2019年3月27日

2月の求人広告は前年同月比22.6%増、2カ月連続すべてのエリアで20%超の増加

 2月の職種分類別求人広告掲載件数(週平均)は、全体で138万3012件となり、前年同月比22.6%増となったことが、全国求人情報協会のまとめで分かった。

 (23682)

 最も多かったのは「販売(販売)」27万7181件(前年同月比22.3%増)となった。次いで「サービス(給仕)」19万3857件(同19.3%増)、「運搬・清掃・包装等」14万5648件(同52.7%増)などが続いた。

【職種別 求人広告掲載件数 上位5職種】
1位 販売(販売) 27万7181件(前年同月比22.3%増、占有率20.0%)
2位 サービス(給仕) 19万3857件(同19.3%増、同14.0%)
3位 運搬・清掃・包装等 14万5648件(同52.7%増、同10.5%)
4位 サービス(調理) 12万9380件(同39.7%増、同9.4%)
5位 サービス(接客) 10万6511件(同19.7%増、同7.7%)

 雇用形態別にみると、全体で125万5207件(前年同月比22.3%増)となっており、「正社員」が26万2845件(同15.6%増)、「アルバイト・パート」が89万9746件(同24.6%増)、「契約社員他」が9万2616件(同20.8%増)となった。

 地域別にみると、全体で126万4871件(前年同月比22.5%増)だった。前年同月比が最も増加したのは、中四国(24.0%増)だった。次いで北海道・東北(22.2%増)となり、2カ月連続ですべての地域で20%超の増加となった。

 都道府県別にみると、前年同月比が最も増加したのは秋田県(43.0%増)、次いで岐阜県(35.9%増)、増加率が最も低かったのは宮崎県(13.6%増)だった。

【地域別 求人広告掲載件数】
北海道・東北 8万683件(前月比22.2%増、占有率6.4%)
関東・甲信越 59万7357件(同21.8%増、同47.2%)
中部・北陸  18万4342件(同20.8%増、同14.6%)
近畿     24万3300件(同22.1%増、同19.2%)
中四国    6万3849件(同24.0%増、同5.0%)
九州・沖縄  9万5339件(同21.1%増、同7.5%)

おすすめの記事

競業他社への転職と人事の実務対応

競業他社への転職と人事の実務対応
雇用の流動化や経験豊富な管理職の中途採用のニーズの高まりなどから転職者数が増加する傾向にある中で、労働者が競業する企業に転職してトラブルになるケースも見受けられます。本稿では、競業他社への転職に関して、転職労働者を雇用していた企業(以下「転職前企業」といいます。)及び転職労働者を雇い入れる企業(以下「転職先企業」といいます。)それぞれの立場における対応を説明します 。
4 件

人事向け限定情報を配信中