2016年3月10日

職場における女性社員の不平等感根強く ヘイズ・ジャパン意識調査

 日本の企業では賃金や活躍の機会に対する職場における女性の不平等感が根強いことが、国内でグローバルな人材紹介事業を運営するヘイズ・ジャパンが社会人を対象に実施した「ジェンダーダイバーシティー意識調査」の結果から分かった。

 (851)

賃金の平等性に「はい」と回答した男性が約7割を上回ったのに対し、女性は半数だった。平等な活躍の機会においても男性が6割に対し女性は約半数に留まり、いずれも女性の方が会社に不平等を感じている。

 また、回答者が勤める企業トップは9割以上が男性で、直属の上司の性別も男性が8割以上だった。管理職クラスが男性中心の日本企業では、職場における女性の不平等感が根強く女性活躍推進の大きな課題となっている。

 ヘイズ・ジャパンでは、こうした日本企業が抱える問題に対して労働時間や勤続年数などに関係なく、目標に対するパフォーマンスで個人を評価するシステムの導入を提案している。
2 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

【サプライチェーンの中途採用】調達戦略見直しで、バイリンガル・経営戦略の知識を備えた人材に需要

【サプライチェーンの中途採用】調達戦略見直しで、バイリンガル・経営戦略の知識を備えた人材に需要

ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン マーク・ブラジ マネージングディレクター
人材紹介会社のヘイズがリクルートメント・インターナショナル・アワードを2年連続受賞

人材紹介会社のヘイズがリクルートメント・インターナショナル・アワードを2年連続受賞

 外資系人材紹介会社ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン(東京・港、マーク・ブラジ マネージング・ディレクター)は、英国Recruitment Internationalが主催する「Recruitment International Awards 2016」(リクルートメント・インターナショナル・アワード)で、採用アウトソーシング部門の最優秀賞を2年連続で受賞した。
スキル不足の企業が人材育成を強化 求人ではジュニアレベルの候補者への注目度高まる ヘイズ・ジャパン採用動向レポート

スキル不足の企業が人材育成を強化 求人ではジュニアレベルの候補者への注目度高まる ヘイズ・ジャパン採用動向レポート

 人材紹介のヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン(東京・港、マーク・ブラジ マネージング・ディレクター)は、2016年4月~6月期の採用動向レポートを発表した。レポートの中で、社員のスキル不足に直面する企業が積極的に社員教育に取り組み、自ら人材を育成しようとし始めており、求人では今後ジュニアレベルの候補者への注目度が高まると指摘している。
【外資系企業の中途採用動向】人事関連業務を包括的に管理できるプロフェッショナルに強い需要

【外資系企業の中途採用動向】人事関連業務を包括的に管理できるプロフェッショナルに強い需要

ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン ジョナサン・サンプソン マネージング ディレクター
グローバルマインドを持つ人材が不足する日本

グローバルマインドを持つ人材が不足する日本

企業の採用責任者の頭を悩ませているのが、英語によるコミュニケーション力と高度な専門スキルを持つ人材の確保だ。こうした人材の紹介を専門に行うヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパンで責任者を務めるジョナサン・サンプソン氏に、企業の採用動向や課題などについて聞いた。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部(人材サービス担当) 編集部(人材サービス担当)

セミナー・イベント

プレスリリース