2016年5月16日

大卒求人倍率1.74倍、大企業への就職希望者増加で厳しくなる中小企業の新卒採用

 2017年3月卒業予定の大卒求人倍率は1.74倍で前年から0.01ポイント上昇したことなどが、リクルートワークス研究所の調べで分かった。売り手市場化で大企業への就職希望者数が増加していることから、中小企業の新卒採用は前年以上に厳しくなる。

 (723)

 17年3月卒業予定の大学生・大学院生を対象にした全国の民間企業の求人総数は前年の71.9万人から73.4万人へ1.5万人増加した。

 学生の民間企業への就職希望者数は、前年41.7万人とほぼ同じ水準の42.2万人。その結果、求人倍率は前年の1.73倍から1.74倍へわずかに上昇している。

 学生の就職希望は、従業員5000人以上の大企業を希望する学生が8.3万人と前年より1.4万人増加、前年比19.5%の大幅増加となっている。

 一方、従業員300人未満の企業を希望する学生は9.9万人と前年より1.4万人減少、前年比でマイナス12.1%と低下している。

 業種別の求人倍率は、「流通業」で1.33ポイント上昇して6.98倍、「建設業」で前年度より0.07ポイント上昇して6.25倍、「製造業」で0.20ポイント上昇して1.93倍となり、特に流通業と建設業で採用が困難な状態が続いている。

 一方、「金融業」が前年比0.04ポイント低下して0.19倍、「サービス・情報業」が0.07ポイント低下して0.49倍という買い手市場になっている。

 特に金融業は調査開始以来の最低水準であった2014年3月卒の0.18倍に匹敵する水準となっており、学生にとっては厳しい就職活動になりそうだ。

 求人倍率の上昇に伴って大学・大学院の新卒採用数を充足できない企業も増加している。2016年3月の新卒採用予定人数に対して54.4%の企業が採用数を充足することができなかった。

 充足できなかったことの対応策は、32.7%の企業が「正社員の中途採用数の増加」、27.3%の企業が「2017年4月入社の採用数増加」などで求人数を充足させようとしている。

 こうした売り手市場化の傾向が、2017年4月入社の新卒採用と2016年度の中途採用に大きく影響を与えそうだ。
2 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

転職求人数が30カ月連続増加、転職希望者数は前年同月比5割超の大幅増 インテリジェンス調べ

転職求人数が30カ月連続増加、転職希望者数は前年同月比5割超の大幅増 インテリジェンス調べ

 人材サービスのインテリジェンス(東京・千代田、峯尾太郎社長)がまとめた「DODA 転職求人倍率レポート」によると、5月の転職求人数は前年同月比21.6%増で30カ月連続で調査開始(2008年1月)以来の最高値を更新した。転職希望者数は同52.5%増だった。
4月の有効求人倍率1.48倍、1990年以降で最高値

4月の有効求人倍率1.48倍、1990年以降で最高値

 厚生労働省が発表した4月の有効求人倍率(季節調整値)は1.48倍で、前月を0.03ポイント上回り、1990年以降で最高値を記録した。
転職希望者数は前年同月比4割増しに迫る増加率、転職求人数も20%増、 インテリジェンス調べ

転職希望者数は前年同月比4割増しに迫る増加率、転職求人数も20%増、 インテリジェンス調べ

 人材サービスのインテリジェンス(東京・千代田、峯尾太郎社長)がまとめた「DODA 転職求人倍率レポート」によると、4月の転職求人数は前年同月比20.1%増で29カ月連続で調査開始(2008年1月)以来の最高値を更新した。転職希望者数は同39.7%増だった。
2018年3月卒の大卒求人倍率は前年並みの1.78倍、従業員規模別の倍率差は拡大

2018年3月卒の大卒求人倍率は前年並みの1.78倍、従業員規模別の倍率差は拡大

 リクルートホールディングス(東京・千代田、峰岸真澄社長)の研究機関、リクルートワークス研究所が実施した調査によると、2018年3月卒業予定の大卒求人倍率は前年とほぼ同水準となる1.78倍だったが、従業員規模や業種間で倍率差が拡大していることが分かった。
3月の有効求人倍率1.45倍、2016年度の有効求人倍率は前年度比0.16ポイント増の1.39倍

3月の有効求人倍率1.45倍、2016年度の有効求人倍率は前年度比0.16ポイント増の1.39倍

 厚生労働省が発表した3月の有効求人倍率(季節調整値)は1.45倍で、前月を0.02ポイント上回った。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース