2016年10月17日

サイコム・ブレインズ/ビッグデータを活用した人材育成サービスを開始 

国内外で企業の人材育成を支援するサイコム・ブレインズ (東京・千代田、西田忠康社長) は、ビッグデータを活用して効果的な学習モデルを構築する「研修プラットフォーム サービス」の提供を開始した。

 (10483)

 新サービスではオンライン学習と座学での研修をICTで統合し、学習行動履歴を成績と結びつけることで、これまで経験値などに頼りがちだった社員教育の学習法をより効果的にすることが可能となった。

 大きな特徴のひとつは、研修効果や改善点が“見える化”していること。集合研修当日の受講者パフォーマンスだけでなく、研修前の映像教材視聴行動や理解度テストの結果、研修後の復習テストの結果に加え、自社で独自に設定するKPI(業績管理指標)などのデータを総合的に分析して、研修の効果を“見える化”できる。

 また、自社のハイパフォーマーがとる学習行動を分析して、社内で標準化するべき最適な学習モデルを抽出することも可能だ。

 研修運営が効率的な点も特徴のひとつだ。ウェブ上に専用のポータルサイトを設置し、映像教材や理解度テストが一元管理されるので、受講者はPC、スマートフォン、タブレットなど様々なデバイスでいつでもどこでも自己学習に取り組むことができる。

 また運営者側ではポータルサイトで受講者の学習状況に関する各種データを一括管理できるため、「受講者人数が多く、同じ研修を複数のクラスで運営している」「階層別に多様な研修メニューを実施している」場合など、事務局のマンパワー不足を補うことができる。

【「研修プラットフォーム サービス」概要】
価格例:約80万円~
(参加人数20人で想定した場合、映像教材1種類、座学研修費用込み)
※参加人数や映像教材の種類によって異なる

サイコム・ブレインズの関連記事

サイコム・ブレインズ「顧客の業績向上とグローバルなタレントマネジメントのために、最先端のコンセプトとツールを提案します」 - 人材コンサルティング会社&サービスガイド100選

サイコム・ブレインズ「顧客の業績向上とグローバルなタレントマネジメントのために、最先端のコンセプトとツールを提案します」 - 人材コンサルティング会社&サービスガイド100選
サイコム・ブレインズは、研修プログラムの提供だけでなく、クライアントの業績向上につながる継続的なタレントマネジメントの支援を目指しており、大手企業を中心に評価を得ている。特に、グローバル化支援では現地法人や外国人社員を交えた研修に豊富な実績を持つ。グローバルなビジネス社会の進化を見据えて、世界で通用する学習手法やノウハウを積極的に導入し、科学的な組織・人材マネジメントに役立つビジネス教育ビッグデータの活用促進にも力を入れている。(日本人材ニュース編集部の評価)
4 件

関連する記事

タレンタ/録画面接機能で採用面接の曖昧さ解消 他

タレンタ/録画面接機能で採用面接の曖昧さ解消 他

採用・育成・組織開発・HRテックの最新サービス情報を紹介する【タレンタ、KIYOラーニング、マンパワーグループ、ヒューマン・アソシエイツ・ホールディングス】
人事専門家に聞いた 2017年 人事の最重要テーマは次世代リーダーの育成

人事専門家に聞いた 2017年 人事の最重要テーマは次世代リーダーの育成

ビジネスのグローバル化や少子高齢化による労働力人口の減少など、経営環境の変化に対して従来型の人事では対応が難しくなっている。「2017年の人事の重要テーマ」を、企業の採用、育成・研修、組織力強化などを支援する専門家50人に対してアンケート調査で聞いた。
マネジメントスキルの国際資格更新単位に11科目が認定 サイコム・ブレインズ

マネジメントスキルの国際資格更新単位に11科目が認定 サイコム・ブレインズ

 企業研修会社のサイコム・ブレインズ (東京・千代田、西田忠康社長) の公開・映像講座が、プロジェクトマネジメントスキルの国際資格 Project Management Professional (PMP ®)の更新に必要な学習単位に承認された。

人事向け限定情報を配信中

人事向け限定情報を配信中