2017年7月14日

「残業を命じられたことがある」は6割強、20代、30代男性は8割前後 連合調べ

 残業を命じられたことがある人は6割を超えており、特に20代、30代の男性は8割前後となっていることが日本労働組合総連合会(連合)の調査で分かった。

 (12829)

 全国の20~60歳で働いている1000人のうち、「残業を命じられることがある」は62.5%、「残業を命じられることはない」は37.5%となった。

 男女別にみると、「残業を命じられることがある」は、男性68.2%、女性54.7%と、男性のほうが13.5ポイント高くなった。

 性年代別にみると、「残業を命じられることがある」は、男性では若い年代ほど高く、20代男性は80.6%、30代男性は78.1%と、20代男性、30代男性では8割前後になった。女性でも若い年代のほうが高い傾向がみられ、20代女性では59.6%、30代女性では64.8%だった。

 残業を命じられることがある人(625人)の1カ月の残業時間は、「10時間未満」が40.2%で最多だったが、「60時間以上」といった特に長い時間の回答も6.9%みられ、平均残業時間は22.5時間。
 
 男女別に平均残業時間をみると、男性では26.2時間、女性では16.3時間だった。

 性年代別に平均残業時間をみると、男性では20代が23.7時間、30代が26.2時間、40代が28.4時間と40代までは年代が上がるほど長くなる傾向がみられた。

 一方、女性では年代が上がるほど短くなる傾向がみられ、20代が22.4時間、30代17.1時間、40代14.1時間、50代11.9時間となった。

 業種別に平均残業時間をみると、運輸業(33.6時間)が最も長く、次いで金融・保険業(27.4時間)、サービス業(25.5時間)、建設業(25.0時間)、製造業(23.8時間)と続いた。

 勤め先では、残業時間を減らすために、どのような取り組みが行われているか聞いたところ、「ノー残業デーの導入」が30.5%で最も多く、「残業の事前申請制度の導入」が15.4%、「上司からの声かけ」が13.5%で続いた。「何も行われていない」は46.6%だった。

 業種別にみると、「何も行われていない」が高かったのは、サービス業と卸売・小売業、医療・福祉で、サービス業では59.4%、卸売・小売業と医療・福祉ではそれぞれ57.0%となった。

 「何も行われていない」が低かったのは公務と金融・保険業で、公務では22.8%、金融・保険業では35.6%だった。

 調査は、2017年6月6日~8日、全国の20歳~65歳で働いている人(自営業・自由業、パート・アルバイト除く)を対象にインターネットで実施し、1000件の有効回答を得た。

おすすめの記事

定額残業代制度によるトラブルを防ぐためには

定額残業代制度によるトラブルを防ぐためには
近年、若者を使い捨てにする「ブラック企業」が社会的問題になり、時間外労働に対する割増賃金や労働時間管理などに対する労働基準監督署の監督指導が強化されています。残業代を定額で支払うような制度の留意点について解説します。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

残業抑制策としてインターバル規制が法制化へ

残業抑制策としてインターバル規制が法制化へ

 政府の働き方改革実行計画に残業抑制策として、勤務間インターバル規制が努力義務ながらも盛り込まれた。インターバル規制の法制化は長時間労働の是正策になりえるか。(文・溝上憲文編集委員)
働き方改革 各社サービス紹介

働き方改革 各社サービス紹介

働き方改革実行に向けた新しいサービスが次々と発表されている。今回は人事担当者にとって特に役立つサービスを提供している企業を厳選し、サービス内容についての取材を行った。
8月の実質賃金0.1%増、現金給与総額は0.9%増

8月の実質賃金0.1%増、現金給与総額は0.9%増

 物価変動の影響を除いた実質賃金は前年同月と比べ0.1%増となったことが、厚生労働省が発表した17年8月の勤労統計調査(速報、事業所規模5人以上)で分かった。
7月の実質賃金0.8%減、現金給与総額は0.3%減

7月の実質賃金0.8%減、現金給与総額は0.3%減

 物価変動の影響を除いた実質賃金は前年同月と比べ0.8%減となったことが、厚生労働省が発表した17年7月の勤労統計調査(速報、事業所規模5人以上)で分かった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース