2017年11月7日

2017年度、大企業89.7%、中小企業66.1%で賃上げを実施

 賃金の引上げを実施した大企業の割合は前年度90.1%、今年度89.7%となり、前年に続き多くの企業で賃上げが実施されたことが、経済産業省の「企業の賃上げ動向等に関するフォローアップ調査」で分かった。

 (13504)

 賃金を引上げた大企業のうち、ベースアップを実施している企業は前年度57.7%、今年度53.9%と、前年同様、半数以上の企業がベースアップを実施した。2年連続で賃金を引き上げた企業のうち、2年連続でベースアップを実施した企業は50.6%に上った。

 賃金体系や給与原資の配分を見直す際に重視した要素は、「仕事(職務)や役割」が35.1%、「業績や貢献度」が27.8%となったほか、「子育て・介護等、家庭環境やライフステージ」とする企業も23.8%と高かった。

 また、非正規雇用労働者の処遇改善を実施または実施予定とした企業はは53.2%と半数を超えた。具体的には、「月例給与の引上げ」は51.4%、「月例給与の引上げ成果報酬制度の導入または拡充」が16.9%となったほか、「育児・介護支援手当・家族手当」などを導入・拡充した企業も6%と一定数みられた。

 非正規雇用労働者のキャリアアップ支援は63.9%が実施した。具体的には、「正規雇用への転換を行った」が最も多く76.5%に上った。次いで「外部研修の補助」が27.6%、「社内研修の拡充(英語研修、ITスキル研修等)の実施」が26.2%と続いた。

 働き方の多様化につながる取組を実施している企業は84.2%となった。具体的には、「時短勤務制度の導入」が最も多く68.6%。次いで「テレワーク、在宅勤務制度等の導入」46.8%、「新たな休暇制度・勤務体制の導入」34.8%、「託児所等の保育施設の設置」15.4%などもあがった。

 一方、中小企業では、今年度賃金の引上げを実施した企業の割合は、正社員で66.1%(前年度59.0%)、非正規社員で36.5%(同32.9%)となり、昨年度より増加した。

 賃金を引上げた企業の引上げ理由のうち、最も多かったものは、正社員、非正規社員ともに「人材の採用・従業員の引き留めの必要性」(正社員49.2%、非正規社員47.0%)だった。

 次いで多かったのは、正社員は「業績回復・向上」(34.3%)だったが、非正規社員は「最低賃金引上げのため」が多く38.3%となった。

 賃金を引上げた中小企業のうち、2017年度に月例給与を引上げた企業は92.0%、賞与・一時金を増額した企業は24.9%ととなり、いずれも昨年度より増加した。

 月例給与を引き上げた中小企業のうち、「定期昇給」は75.5%、「ベースアップ」は33.1%となった。ベースアップを行った企業は前年(29.5%)よりも増加している。

 大手企業調査は、東証一部上場企業を対象に実施し、364社の回答を得た。
 中小企業調査は、中小企業を対象に実施し、8310社の回答を得た。

おすすめの記事

人事実務の重要判例「同一労働同一賃金」長澤運輸事件高裁判決

人事実務の重要判例「同一労働同一賃金」長澤運輸事件高裁判決
最近の労働裁判例の中から、人事実務の参考になる重要な裁判例として、長澤運輸事件の東京高裁判決(東京高等裁判所平成28年11月2日判決)を紹介します。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

一般労働者の賃金30万4300円、女性の賃金は過去最高

一般労働者の賃金30万4300円、女性の賃金は過去最高

 一般労働者の賃金は30万4300円(年齢42.5歳、勤続12.1年)となっていることが厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」で分かった。男性は33万5500円(年齢43.3歳、勤続13.5年)、女性は24万6100円(年齢41.1歳、勤続9.4年)だった。
春季賃上げの平均妥結額7033円、賃上げ率は3年ぶりに前年比増

春季賃上げの平均妥結額7033円、賃上げ率は3年ぶりに前年比増

 資本金10億円以上で従業員1000人以上の企業334社の春季賃上げの平均妥結額は7033円となったことが、厚生労働省の集計で分かった。賃上げ率は2.26%で3年ぶりに前年比増となっている。
2018年度に正社員の採用予定がある企業6割超の高水準、採用予定のない企業は13年ぶりの低水準

2018年度に正社員の採用予定がある企業6割超の高水準、採用予定のない企業は13年ぶりの低水準

 帝国データバンクの調査によると、2018年度に正社員の採用予定がある企業は4年連続で6割を超えた。一方、採用予定のない企業は8年連続で減少し、13年ぶりの低水準となった。
5割超の企業で正社員不足、調査開始以降最高水準を推移

5割超の企業で正社員不足、調査開始以降最高水準を推移

 現在の従業員の過不足状況を聞くと(「該当なし/無回答」を除く)、正社員が「不足」していると回答した企業は51.1%で、調査開始(2006年5月)以降、最高水準で推移していることが帝国データバンクの調査で分かった。「適性」は41.2%、「過剰」は7.6%だった。
2018年度は過去最高となる5割超の企業で賃金が改善する見込み

2018年度は過去最高となる5割超の企業で賃金が改善する見込み

 帝国データバンクが実施した賃金動向に関する企業の意識調査によると、5割を超える企業で2018年度の正社員の賃全が改善される見込みであることが分かった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース