2018年11月13日

2019年卒学生の採用充足率8割台、採用活動は前年より厳しかった企業が4割超

 2019年卒学生の「採用充足率」(内定者数/募集人数)は前年を1.4ポイント上回る84.4%となっており、企業にとって厳しい状況が続いていることが、マイナビ(東京・千代田、中川信行社長)の「2019年卒マイナビ企業新卒内定状況調査」で明らかとなった。

 (22981)

 「採用充足率」は、ここ10年で最低だった2018年卒と2015年卒(ともに83.0%)には及ばぬものの、84.4%にとどまった。

 「採用充足率」を業種別に見ると、「ソフトウエア・通信(77.3%)」が特に採用充足率が低かった。

【業種別 採用充足率】
ソフトウェア・通信 77.3%
商社 79.0%
サービス・インフラ 79.7%
官公庁・公社・団体 79.7%
小売 82.1%
建設 84.5%
マスコミ 90.0%
製造 92.0%
金融 97.6%

 採用活動の印象は、総合評価で「前年より厳しかった」が44.9%(対前年4.3ポイント減)とやや減少したものの4割を超え、「前年並みに厳しかった」の46.5%(対前年4.0ポイント増)とあわせて9割以上の企業が「厳しかった」と回答した。

 「前年より楽だった」と回答した企業は5.9%(対前年0.5ポイント減)だった。

 厳しかった理由は「母集団の確保」が70.1%(対前年1.3ポイント増)で最も高く、「辞退の増加」(42.5%、対前年0.4ポイント増)、「セミナー動員」(40.3%、対前年0.1ポイント減)が続いた。

【採用活動が厳しかったと回答した理由 トップ5】
1位 母集団の確保 70.1%
2位 辞退の増加 42.5%
3位 セミナー動員 40.3%
4位 学生の質の低下 29.8%
5位 マンパワーの不足 24.3%

 業界別でも、すべての業界で「母集団の確保」が最も高く、小売業界は他よりも「セミナー動員」(57.9%)、「辞退の増加」(51.9%)を選んだ企業が多かった。

 2019年卒採用で「外国人留学生を採用した(する予定)」と回答したのは全体の11.7%で、1割程度となった。また「採用活動はしたが、採用できなかった」企業は7.0%だった。

 2020年卒の予定では「採用する予定」が10.7%、「検討中」が28.8%となり、企業側の採用意欲が見える。

 「採用をしていない(または予定がない)」企業にその理由を聞いたところ、「日本語能力(24.7%)」や「ビザなどの手続きが困難(14.6%)」よりも、「外国人が活躍できる環境が整っていない(43.2%)」や「現場の受け入れ体制が整っていない(43.8%)」といった、企業の内部要因によるところが大きかった。

 調査は、新卒採用実績のある国内企業とマイナビ2019利用企業担当者を対象に2018年9月4日に告知、10月3日に受付締切で、3013社から回答を得た。(上場450社、非上場2563社)

おすすめの記事

企画業務型裁量労働制の導入要件と意義

企画業務型裁量労働制の導入要件と意義
「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」の当初の政府案には、企画業務型裁量労働制の対象拡大も含まれていました。ところが、裁量労働制に関する調査データの不備等の問題が顕在化し、平成30年2月末に法案から削除されました。今回、法案削除にまで至ってしまった企画業務型裁量労働制の改正ですが、本稿では、そもそも労働基準法上の企画業務型裁量労働制とはどのような制度なのかについて確認してみます。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

【新卒採用】ターゲット学生への効率的なアプローチを求める考え方がより鮮明に

【新卒採用】ターゲット学生への効率的なアプローチを求める考え方がより鮮明に

マイナビワークス 柳楽 太郎 若年キャリア事業部 営業支援部 部長
人材採用の意欲がある企業が98%、選考のポイントは「主体性」

人材採用の意欲がある企業が98%、選考のポイントは「主体性」

 人材採用の意欲がある企業は、2016年12月時点で98.1%に上っていることがマイナビ(東京・千代田、中川信行社長)が実施した「2016年マイナビ企業人材ニーズ調査」で分かった。
2017年の人材需要と採用の課題 深刻な若年労働力の不足で女性・シニアの活用本格化

2017年の人材需要と採用の課題 深刻な若年労働力の不足で女性・シニアの活用本格化

若年労働力の不足が深刻になる中、多様な労働力の活用が課題となっており、従来型の採用手法では人材確保が難しくなっている。2017年の日本の雇用情勢と企業の人材採用数の予測を、企業の人材採用を支援する主要人材コンサルティング会社50社を対象にアンケート調査で聞いた。
社員の「目指すべき姿」を明確に伝える採用メッセージを発信 JK ホールディングス 大塩茂樹  人材開発課長 

社員の「目指すべき姿」を明確に伝える採用メッセージを発信 JK ホールディングス 大塩茂樹 人材開発課長 

万人受けする採用メッセージから、社員が「目指すべき姿」を明確に掲げて求める人物像を伝えるメッセージに切り替えて採用効率を大幅に高めることに成功したJKホールディングス。採用の変革をリードしてきた人材開発課長の大塩茂樹氏に取り組み内容などを聞いた。
大卒初任給20万6700円、すべての学歴で前年超

大卒初任給20万6700円、すべての学歴で前年超

 2018年の大卒初任給は前年比0.3%増となる20万6700円で、すべての学歴で前年を上回ったことが厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」で分かった。
10月1日現在の大学生の就職内定率77.0%、3年連続で調査開始以来の最高値を更新

10月1日現在の大学生の就職内定率77.0%、3年連続で調査開始以来の最高値を更新

 来春卒業予定の大学生の就職内定率が77.0%となったことが分かった。厚生労働省と文部科学省が就職内定状況等を共同で調査し、10月1日現在の状況を取りまとめた。
2020年卒学生の過半数は大手志向 ディスコ調べ

2020年卒学生の過半数は大手志向 ディスコ調べ

 2020年卒学生を対象に就職活動について聞くと、過半数は大手志望であることがディスコ(東京・文京、新留正朗社長)の学生モニター調査で明らかとなった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース