2018年3月7日

【営業分野の中途採用】業界未経験やポテンシャル重視など、採用条件の緩和が一段と進行

マイナビ 小作 正幸 紹介事業本部 ゼネラル領域統括本部長

 (13743)

 2017年4~9月において当社に対する営業職求人の申込件数は前年比で約150%、同期間における営業職の登録者数は約135%といずれも大きく伸びています。採用環境は厳しさを増しており、同じ業界での営業経験を問わない業界未経験求人やポテンシャル重視の第2新卒求人を増やすなど採用条件の緩和を一段と進めています。

 そのような市場動向を背景に求職者も活動を活発化させています。動機は大きく二つに大別されます。一つは労働条件を改善したい、もう一つはよりやりがいのある仕事を求めてのキャリアアップ志向です。

 労働条件改善については年収面が多いことは言うまでもありませんが、最近の傾向としては勤務地を限定し、転勤を嫌う傾向が顕著です。「全国転勤可」が条件の企業は少なくありませんが、初任地が選べる、あるいは考慮するという対応だけでも求職者の反応は改善します。

 この環境下で営業職採用を順調に進めている企業の特徴は三つあります。一つ目は採用条件の再検討です。いたずらな条件緩和は現場としても受け入れ難いかと思いますが、曖昧な経験年数の設定や以前からの慣習で何となく設けている条件については再考する必要があるでしょう。

 二つ目は面接官トレーニングです。「選ぶ面接」から「選ばれる面接」へ移行できているか。特に転職市場への理解が浅く、面接慣れしていない面接官は要注意です。圧倒的な売り手市場を認識する必要がありますし、自社アピールと求職者に合わせた動機形成を促す場として捉える必要があります。

 三つ目は選考方法、スケジュールの弾力的な運用です。選考スピードは採用実績の明暗を大きく分けており、19時以降の面接や土日対応ができる企業は選考を優位に進めています。それらができない場合でも2次と最終を同日に設定するなど求職者の負担を減らし、選考スピードで遅れをとらない対応が肝要です。

 遠隔地の求職者対応においても同様で、1日で選考を完了させる「1day選考」や「Skype面接」などを導入する企業は増加傾向です。

マイナビ「業界・職種別の専任キャリアアドバイザーによる面談を重視した紹介で確実な採用を実現します」 - 人材コンサルティング会社&サービスガイド100選

マイナビ「業界・職種別の専任キャリアアドバイザーによる面談を重視した紹介で確実な採用を実現します」 - 人材コンサルティング会社&サービスガイド100選
山本 智美 取締役 紹介事業本部長
4 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

2018年4月入社の新入社員、仕事よりもプライベート優先が過去最高 マイナビ

2018年4月入社の新入社員、仕事よりもプライベート優先が過去最高 マイナビ

 4月入社の新入社員の6割超は、仕事よりもプライベートを優先させたいと考えていることが、マイナビ(東京・千代田、中川信行社長)の「2018年マイナビ新入社員意識調査」で明らかとなった。
【新卒採用】ターゲット学生への効率的なアプローチを求める考え方がより鮮明に

【新卒採用】ターゲット学生への効率的なアプローチを求める考え方がより鮮明に

マイナビワークス 柳楽 太郎 若年キャリア事業部 営業支援部 部長
人材採用の意欲がある企業が98%、選考のポイントは「主体性」

人材採用の意欲がある企業が98%、選考のポイントは「主体性」

 人材採用の意欲がある企業は、2016年12月時点で98.1%に上っていることがマイナビ(東京・千代田、中川信行社長)が実施した「2016年マイナビ企業人材ニーズ調査」で分かった。
既卒者向け就職支援サービスをスタート マイナビ新卒紹介

既卒者向け就職支援サービスをスタート マイナビ新卒紹介

 マイナビ(東京・千代田、中川信行社長)は、今年大学・大学院を卒業した未就業者向けの就職支援サービス「マイナビ新卒紹介アドバンス」2016年度版の提供を開始する。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部(レポート担当) 編集部(レポート担当)

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース