2017年2月3日

社長の平均年齢59.3歳、過去最高の更新続く

 社長の平均年齢が過去最高を更新したことが帝国データバンクの調査で明らかになった。平均年齢は59.3歳で、社長の高齢化が進んでいる。

 (11490)

 帝国データバンクの2016年12 月末時点の企業概要ファイル「COSMOS2」(約146万社収録)から
「株式会社」「有限会社」のデータを抽出して調べたところ、社長の平均年齢は59.3歳となった。

 調査結果の分かる1991年以降、一貫して上昇しており、1991年の54.3歳から5歳上昇している。

  社長交代率(1年の間に社長の交代があった企業の比率)を見ると、2016年は3.97%で4年連続で前年を上回った。リーマン・ショック以来低下していた交代率は上昇傾向にある。

 2016年に社長が交代した企業の新旧社長の平均年齢は、前社長が67.1歳、新社長が51.1歳で、平均16.0歳若返っている。

 性別の分かった社長交代企業(4万4209社)のうち、女性社長の比率は2015年の8.2%から10.6%へ上昇した。

 業種別に社長の平均年齢を見ると、最も高かったのは不動産業の61.3歳。次いで、製造業の60.8歳、卸売業の60.4歳と続いた。不動産業は70代や80歳以上の社長が他の業種に比べると多かった。

 平均年齢が最も低かったのはサービス業の57.9歳で、30代や30歳未満の割合が高かった。

 年商規模別の平均年齢は「1000億円以上」の60.8歳が最も高い。特に60代の社長が多く、59.4%と突出していた。次いで平均年齢が高かったのは「1億円未満」の60.2歳で、70代以上の割合が最も高かった。

 また、年商500億円以上の企業では1990年と比べ若返りが起きているのに対し、「1億円未満」は7.8歳上昇。小規模事業者と大規模企業の社長平均年齢の二極化が進んでいる。

おすすめの記事

パワハラの判断基準と不適切な注意・指導の防止策

パワハラの判断基準と不適切な注意・指導の防止策
今日において、「パワーハラスメント」やこれを略した「パワハラ」という用語は社会的に定着した用語として一般に用いられており、この用語を知らない人はいないと言っても過言ではないでしょう。したがって、企業においては、規模や業種を問わず、パワハラ対策は優先的に取り組むべき課題であることを認識しておく必要がありますので、パワハラ問題の難点や裁判例の考え方を解説します。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

社長の平均年齢59.7歳、上場企業では58.9歳 高齢化進む

社長の平均年齢59.7歳、上場企業では58.9歳 高齢化進む

 社長の平均年齢は59.7歳で、過去最高を更新したことが帝国データバンクの調査で明らかになった。前年と比べ0.2歳プラスとなっており、社長の高齢化が進んでいる。
【著者が語る】リーダーの一流、二流、三流

【著者が語る】リーダーの一流、二流、三流

リフレッシュコミュニケーションズ 吉田 幸弘 代表
【著者が語る】次世代リーダーシップ開発

【著者が語る】次世代リーダーシップ開発

マネジメント サービス センター 藤原浩 代表取締役社長
社長の平均年齢59.5歳、上場企業では58.9歳

社長の平均年齢59.5歳、上場企業では58.9歳

 社長の平均年齢が過去最高を更新したことが帝国データバンクの調査で明らかになった。平均年齢は59.5歳で、社長の高齢化が進んでいる。
ビジネスリーダーが集まるキャリアプラットフォームの実態 コンコードエグゼクティブグループ 渡辺秀和社長

ビジネスリーダーが集まるキャリアプラットフォームの実態 コンコードエグゼクティブグループ 渡辺秀和社長

東大・京大卒などの名門大出身者やコンサルファーム出身者が、続々と相談に訪れるコンコードエグゼクティブグループ。代表取締役社長CEOの渡辺秀和氏に、事業展開と組織運営の方針などについて話を聞いた。
イノベーションを生み出す人材と組織の条件とは

イノベーションを生み出す人材と組織の条件とは

IoT、ビッグデータ、人工知能(AI)などによって、これまでのビジネスモデルが大きく変わろうとしている。経営戦略の実現のために新たなビジネスモデルをつくりだすイノベーション人材の獲得や組織づくりは、経営トップや人材マネジメントにとって喫緊の課題となっている。イノベーションを生み出す人材と組織づくりの現状を取材した。
働き方改革とリーダー育成で“人財”を獲得し、競争力を高める MSD 太田直樹 取締役執行役員

働き方改革とリーダー育成で“人財”を獲得し、競争力を高める MSD 太田直樹 取締役執行役員

「2020年までに日本で最も優れたヘルスケア企業となることを目指す」というビジョンを掲げるMSD。「優れた人財から選ばれる企業となる」ことを目的として、働き方改革やリーダー育成に注力している。人事部門を統括する太田直樹氏に、人事施策の狙いや取り組み状況などを聞いた。
東芝不正会計事件 改めて問われる企業の組織風土とリーダーの資質

東芝不正会計事件 改めて問われる企業の組織風土とリーダーの資質

再び経営トップの不祥事が発覚した。菊川剛元社長ら経営陣が逮捕された2011年のオリンパスの粉飾決算事件、続く大王製紙事件、そして今回の東芝不正会計事件も含めて企業の人事・組織風土と経営トップの資質が改めて問われている。
活躍するリーダーを採用・育成できない企業の課題

活躍するリーダーを採用・育成できない企業の課題

経営環境の変化でリーダー人材の採用と社内人材の育成を強化する企業が増えている。一方で、「リーダーを採用できない、育成できない」との声も挙がる。今後、何を実践すればリーダーを確保することができるのか、企業の課題を探った。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

◆次世代事業経営ゼミナール(第5期)~ものづくり企業の国内外事業運営の基幹要員の育成【8月開講】