2017年4月6日

OFF-JTの教育訓練費1人当たり平均2.1万円、人材育成の問題点は「指導する人材の不足」

 厚生労働省の2016年度の能力開発基本調査によると、企業が社員1人に対して支出したOFF-JTの教育訓練費は平均2万1000円だったことが分かった。人材育成の問題点として「指導する人材の不足」を挙げる企業が最も多かった。

 (11842)

 教育訓練に支出した費用の労働者1人当たり平均額(費用を支出している企業の平均額。以下同じ)は、OFF-JTは2.1万円(2015年度調査1.7万円)、自己啓発支援は0.5万円(同0.6万円)だった。

 正社員に対する重視する教育訓練は、OJTを重視する又はそれに近いとする企業は74.6%(2015年調査74.0%)、OFF-JTを重視する又はそれに近いとする企業は24.1%(同25.2%)となっている。

 人材育成に問題があると回答した事業所は72.9%(2015年調査71.6%)。「問題がある」とする事業所のうち、問題点の内訳は「指導する人材が不足している」(53.4%)、「人材育成を行う時間がない」(49.7%)、「人材を育成しても辞めてしまう」(43.8%)が多く挙がった。

 正社員に対してキャリア・コンサルティングを行う仕組みを導入している事業所は44.5%で、2015年度調査に比べ6.6ポイント増加した。

 産業別に見ると、金融業,保険業(86.1%)、複合サービス事業(83.3%)、電気・ガス・熱供給・水道業(74.0%)で7割を超えた。企業規模が大きくなるほどキャリア・コンサルティングを導入している割合が高く、従業員数1000人以上の企業では62.4%となっている。

 正社員以外に対してキャリア・コンサルティングを行う仕組みを導入している事業所は30.9%で、前回調査(2015年度)に比べ7.2ポイント増加した。

 産業別に見ると、複合サービス事業(76.3%)、金融業,保険業(71.5%)で7割を超えた。企業規模が大きくなるほどキャリア・コンサルティングを導入している割合が高く、従業員数1000人以上の企業では41.5%となっている。

 キャリア・コンサルティングを行う目的は、正社員、正社員以外ともに「労働者の仕事に対する意識を高め、職場の活性化を図るため」(正社員71.8%、正社員以外67.2%)、「労働者の自己啓発を促すため」(正社員68.1%、正社員以外59.8%)が多かった。

 正社員では「労働者の希望等を踏まえ、人事管理制度を的確に運用するため」(52.2%)も半数を超えた。

 キャリア・コンサルティングを行う仕組みを導入している事業所のうち、相談を受けているのがキャリア・コンサルタントである事業所は7.7%となっている。

 正社員の自己啓発に対して支援を行っている事業所は80.9%で、支援の内容は「受講料などの金銭的援助」(79.2%)が最も多かった。

 調査は、常用労働者30人以上の7200事業所を対象に実施した。

おすすめの記事

パワハラの判断基準と不適切な注意・指導の防止策

パワハラの判断基準と不適切な注意・指導の防止策
今日において、「パワーハラスメント」やこれを略した「パワハラ」という用語は社会的に定着した用語として一般に用いられており、この用語を知らない人はいないと言っても過言ではないでしょう。したがって、企業においては、規模や業種を問わず、パワハラ対策は優先的に取り組むべき課題であることを認識しておく必要がありますので、パワハラ問題の難点や裁判例の考え方を解説します。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

グローバル人材の新卒採用は増加するも、7割の企業で不足

グローバル人材の新卒採用は増加するも、7割の企業で不足

 グローバル人材の採用は5割の企業で増加しているものの、いまだに約7割の企業が不足していると感じていることが、総務省が発表した「グローバル人材育成の推進に関する政策評価」で明らかとなった。
2018年新卒採用予定者は4学歴で「増加」、目的は“基幹的業務を担う者の確保”

2018年新卒採用予定者は4学歴で「増加」、目的は“基幹的業務を担う者の確保”

 2018年の新卒採用予定者数が前年と比べて「増加」するとした事業所は、学歴別にみて「高校卒」、「大学卒(文科系)」、「大学院卒」、「専修学校卒」の4学歴で2017年5月調査の割合を上回ったことが、厚生労働省の5月の労働経済動向調査で分かった。
ものづくり人材の定着率5割程度、小規模企業ではより深刻

ものづくり人材の定着率5割程度、小規模企業ではより深刻

 新卒採用の技能者や技術者などの“ものづくり人材”が3年後も8割以上定着している企業は半数程度であることが、労働政策研究・研修機構の調査で分かった。
7割の企業で人材採用のための新たな取り組みを実施、運輸業では8割超

7割の企業で人材採用のための新たな取り組みを実施、運輸業では8割超

 より良い人材を採用するために新たな取り組みをしている企業は7割を超えていることが、帝国データバンクが実施した調査で明らかとなった。業界別で最も多かった「運輸・倉庫業」では8割を超え、切実な人材不足が裏付けられる形となった。
2017年度に正社員の採用予定がある企業64.3%、過去10年で最高

2017年度に正社員の採用予定がある企業64.3%、過去10年で最高

 帝国データバンクの調査によると、2017年度に正社員の採用予定がある企業は6割を超え、過去10年で最高となったことが分かった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース