2017年7月10日

【新卒採用】3月中旬以降の応募人数は前年比減、学生は志望企業を早々に絞り込む

ヒューマネージ 齋藤 亮三 代表取締役社長

 (12677)

 昨年同様、3月採用広報開始、6月選考解禁となった2018年卒の新卒採用は、売り手市場が続く中、昨年の結果を踏まえ企業が動きを早めたことで、予想以上に早期化が進みました。

 早期化の傾向は特に大手・人気企業において顕著で、当社調査では、3月10日時点の応募人数は、平均して昨年の総応募人数の7割近くに達していました。

 一方、3月中旬以降の応募人数は一貫して昨年を下回っており、学生が早々に志望企業を絞り込み、個社へのアクションへ軸足を移したことが分かります。

 短期決戦ともいわれる今年の就職活動においては、学生は新たな企業に目を向けることはなく、知っている企業へ応募する“決め打ち”の傾向が強まったと考えられます。

 さらに、今年の特徴として、インターンシップの増加が挙げられます。採用広報解禁「前」の貴重な情報提供の機会として、冬季インターンシップがさらに活用されました。

 19年卒の新卒採用のポイントとして、「働き方改革への対応」「接点の多様化」「科学的な採用」が挙げられます。

 人事の方々は自社の「働き方改革」を推進する立場ですが、夜遅くメールを送らないなど学生の印象に配慮することはもちろん、いかに効果的・効率的に採用活動を遂行するか、ITと採用に精通したRPO(採用プロセスアウトソーシング)パートナーを戦略的に活用することがポイントとなります。

 また、売り手市場を背景に、インターンシップ(19年卒においては“決め打ち”前の学生に出会う手段として夏季インターンシップが増えると予想されます)、ダイレクト・ソーシングなど「接点の多様化」が進んでいますが、大切なのはこれらの接点を手間なく一元管理し、データを正確に残し、活用することです。

 その上で、現在、人材採用においてもAIがキーワードとなっていますが、AIは魔法の杖ではなく、データから導かれた科学的な指標に基づく「科学的な採用」を支援するものです。19年卒の新卒採用においては、さまざまな企業がAI活用に取り組み知見をためる一年になると思います。

おすすめの記事

【新卒採用】独自性のあるインターンシップと社員の主体的な協力で採用に成功

【新卒採用】独自性のあるインターンシップと社員の主体的な協力で採用に成功
シーズアンドグロース 河本 英之 代表取締役社長
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

【新卒採用】学生は採用広報活動開始までにエントリー企業の選択をほぼ終えている

【新卒採用】学生は採用広報活動開始までにエントリー企業の選択をほぼ終えている

キャリアマート 石井 貴善 採用コンサルティング事業部マーケティングマネージャー
2019年新卒採用予定者、「増加」とする事業所が「減少」とする事業所を上回る

2019年新卒採用予定者、「増加」とする事業所が「減少」とする事業所を上回る

 2019年の新卒採用予定者数は、すべての学歴で前年と比べて「増加」するとした事業所が「減少」とする事業所を上回ったことが、厚生労働省の5月の労働経済動向調査で分かった。
上場企業の2018年卒大学生の初任給は21万1039円、初任給の“全学歴引き上げ”約4割

上場企業の2018年卒大学生の初任給は21万1039円、初任給の“全学歴引き上げ”約4割

 労務行政研究所が東証第1部上場企業239社を対象に実施した初任給調査によると、2018年度の大学卒者の初任給は21万1039円となっていることが分かった。2018年度の初任給を「全学歴引き上げ」した企業は39.7%に上った。
大学生の就職率が過去最高の98.0%

大学生の就職率が過去最高の98.0%

 今春卒業した大学生の就職率が過去最高となったことが、厚生労働省と文部科学省の就職内定状況等の共同調査で分かった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部(レポート担当) 編集部(レポート担当)

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース