2016年10月25日

ビジネスパーソンの職場の悩みの約4割は人間関係

 ビジネスパーソンの職場の悩みはもっぱら人間関係であることが「働く人の電話相談室」を開設した日本産業カウンセラー協会の集計で分かった。人間関係に悩んでいる人は約4割にも上った。

 (10516)

 “働く人の電話相談室”の相談内訳は「職場の悩み」についての相談が最も多く、全体の約35.2%を占めた。「職場の悩み」の中でも「人間関係」に悩む人は39.8%と最も多く、次いで「パワハラ」が21.4%となった。

 「パワハラ」に関する悩みは、昨年は44件(16.0%)だったが、今年度は57件(21.4%)と増加した。パワハラ、セクハラなどのハラスメントに関する相談は合わせて29.3%だった。

 「職場の人間関係」「セクハラ」「パワハラ」「その他ハラスメント」に関する問題を抱える相談者の半数以上の52.7%は職場の上司との関係性について悩んでおり、次いで同僚との関係性についてが26.6%となった。

 悩みを相談する相手は「公的機関」が最多で、次いで「上司」に相談するというケースが多かった。昨年までは、上司や家族よりも同僚や友人・知人に相談するという回答が多かった。

 “働く人の電話相談室”に電話をかけた相談者467人のうち約6割にあたる271人が女性だった。年代別にみると、40代・50代の年代層で女性からの相談が目立った。 一方、男性からの相談は40代が突出して多くなっていた。

 相談者を雇用形態別に見ると、正規社員からの相談が126人で27%(昨年21.8%)、非正規社員からは110人で23.6%(同28.0%)と正規社員からの相談数が増加しているが、女性からの相談は非正規社員からの相談が78人、正規社員の女性からは76人とほぼ同数だった。

 非正規社員からの相談内容を正規社員と比較すると、「職場の悩み」として「労働条件・待遇」「業務量・時間外労働」、「キャリアに関する悩み」「就職・転職・退職」などが正規社員として働く人より相談件数が多くなっている。

 調査は、2016年9月9日~11日、日本産業カウンセラー協会の各支部で実施した“働く人の電話相談室”で受け付けた467人、756件の相談を集計した。

パワハラの判断基準と不適切な注意・指導の防止策

パワハラの判断基準と不適切な注意・指導の防止策
今日において、「パワーハラスメント」やこれを略した「パワハラ」という用語は社会的に定着した用語として一般に用いられており、この用語を知らない人はいないと言っても過言ではないでしょう。したがって、企業においては、規模や業種を問わず、パワハラ対策は優先的に取り組むべき課題であることを認識しておく必要がありますので、パワハラ問題の難点や裁判例の考え方を解説します。
4 件

関連する記事

2019年重要テーマ 分野別サービス紹介

2019年重要テーマ 分野別サービス紹介

2019年は働き方改革の本格的始動をはじめ、企業のグローバル化や売り手市場における採用活動、さらには社員へのメンタルケアや研修・評価管理の充実など、人事担当者が取り組むべき課題は山積みだ。これらの課題解決を支援する、今後さらに注目されるサービスを提供している企業に対し、取材を行った。
メンタルヘルス対策に取り組んでいる事業所は5割超、受動喫煙防止対策に取り組んでいる事業所は8割超

メンタルヘルス対策に取り組んでいる事業所は5割超、受動喫煙防止対策に取り組んでいる事業所は8割超

 メンタルヘルス対策に取り組んでいる事業所の割合は58.4%となっていることが、厚生労働省の「労働安全衛生調査」で明らかとなった。前年調査では56.6%で、1.8ポイント増加した。
相談件数2年連続で1万件を超える、最大の悩みは「職場の問題」

相談件数2年連続で1万件を超える、最大の悩みは「職場の問題」

 全国に相談室と無料の電話相談を開設する日本産業カウンセラー協会の集計によると、2016年度の相談件数は2年連続で1万件を超え、最大の悩みは「職場の問題」であることが明らかとなった。
「過重労働解消相談」1日で712件、家族からの相談も199件

「過重労働解消相談」1日で712件、家族からの相談も199件

 厚生労働省が11月6日に実施した「過重労働解消相談ダイヤル」に712件の相談があった。労働者本人だけでなく、労働者の家族からの相談も199件あった。
メンタルヘルスの不調で休業者が多いのは“情報通信業”

メンタルヘルスの不調で休業者が多いのは“情報通信業”

 過去1年間にメンタルヘルス不調で連続1カ月以上休業した労働者の割合を産業別に見ると「情報通信業」が1.3%と最も高くなっていることが、厚生労働省が実施した調査で分かった。メンタルヘルス不調で退職した労働者は、「情報通信業」、「宿泊業・飲食サービス業」、「医療・福祉」が0.4%と最も高かった。
企業のストレスチェック義務化対応進まず 保健同人社、ヒューマネージ共同調査

企業のストレスチェック義務化対応進まず 保健同人社、ヒューマネージ共同調査

 企業のストレスチェックの対応がほとんど進んでいないことが、企業向けEAP(従業員支援プログラム)サービスを共同で提供する保健同人社(東京・千代田、古川弘和社長)とヒューマネージ(東京・千代田、齋藤 亮三社長)がメンタルヘルス担当者を対象に実施したアンケート調査で分かった。
「うつ」寛解率80%以上の実績 YSメソッドによるメンタルヘルス対応策

「うつ」寛解率80%以上の実績 YSメソッドによるメンタルヘルス対応策

2015年12月から改正労働安全衛生法により、従業員50人以上の企業に「ストレスチェック」が義務付けられる。しかし、企業業績向上のためには「ストレスチェックだけの“消極的メンタルヘルス”では不十分。“積極的メンタルヘルス”が求められる」とYSメンタルヘルスの岡田基良社長は指摘する。従業員の「心の健康」を守るための対応策について聞いた。
働き方改革の施策導入、ノー残業デーは6割超、在宅勤務制度は過去最高の3割超

働き方改革の施策導入、ノー残業デーは6割超、在宅勤務制度は過去最高の3割超

 働き方改革の取り組みとして、ノー残業デーを設置する企業が6割強、フレックスタイム制度を導入する企業が約5割となるなど、様々な施策の導入率が高まり加速していることが、日本生産性本部(東京・千代田、茂木友三郎会長)の実施した「日本的雇用・人事の変容に関する調査」で明らかとなった。一方、同一労働同一賃金への対応には未着手の企業も多い。
働き方改革元年 人事担当者の緊急5テーマ

働き方改革元年 人事担当者の緊急5テーマ

働き方改革関連法が4月以降に順次施行され、2019年は「働き方改革元年」とも言うべき年になる。労務リスクを回避するための様々な対応が迫られる中、人事担当者が取り組むべき5つのテーマを解説する。(文・溝上憲文編集委員)
働き方改革で拡大する採用力格差

働き方改革で拡大する採用力格差

少子高齢化による労働力人口の減少で人材不足が慢性化する中、企業は働き方改革による生産性向上を迫られている。2019年の人材需要と採用の課題を、企業の人材採用を支援する主要人材コンサルティング会社のトップ・事業責任者に聞いた。

人事向け限定情報を配信中