2017年10月26日

9月の求人広告0.8%減と2カ月連続の減少、有料求人情報誌は9カ月ぶりに増加

 9月の求人メディア全体の広告掲載件数が前年同月比0.8%減となったことが、全国求人情報協会のまとめで分かった。

 (13465)

 9月分の求人広告掲載件数等集計結果によると、求人メディア全体の広告掲載件数は前年同月比0.8%減の124万133件で、大幅減となった前月に引き続き2カ月連続で減少となった。前月比は9.2%増だった。

 メディア別に前年同月を比べると、有料求人情報誌5万4780件(28.7%増)、フリーペーパー33万5970件(8.1%減)、折込求人紙7万6697件(5.5%減)、求人サイト77万2686件(1.6%増)。

 フリーペーパーは2カ月連続、折込求人紙は5カ月連続の減少となった。一方、有料求人情報誌は9カ月ぶりに増加、求人サイトは堅調な増加が続いている。

 地域別に前年同月を比べると、北海道・東北4万691件(9.2%減)、関東・甲信越15万138件(5.2%減)、中部・北陸6万7957件(9.5%減)、近畿8万3844件(9.3%減)、中国・四国3万7060件(0.2%増)、九州・沖縄8万7680件(7.7%増)と、中国・四国と九州・沖縄のみ前年同月比がプラスとなった。

 また、同協会が会員求人メディアの営業担当者や編集担当者111人から回答を得たウォッチャー調査(調査期間:17年9月25日~10月10日)によると、9月時点の企業の求人意欲は、正社員、アルバイト・パート、派遣・業務請負のいずれも3カ月前(17年6月時点)に比べると増加しており、高い水準を保っている。

 一方、求人意欲の先行き(3カ月後の求人意欲)を見ると、3カ月前は0%だった「低くなる」との回答割合が、正社員は3.6%、アルバイト・パートは7.2%、派遣・業務請負は5.4%となっており、採用意欲はやや落ち着くと見込まれている。

おすすめの記事

有期契約労働者の無期転換と労働契約の終了

有期契約労働者の無期転換と労働契約の終了
労働契約法18条1項前段によれば、有期契約労働者は、①同一の使用者との間で2つ以上の有期労働契約を締結し、②その有期労働契約の通算期間が5年を超えることとなった場合、その契約の開始時点で無期転換権を取得します。無期転換権が行使された場合、使用者はその申込みを承諾したものとみなされ、その行使の時点で無期労働契約が成立します。使用者は、有期契約労働者の申込みを承諾したものと「みなされる」ので、申込みの拒否や有期契約労働者の選別をすることはできません 。ここでは、解雇や雇止め、定年による労働契約の終了について説明します。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

8月の求人広告2.6%減と3カ月ぶりの減少、すべての地域で1割超の大幅な減少

8月の求人広告2.6%減と3カ月ぶりの減少、すべての地域で1割超の大幅な減少

 8月の求人メディア全体の広告掲載件数が前年同月比2.6%減となったことが、全国求人情報協会のまとめで分かった。
7月の求人広告2.9%増と2カ月連続の増加、企業の求人意欲はやや高い水準が続く

7月の求人広告2.9%増と2カ月連続の増加、企業の求人意欲はやや高い水準が続く

 7月の求人メディア全体の広告掲載件数が前年同月比2.9%増となったことが、全国求人情報協会のまとめで分かった。
6月の求人広告0.9%増と2カ月ぶりの増加、メディア別では求人サイトのみ微増

6月の求人広告0.9%増と2カ月ぶりの増加、メディア別では求人サイトのみ微増

 6月の求人メディア全体の広告掲載件数が前年同月比0.9%増となったことが、全国求人情報協会のまとめで分かった。
5月の求人広告1.7%減と2カ月連続で減少、地域別でも全エリアで減少

5月の求人広告1.7%減と2カ月連続で減少、地域別でも全エリアで減少

 5月の求人メディア全体の広告掲載件数が前年同月比1.7%減となったことが、全国求人情報協会のまとめで分かった。
4月の求人広告1.9%減と1年ぶりに減少、エリア別では中部・北陸地域のみ増加

4月の求人広告1.9%減と1年ぶりに減少、エリア別では中部・北陸地域のみ増加

 4月の求人メディア全体の広告掲載件数が前年同月比1.9%減となったことが、全国求人情報協会のまとめで分かった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース