイトとクラブパートナー契約を締結

 ヒューマングループで人材サービスを行うヒューマンリソシア(東京・新宿、御旅屋貢社長)は、Jリーグ「名古屋グランパスエイト」とクラブパートナー契約を締結した。

 (855)

 ヒューマンリソシアは、名古屋グランパスエイトの本拠地の名古屋市や豊田市を中心とした地域に密着したクラブづくりの趣旨に賛同し、今後はコミュニティーの一員として地域社会と協力し、社会貢献活動に取り組む。

 ヒューマングループでは、スポンサーを務めるプロバスケットボールチームの「大阪エヴェッサ」を通して地域のスポーツ振興や青少年育成支援などを行っており、クラブパートナー契約締結によって、地域の活性化を目指す自治体などと協働で女性や若年層に対するキャリア形成支援や就労サポートを推進する方針だ。
2 件

関連する記事

【外国人の中途採用】海外事業の地域拡大やダイバーシティ推進で求人ニーズが多様化

【外国人の中途採用】海外事業の地域拡大やダイバーシティ推進で求人ニーズが多様化

ヒューマンリソシア 廣江 隆司 人材紹介事業部 事業部長
ヒューマンホールディングス/RPAを全社導入し業務削減目指す、導入支援は全国9拠点に拡大

ヒューマンホールディングス/RPAを全社導入し業務削減目指す、導入支援は全国9拠点に拡大

ヒューマンホールディングス(東京・新宿、佐藤朋也社長)は、6月1日から定型的な業務を自動化するRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)を全社で本格導入する。ノウハウを有する人材サービスのヒューマンリソシア(東京・新宿、御旅屋貢社長)がグループ全社に対しRPA教育の機会を設け、必要に応じて導入支援、シナリオ作成サポートも行う。
ヒューマンホールディングス第2四半期連結決算 売上高は前年同期比5.3%の増収

ヒューマンホールディングス第2四半期連結決算 売上高は前年同期比5.3%の増収

教育を中心にさまざまな人材サービスを手掛けるヒューマンホールディングス(東京・新宿、佐藤朋也社長)は2018年3月期第2四半期の連結決算を発表した。売上高は386億7300万円、営業利益は9億7800万円となった。

人事向け限定情報を配信中

人事向け限定情報を配信中