2017年4月27日

職場にあると良いと思う制度、1位は「在宅勤務」 ソニー生命調べ

 職場にどのような働き方や制度があると良いと思うか聞いたところ、「在宅勤務」と答えた人が最も多いことが、ソニー生命保険(東京・千代田、萩本友男社長)が実施した「女性の活躍に関する意識調査2017」で分かった。

 (11981)

 全回答者1000名に、ワーク・ライフ・バランスに関連して職場にどのような働き方や制度があると良いと思うか聞いたところ、「在宅勤務」が58.5%と最も多く、次いで「時短勤務」52.2%、「フレックス制」47.6%となった。「プレミアムフライデー(毎月最終金曜日は午後3時に仕事を終える)」は23.6%で9位だった。

 「在宅勤務」と「時短勤務」については半数以上があると良いと思うと回答しており、働く場所や時間などを自分でコントロールできる制度があると良いと考えている女性が多いことが分かった。
 
 子どもがいる女性についてみると、「社内保育園」は52.2%と半数以上、「子連れ出勤可」は35.3%と3人に1人の割合となった。

 有職女性を対象にキャリアについて聞くと、「今後(も)、バリバリとキャリアを積んでいきたい」は37.0%、「管理職への打診があれば、受けてみたい」は19.8%となった。

 4割弱がバリバリとキャリアを積んでいきたいと回答している一方で、管理職に就いてみたいと回答したのは2割に満たない結果で、管理職に就くことに抵抗がある人が少なくないようだ。

 「女性が社会で働くには、不利な点が多い」と思うか聞くと「そう思う」は79.5%に上り、働く女性の8割が働きづらさを感じていた。

 専業主婦を対象に就業願望についてを聞くと、「本当は外に働きに行きたい」は38.1%、「子育て後の再就職は厳しい」は77.6%となった。

 この結果について、ソニー生命保険は「子育て後の再就職を後押しするような改革が推し進められたとしたら、今後さらに働く女性が増えるかもしれない」と分析している。

 調査は「女性の活躍に関する意識調査2017」をインターネットリサーチで実施し、1000人の有効サンプルの集計結果を公開した。

おすすめの記事

セクハラ発言で出勤停止処分 最高裁が有効と判断

セクハラ発言で出勤停止処分 最高裁が有効と判断
平成27年2月26日、最高裁で、身体的接触を伴わないセクハラに対する出勤停止という重い懲戒処分を有効とした判決がなされ(L館事件:最高裁HP http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/883/084883_hanrei.pdf)、多くの報道がなされる等注目を集めました。また本事件は、ある行為の懲戒事由該当性や出勤停止処分の相当性につき、大阪地裁、大阪高裁及び最高裁で判断が分かれた点もあり、セクハラに関する対応の難しさも示すものとなりました。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

働き方改革が本格始動 2016年に顕在化した人事・労務の6テーマ

働き方改革が本格始動 2016年に顕在化した人事・労務の6テーマ

2016年の人事・労務の特徴を一言でいえば、人材不足の顕在化に対応した採用力強化や定着を促す官民を挙げた「働き方改革」が本格的に始動した年だった。(文・溝上憲文編集委員)
役職者に占める女性の割合が最も高いのは“高知県”、関東・東海では低い傾向

役職者に占める女性の割合が最も高いのは“高知県”、関東・東海では低い傾向

 課長級以上に占める女性の割合がもっとも高いのは高知県で、2013年から2015年の平均が22.7%に上っていることが、厚生労働省がまとめた「2016年版 働く女性の実情」で明らかとなった。
女性活躍推進 7割以上の企業が「短時間勤務」の効果を実感

女性活躍推進 7割以上の企業が「短時間勤務」の効果を実感

 日本生産性本部の「コア人材としての女性社員育成に関する調査」によると、女性の活躍推進の取り組みとして、7割以上の企業が「出産・育児・介護のための短時間勤務制度」の効果を感じていることが分かった。
人事専門家に聞いた 2017年 人事の最重要テーマは次世代リーダーの育成

人事専門家に聞いた 2017年 人事の最重要テーマは次世代リーダーの育成

ビジネスのグローバル化や少子高齢化による労働力人口の減少など、経営環境の変化に対して従来型の人事では対応が難しくなっている。「2017年の人事の重要テーマ」を、企業の採用、育成・研修、組織力強化などを支援する専門家50人に対してアンケート調査で聞いた。
社会全体で男女の地位が“平等”になっていると思う人は2割

社会全体で男女の地位が“平等”になっていると思う人は2割

 社会全体で男女の地位は“平等”になっていると思っている人はわずか21.1%にとどまり、“男性の方が優遇されている”と回答した人は74.2%にも上っていることが、内閣府が実施した「男女共同参画社会に関する世論調査」で分かった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース