2017年3月22日

人材確保の困難さが生産性向上のボトルネック、人材育成・スキルアップ強化へ

 東京商工会議所(三村明夫会頭)が中小企業を中心とする会員企業を対象に実施した「生産性向上・ICT活用状況に関するアンケート調査」によると、人材確保の困難さが生産性向上のボトルネックとなっている実態が明らかとなった。

 (11747)

 生産性向上を進めるためのボトルネックのうち「内部要因」として最も多かったのは「人材確保が困難であること」(47%)だった。

 次いで「競合による低価格化」(33%)、「営業力・マーケティングの不足」(32%)が続いた。

【生産性向上を進めるためのボトルネック・内部要因】
1位 人材確保が困難であること 47%
2位 競合による低価格化 33%
3位 営業力・マーケティングの不足 32%
4位 社員教育、育成が困難 27%
5位 諸経費上昇に伴う値上げ等が困難 19%

 従業員規模別に見ると、「人材確保が困難」は全ての規模の企業において上位3位以内に挙がっている。101~300人の企業では「人材確保が困難」な企業が64%にのぼった。

 業種別に見ると、「人材確保が困難」の回答が6割を超えたのは「ソフトウェア・情報処理業」(74%)、「飲食業」(67%)、「建設業」(65%)、「運輸業」(62%)の4業種だった。

 生産性向上のために行っている取り組みは、1位「適材適所の人員配置」(43%)、2位「社員のコミュニケーションの円滑化」(38%)、3位「人材育成・スキルアップ」(37%)となった。

 今後強化する取り組みは、1位「人材育成・スキルアップ」(40%)、2位「ムダな作業・業務の削減」(36%)となった。

 「在宅勤務等柔軟な働き方の導入」は現在取り組んでいる企業は9%と少ないものの、今後導入を検討する企業は26%となっており、東京商工会議所では「人手不足が深刻化する中、働き方改革により人材確保を模索する姿がうかがえた」と分析している。

 調査は、2016年12月1日~20日、東京商工会議所会員企業1万社を対象に実施し、1087社の回答を得た。

おすすめの記事

同一労働同一賃金で注目される長澤運輸事件・東京地裁判決

同一労働同一賃金で注目される長澤運輸事件・東京地裁判決
一億総活躍国民会議(2月23日)における安倍総理大臣の指示に基づき、3月23日以降、厚生労働省職業安定局が実施する検討会(同一労働同一賃金の実現に向けた検討会)において「同一労働同一賃金」の実現に向けた具体的方策について検討が進められています。そのような中、5月13日に言い渡された長澤運輸事件の東京地裁判決(労判1135号11頁)が注目を集めています。皆さんの中には実際に判決文をお読みになった方もいらっしゃるかもしれません。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

2019年度に正社員の採用予定がある企業は高水準ながら3年ぶりに減少

2019年度に正社員の採用予定がある企業は高水準ながら3年ぶりに減少

 2019年度に正社員の採用予定がある企業は5年連続で6割を超えたものの、3年ぶりに減少に転じたことが、帝国データバンクの「雇用動向に関する企業の意識調査」で明らかとなった。
企業のリスクは「自然災害」が3年連続でトップ、成長市場であるアジアでは「価格競争」や「人材不足」に過敏

企業のリスクは「自然災害」が3年連続でトップ、成長市場であるアジアでは「価格競争」や「人材不足」に過敏

 監査法人のトーマツが実施した「企業のリスクマネジメントおよびクライシスマネジメント実態調査」(2018年版)によると、企業が国内で優先対応すべきと考えているリスクは3年連続で「自然災害」が最も多く挙がった。
日本で働く外国人は146万人超と過去最多、前年比14.2%増

日本で働く外国人は146万人超と過去最多、前年比14.2%増

 日本で働く外国人が146万人超と過去最多となったことが、厚生労働省の「外国人雇用状況」の届出状況のとりまとめで分かった。(2018年10月末現在)
長時間労働・残業時間の削減に取り組んだ企業は6割超

長時間労働・残業時間の削減に取り組んだ企業は6割超

 「働き方改革」として「長時間労働削減のための労働時間管理の強化」と「残業削減の推進」に取り組んだ企業は6割を超えていることが、厚生労働省の11月の労働経済動向調査で分かった。
他人ごとではない!?雇用延長における現役世代への影響

他人ごとではない!?雇用延長における現役世代への影響

働き方改革によって日本の「長時間労働」は是正されつつあるが、一方で政府は日本人の長“期間”労働の促進に舵を切ろうとしている。(文・溝上憲文編集委員)
非正規よりも正社員の採用で人材確保へ、未充足求人は5産業で6割超え

非正規よりも正社員の採用で人材確保へ、未充足求人は5産業で6割超え

 人手不足に対して非正規よりも正社員の採用で人材を確保しようと考えている企業が多いことが、厚生労働省の8月の労働経済動向調査で分かった。
5年連続で就職が離職を上回る、入職超過率も前年比拡大

5年連続で就職が離職を上回る、入職超過率も前年比拡大

 新しく就職した人の割合が離職した人の割合を5年連続で上回ったことが、厚生労働省が発表した2017年の雇用動向調査結果で分かった。入職超過率は前年より0.3ポイント拡大している。
2019年の新卒採用は“予定数の確保が難しい”が3社に1社 マイナビ調べ

2019年の新卒採用は“予定数の確保が難しい”が3社に1社 マイナビ調べ

 2019年卒学生の採用について3社に1社が「採用予定数の確保は難しい」と回答していることが、マイナビ(東京・千代田、中川信行社長)の実施した「2019年卒マイナビ企業採用活動調査」で明らかとなった。
8割超で賃上げ実施、主な理由は「従業員の引き留めのため」

8割超で賃上げ実施、主な理由は「従業員の引き留めのため」

 2018年の賃上げ実施企業は82.2%に上ることが東京商工リサーチの調査で明らかとなった。賃上げをした理由は「雇用中の従業員の引き留めのため」が過半数を占め、特に中小企業で切実なようだ。
2019年新卒採用予定者、「増加」とする事業所が「減少」とする事業所を上回る

2019年新卒採用予定者、「増加」とする事業所が「減少」とする事業所を上回る

 2019年の新卒採用予定者数は、すべての学歴で前年と比べて「増加」するとした事業所が「減少」とする事業所を上回ったことが、厚生労働省の5月の労働経済動向調査で分かった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部