2017年7月10日

【建設分野の中途採用】人材の供給不足は深刻、転職者の中心は40代の即戦力技術者

ヒューマンタッチ 髙本 和幸 代表取締役

 (12657)

 4月の「建築・土木・測量技術者」の有効求人倍率は4.92倍(前年同月比0.82ポイント上昇)と23カ月連続の上昇となり、深刻な建設技術人材の不足が続いています。

 この背景には、東京五輪に向けて建設技術人材への旺盛な需要が続く一方、建設技術者として働きたい人は減少し続けているということがあります。

 「建築・土木・測量技術者」の有効求職者数は2010年以降6年連続で前年割れで、人材の供給不足は深刻な状況です。

 このような厳しい人材不足の中での建設技術者の転職動向を当社のデータから見ると、転職者の中心は40代の即戦力のベテラン技術者になっています。

 一方、20代の若手の転職者数は比率としては少ないですが、前年からの増加率は高くなっており、建設業各社は若手技術者の確保に力を入れていると思われます。

 職種別にみると、建築・土木の設計職、設備管理・施設管理職、設備系の施工管理職の転職者が多くなっています。

 当社が実施した、建設技術者として転職を考えている人を対象としたアンケート調査によると、転職する際に重視する点で最も多かったのは、「給与・勤務地」(80%)でしたが、次いで、「職種・仕事内容」(72%)、「勤務時間・残業時間」(42%)、「休日・休暇」(40%)となり、転職者は、給与アップはもちろんですが、自分に合った仕事内容、ワークライフバランスの向上を求めていると考えられます。

 厳しい人材不足の環境において採用活動を成功させるためには、まずは、従来型の待ちの採用戦略だけに頼るのではなく、求人サイト、求人検索エンジン、人材紹介会社、リファラル・リクルーティング等、様々な手法を組み合わせて採用戦略の多様化を図ることが重要だと考えます。

 また、ワークライフバランスの向上を図るために、週休2日制の導入や残業の削減などの労働環境の整備・向上を推進することもあわせて重要になります。

ヒューマンタッチ「建設・不動産、機電・ITチームを置き、技術者、スペシャリストを紹介します」 - 人材コンサルティング会社ガイド100選

ヒューマンタッチ「建設・不動産、機電・ITチームを置き、技術者、スペシャリストを紹介します」 - 人材コンサルティング会社ガイド100選
髙本 和幸 代表取締役

おすすめの記事

中途採用の新手法 “ 攻め”の採用で 積極的に人材を発掘

中途採用の新手法 “ 攻め”の採用で 積極的に人材を発掘
中途採用による人材獲得競争は激しさを増し、従来の採用手法では応募が集まらない状況だ。複数の企業からオファーを受ける候補者も多く、内定辞退も続出している。こうした採用課題を解決するため、採用チャネルの多様化や採用プロセスの最適化などを支援する新たな手法が出てきている。
6 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

建設業界で理系大学生のニーズ高く、多くの企業で採用計画数が未達

建設業界で理系大学生のニーズ高く、多くの企業で採用計画数が未達

 建設業界では理系大学生への人材ニーズは高いが、 5割の企業が採用計画人数を確保できていない―人材サービスを手掛けるヒューマンタッチが「ヒューマンタッチ総研~Monthly Report 2016年4月」で指摘している。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部(レポート担当) 編集部(レポート担当)

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース