2017年10月19日

【製薬・医療機器分野の中途採用】メーカーMR枠は専門領域のみ、医療機器営業や専門職求人は増加

エリメントHRC 狩野 洋輔 代表取締役

 (13241)

 製薬業界の求人で特徴的なのは常に多くの求人があったMRのポジションに変化がみられることです。2000年代初頭に加熱し始めたメーカーによる未経験者も含めた自社でのMR採用熱も現在ではCSO(営業受託事業)への委託が増加し、メーカーMR枠は一部の専門性の高い領域のスペシャリスト以外は大きくシュリンクし、CSOの求人が増加している状況です。

 一方、常に臨床開発や薬事申請、研究開発等の専門領域の求人は候補者の絶対数も少ないため、なかなか埋まらず恒常的な人材不足状態です。

 医療機器業界は市場規模3兆円と製薬業界の10兆円超と比較して決して大きくはないものの、医療機器営業や前出の専門職などの求人は常に安定し業界の成長とともに増加しています。

 求職者側では、製薬MRや医療機器の営業職の転職動機として、「もっと専門性の高い領域や治療に携わりたい、会社の求める仕事のスタイルに違和感がある」等さまざまですが、業界にとどまり、そのような意向にあった業務内容や職場環境を求める傾向にあります。研究職や開発職なども、先進技術や高い専門性への興味、働き方やスタイルなどという点では同様です。

 そういう求職者が企業HPの募集欄や転職サイト経由で適職を見つけようとしても、単にスキルマッチだけではなく自分の意向や性質(適性)に合致しているかどうかは、なかなか判断できずにいるのが現状です。

 こうした状況の中、企業は往々にして求職者の意向や性質に拘らず書類上のスペックと型通りの面接で選考を進めてしまい、最終段階や入社後に齟齬が生じるという事態になりがちです。

 そこで紹介会社の存在が重要となるわけですが、徹底した調査研究で得た求人票の行間を求職者に正しく伝え、求職者がその求人に対して意向や性質に合致していると腹落ちした状態で選考に臨んでもらうことで、内定後の受諾と入社後の定着や活躍につながると考えます。そういうノウハウやスキルを持った紹介会社と付き合うことが採用を成功させるポイントだと思います。

エリメントHRCの関連記事

エリメントHRC「医療機器・製薬分野の経験者採用で、高い内定受諾率を実現するコンサルティングが強みです」 - 人材コンサルティング会社&サービスガイド100選

エリメントHRC「医療機器・製薬分野の経験者採用で、高い内定受諾率を実現するコンサルティングが強みです」 - 人材コンサルティング会社&サービスガイド100選
エリメントHRCは、医療機器・製薬分野に特化した人材紹介で10年以上の実績を持ち、業界で高い知名度を誇る。医療機器・製薬の専門分野は細分化されており難しい求人案件も多い中、エリメントHRCが採用決定率、採用決定数ともに高い水準を実現しているのは、企業と候補者の双方から信頼を得ている証拠だ。独自運営の転職サイトやネットワークから入社意欲の高い候補者を集めて、採用担当者が求人説明と面談を1日で完結できる独占選考会を提供できる点も強みとなっている。(日本人材ニュース編集部の評価)
4 件

関連する記事

主要人材コンサルティング会社アンケート「2020年 企業の人材需要と採用の課題」(各社回答3)

主要人材コンサルティング会社アンケート「2020年 企業の人材需要と採用の課題」(各社回答3)

2020年の人材需要と採用の課題を、企業の人材採用を支援する主要コンサルティング会社の事業責任者を対象にアンケート調査で聞いた。【回答社名:Apex、キーンバウム ジャパン、エリメントHRC、ロバート・ウォルターズ・ジャパン、パーソルキャリア】
中途採用の新手法 “ 攻め”の採用で 積極的に人材を発掘

中途採用の新手法 “ 攻め”の採用で 積極的に人材を発掘

中途採用による人材獲得競争は激しさを増し、従来の採用手法では応募が集まらない状況だ。複数の企業からオファーを受ける候補者も多く、内定辞退も続出している。こうした採用課題を解決するため、採用チャネルの多様化や採用プロセスの最適化などを支援する新たな手法が出てきている。

人事向け限定情報を配信中

人事向け限定情報を配信中