2016年10月17日

ビッグデータを活用した人材育成サービスを開始 サイコム・ブレインズ

 国内外で企業の人材育成を支援するサイコム・ブレインズ (東京・千代田、西田忠康社長) は、ビッグデータを活用して効果的な学習モデルを構築する「研修プラットフォーム サービス」の提供を開始した。

 (10483)

 新サービスではオンライン学習と座学での研修をICTで統合し、学習行動履歴を成績と結びつけることで、これまで経験値などに頼りがちだった社員教育の学習法をより効果的にすることが可能となった。

 大きな特徴のひとつは、研修効果や改善点が“見える化”していること。集合研修当日の受講者パフォーマンスだけでなく、研修前の映像教材視聴行動や理解度テストの結果、研修後の復習テストの結果に加え、自社で独自に設定するKPI(業績管理指標)などのデータを総合的に分析して、研修の効果を“見える化”できる。

 また、自社のハイパフォーマーがとる学習行動を分析して、社内で標準化するべき最適な学習モデルを抽出することも可能だ。

 研修運営が効率的な点も特徴のひとつだ。ウェブ上に専用のポータルサイトを設置し、映像教材や理解度テストが一元管理されるので、受講者はPC、スマートフォン、タブレットなど様々なデバイスでいつでもどこでも自己学習に取り組むことができる。

 また運営者側ではポータルサイトで受講者の学習状況に関する各種データを一括管理できるため、「受講者人数が多く、同じ研修を複数のクラスで運営している」「階層別に多様な研修メニューを実施している」場合など、事務局のマンパワー不足を補うことができる。

【「研修プラットフォーム サービス」概要】
価格例:約80万円~
(参加人数20人で想定した場合、映像教材1種類、座学研修費用込み)
※参加人数や映像教材の種類によって異なる

サイコム・ブレインズ 「グローバルに通用する研修とアセスメントでより実践的な人材育成の成果を創造します」 - 人材コンサルティング会社ガイド100選

サイコム・ブレインズ 「グローバルに通用する研修とアセスメントでより実践的な人材育成の成果を創造します」 - 人材コンサルティング会社ガイド100選
西田 忠康 代表取締役社長

雇用管理の法律相談「パワハラの判断基準と不適切な注意・指導の防止策」

雇用管理の法律相談「パワハラの判断基準と不適切な注意・指導の防止策」
今日において、「パワーハラスメント」やこれを略した「パワハラ」という用語は社会的に定着した用語として一般に用いられており、この用語を知らない人はいないと言っても過言ではないでしょう。したがって、企業においては、規模や業種を問わず、パワハラ対策は優先的に取り組むべき課題であることを認識しておく必要がありますので、パワハラ問題の難点や裁判例の考え方を解説します。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

2018年重要テーマ 分野別サービス紹介

2018年重要テーマ 分野別サービス紹介

2018年に注目される人事担当者にとって特に役立つサービスを提供している企業を厳選し、サービス内容についての取材を行った。
教育研修予算を増やした企業が5割超、社員1人当たり4万4892円

教育研修予算を増やした企業が5割超、社員1人当たり4万4892円

 企業1社当たりの教育研修費用総額の2015年度の予算額は5548万円、実績額は4944万円、2016年度の予算額は5786万円で、前回調査と比較すると増加していることが産労総合研究所の調査で分かった。
シャープ、IoTベンチャー企業向けの「モノづくり研修」の参加企業を募集

シャープ、IoTベンチャー企業向けの「モノづくり研修」の参加企業を募集

 シャープは、IoTベンチャー企業を対象とする合宿形式のモノづくり研修「SHARP IoT.make Bootcamp supported by さくらインターネット」の参加企業の募集を開始した。
新卒内定者向けにスマホで学べる研修プログラムを開発 マイナビ

新卒内定者向けにスマホで学べる研修プログラムを開発 マイナビ

 人材サービスのマイナビ(東京・千代田、中川信行社長)は、ビジネススクールや企業研修などを手掛けるグロービス(東京・千代田、堀義人社長)と共同で、新卒採用の内定者向けにスマホで学べる研修プログラムを開発した。
イノベーションを生み出す人材と組織の条件とは

イノベーションを生み出す人材と組織の条件とは

IoT、ビッグデータ、人工知能(AI)などによって、これまでのビジネスモデルが大きく変わろうとしている。経営戦略の実現のために新たなビジネスモデルをつくりだすイノベーション人材の獲得や組織づくりは、経営トップや人材マネジメントにとって喫緊の課題となっている。イノベーションを生み出す人材と組織づくりの現状を取材した。
マネジメントスキルの国際資格更新単位に11科目が認定 サイコム・ブレインズ

マネジメントスキルの国際資格更新単位に11科目が認定 サイコム・ブレインズ

 企業研修会社のサイコム・ブレインズ (東京・千代田、西田忠康社長) の公開・映像講座が、プロジェクトマネジメントスキルの国際資格 Project Management Professional (PMP ®)の更新に必要な学習単位に承認された。
教育研修予算が増加、半数の企業が外国語習得を促進

教育研修予算が増加、半数の企業が外国語習得を促進

 産労総合研究所の教育研修費用の実態調査によると、教育研修予算が増加していることがわかった。
【メンタルヘルス特集(3)】“従業員が突然ダウン”のリスクを防ぐ セルフチェックツールで対応の優先度を見極める

【メンタルヘルス特集(3)】“従業員が突然ダウン”のリスクを防ぐ セルフチェックツールで対応の優先度を見極める

 メンタルヘルス対策の重要性が高まる中、職場や人事担当者の負荷が大きくなってきている。メンタル不調者を出さないためには、事前の予防措置が最も効果的な対策だ。相談窓口、カウンセリング、研修などの支援サービスの利用を検討する際には、まず従業員の状況を適切に把握しておくことが欠かせない。  最近は、数少ない人事担当者が従業員の“心の健康状態”を把握するために、従業員が自らのストレス状況を確認できるセルフチェックツールを導入するケースが増加している。セルフチェックツールを活用している人事担当者に、今起きている課題、そして具体的な対策について聞いた。
「ゆとり教育世代」の導入研修事情  マナーの欠落や問題解決力の低下が教育担当者の悩みの種に

「ゆとり教育世代」の導入研修事情  マナーの欠落や問題解決力の低下が教育担当者の悩みの種に

近年、新入社員の導入研修を大幅に拡充する動きが広がっている。いうまでもなく、ゆとり教育世代への対応である。従来なら、ある程度の成績優秀者は社会に出ても周囲と協調し、チームワークを保ちながら仕事ができる能力を身につけていたものだ。しかし、最近は成績が優秀であっても社会人としてのマナーの欠落や問題解決力の低下が教育担当者の悩みの種になっている。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部(人材サービス担当) 編集部(人材サービス担当)

◆次世代事業経営ゼミナール(第5期)~ものづくり企業の国内外事業運営の基幹要員の育成【8月開講】