2017年10月6日

パートの賃金は正社員より低い事業所が6割超

 正社員と同じ職務をこなすパートの時給は、正社員と比較して低いとする事業所が6割超となっている実態が厚生労働省の「パートタイム労働者総合実態調査」で明らかとなった。

 (13379)

 「パートを雇用している事業所」は68.8%、「正社員とパートの両方を雇用している事業所」は64.0%、「正社員のみ雇用している事業所」は20.5%となっている。

 正社員とパートの両方を雇用している事業所で、正社員と同じ職務をこなすパートの1時間当たりの基本賃金(基本給)を正社員と比較してみると、「正社員より高い」事業所の割合は5.8%、「正社員と同じ(賃金差はない)」事業所の割合は22.2%、「正社員より低い」事業所の割合は61.6%となっている。

 正社員より低い事業所での賃金は、「正社員の8割以上」が30.6%と最も高く、次いで「正社員の6割以上8割未満」22.7%、「正社員の4割以上6割未満」7.4%、「正社員の4割未満」0.9%の順となっている

 職務が同じ正社員よりもパートの1時間当たりの基本賃金が低い理由(複数回答3つまで)は、「パートは勤務時間の自由が利くから」が49.0%と最も高く、次いで「パートは残業の時間数、回数が少ないから」30.9%、「そういった契約内容でパートが納得しているから」29.5%の順となっている。

 賃金を決定する際に考慮した内容(複数回答)は、正社員では「職務(業務の内容及び責任の程度)」が 83.3%と最も高く、次いで「能力、経験」71.7%、「職務の成果」57.8%の順となった。

 一方、パートでは「能力、経験」が52.4%と最も高く、次いで「職務(業務の内容及び責任の程度)」45.4%、「最低賃金(地域別・産業別)」35.7%の順となった。

 手当等、各種制度の実施及び福利厚生施設の利用状況(複数回答)は、パートでは「通勤手当」が 76.4%と最も高く、次いで「更衣室の利用」58.4%、「休憩室の利用」56.9%の順となっている。

 正社員との比較でみると、「給食施設(食堂)の利用」、「休憩室の利用」、「更衣室の利用」などの福利厚生施設の利用については正社員の実施状況との差は小さいが、「役職手当」、「退職金」、「賞与」などでは正社員との差が大きくなっている。

【手当等、各種制度の実施状況】
      (社員、パート)
定期的な昇給 71.8%、32.3%
通勤手当 90.4%、76.4%
役職手当 70.6%、7.3%
賞与   84.6%、33.7%
退職金  71.7%、8.7%
給食施設の利用 22.5%、20.0%
休憩室の利用  62.4%、56.9%

 正社員とパートの両方を雇用している事業所のうち、「パートの正社員転換制度がある」事業所の割合は44.2%、「制度がない」事業所の割合は52.1%となっている。

 パートの正社員転換制度がある事業所での転換の基準(複数回答)は、「パートが所属する部署の上司の推薦」が65.6%と最も高く、次いで「人事部門などによる面接の結果」47.0%、「人事評価の結果」42.9%、「(一定の)職務経験年数」33.6%の順となっている。

 調査は、2016年9月23日~10月15日、5人以上の常用労働者を雇用する事業所を対象に実施し、1万135件の有効回答を得た。

おすすめの記事

人事実務の重要判例「同一労働同一賃金」長澤運輸事件高裁判決

人事実務の重要判例「同一労働同一賃金」長澤運輸事件高裁判決
最近の労働裁判例の中から、人事実務の参考になる重要な裁判例として、長澤運輸事件の東京高裁判決(東京高等裁判所平成28年11月2日判決)を紹介します。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

同一労働同一賃金で見直し必至の日本的賃金・処遇制度

同一労働同一賃金で見直し必至の日本的賃金・処遇制度

政府による「同一労働同一賃金」の実現に向けた動きが本格化している。法改正が行われると現在の賃金・処遇制度を見直さざるを得ない企業も多いだろう。法律やガイドラインの内容に注目が集まっている。(文・溝上憲文編集委員)
最低賃金改定で3社に1社が給与体系見直し、採用時最低時給の平均は958円

最低賃金改定で3社に1社が給与体系見直し、採用時最低時給の平均は958円

 10月の最低賃金の改定を受けて、3社に1社が給与体系を見直していることが、帝国データバンクの調査で分かった。小売業界では給与体系を見直す企業が5割近くとなっている。
10月の完全失業率2.8%、正規雇用68万人増

10月の完全失業率2.8%、正規雇用68万人増

 総務省が発表した労働力調査(速報)によると、10月の完全失業率(季節調整値)は前月と同率となる2.8%だった。
2017年度、大企業89.7%、中小企業66.1%で賃上げを実施

2017年度、大企業89.7%、中小企業66.1%で賃上げを実施

 賃金の引上げを実施した大企業の割合は前年度90.1%、今年度89.7%となり、前年に続き多くの企業で賃上げが実施されたことが、経済産業省の「企業の賃上げ動向等に関するフォローアップ調査」で分かった。
9月の完全失業率2.8%、正規雇用76万人増

9月の完全失業率2.8%、正規雇用76万人増

 総務省が発表した労働力調査(速報)によると、9月の完全失業率(季節調整値)は前月と同率となる2.8%だった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース