2019年4月2日

労働者派遣事業の売上高6兆4995億円、4年ぶりに前年度比が減少

労働者派遣事業の2017年度の売上高は6兆4995億円で、前年度比が4年ぶりに減少したことが、厚生労働省が労働者派遣事業を行う6万2408事業所が提出した事業報告を集計した結果で分かった。

 (23695)

 2017年度の労働者派遣事業の年間売上高は6兆4995億円(前年度比1.2%減)となった。

 事業別の内訳は、労働者派遣事業が5兆4912億円(前年度比6.0%増)、(旧)特定労働者派遣事業が1兆83億円(同27.8%減)となった。

 売上高10億円以上の事業所は、労働者派遣事業が1049事業所(全体の5.9%)、(旧)特定労働者派遣事業が49事業所(同0.3%)。

 労働者派遣事業では売上高1~5億円の事業所が最も多く全体の33.4%、(旧)特定労働者派遣事業では売上高1000万~5000万円の事業所が最も多く全体の43.1%を占めている。

 派遣先件数は70万7319件(前年度比1.2%減)で、2年ぶりに減少に転じた。労働者派遣事業が64万1103件(前年度比1.7%増)、(旧)特定労働者派遣事業が6万6216件(同22.6%減)だった。

 派遣料金(8時間換算)は、労働者派遣事業が2万1151円(前年度比10.8%増)、(旧)特定労働者派遣事業が2万5802円(同2.6%増)。

 業務別にみると、労働者派遣事業で派遣料金が最も高かったのは「医師、歯科医師、獣医師、薬剤師」で3万5355円。

 派遣労働者の賃金(8時間換算)は、労働者派遣事業が1万3831円(前年度比9.6%増)、(旧)特定労働者派遣事業が1万6265円(同3.1%増)。

 業務別にみると、労働者派遣事業で賃金が最も高かったのは「医師、歯科医師、獣医師、薬剤師」(2万3404円)。

 派遣労働者数は、約176万人となっている。

 内訳は無期雇用派遣労働者が労働者派遣事業で28万6087人、(旧)特定労働者派遣事業で16万3989人。有期雇用派遣労働者は労働者派遣事業で127万2950人、(旧)特定労働者派遣事業で3万7711人だった。

 集計結果は、2017年4月1日~2018年3月31日の期間内に属する報告について、労働者派遣事業2万5282事業所、(旧)特定労働者派遣事業3万7126事業所の状況をまとめた。

おすすめの記事

無期転換に伴う制度設計と就業規則見直しの留意点

無期転換に伴う制度設計と就業規則見直しの留意点
いわゆる有期契約労働者の無期転換申込権については、平成25年4月1日施行の労働契約法改正により、有期労働契約の濫用的な利用を抑制し労働者の雇用の安定を図ることを目的として、労働契約法第18条において定められました。無期転換に伴う制度設計と就業規則見直しの留意点を解説します。
4 件

人事向け限定情報を配信中

人事向け限定情報を配信中