2018年9月14日

バイリンガルの外国人が仕事に使う日本語技能は「話す」、若年層は映画やアニメで習得

 バイリンガルのための転職・求人情報サイトを運営するダイジョブ・グローバルリクルーティング(東京・港、篠原裕二社長)が、日本語能力がビジネスレベル以上の外国人ビジネスパーソンを対象に実施した「日本語習得に関するアンケート調査」によると、「読む」・「聞く」・「話す」・「書く」の4技能のうち、最も仕事に使う技能は「話す」スキルであることが明らかとなった。

 (22508)

 「読む」・「聞く」・「話す」・「書く」の4技能のうち、職種別に最も仕事に使う技能を見てみると、3つの職種を除きいずれも「話す」スキルが重視されていることが分かった。

 なかでも「話す」技能をもっとも重要視している職種は「マーケティング・PR」、「カスタマーサービス」、「流通・小売・消費財・ファッション」でそれぞれ75.0%だった。次いで、「コンサルティング」(72.2%)、「金融・資産運用」(70.0%)など18業種中10業種で6割超となった。

 「読む」・「聞く」・「話す」・「書く」の4技能について、それぞれ最も役立った日本語習得方法は、「読む」に対しては日本語教材、「聞く」にはTV・ラジオ、「話す」には友人・パートナー、「書く」には日本の大学が、最も多かった。

 利用した日本語習得方法を年齢別にみると、20~24歳は「映画・ドラマ」と「アニメ(映像)」が同率でもっとも多く66.7%となった。25~29歳、30~34歳でも「映画・ドラマ」が最も多く59.7%、47.1%となった。

 「漫画(本・雑誌)」と回答した割合も、20~24歳で53.3%、25~29歳で40.3%と若年層で高い傾向があった。

 一方、30歳代後半以上の層は、「TV・ラジオ」の割合が最も高く、以下「日本語教材」や「日本の語学学校(通学型)」、「日本の大学」などが上位にランクインするなど、年齢により役立ったと考える学習方法に違いがあった。

 日本語習得のための重要なポイントを挙げてもらったところ、「とにかく使う。量が重要」を挙げる回答が最も多く、約4割(39.7%)を占めた。

 調査は、2018年7月20日~8月2日、日本国籍以外の者で、日本語能力ビジネスレベル以上(日本語能力試験N2以上)を有する者、ビジネス経験がある者を対象にインターネットで実施し、300の有効回答を得た。

おすすめの記事

企画業務型裁量労働制の導入要件と意義

企画業務型裁量労働制の導入要件と意義
「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律案」は、労働基準法(以下「労基法」といいます)、労働安全衛生法、労働契約法など8つの法案の改正からなる一括法案であり、労基法については、時間外労働の上限規制や、特定高度専門業務・成果型労働制(高度プロフェッショナル制度)の創設等が掲げられています。 本稿では、そもそも労働基準法上の企画業務型裁量労働制とはどのような制度なのかについて確認していきます。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

この記事のライター

編集部 編集部
セミナー・イベント一覧

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース