2018年8月13日

労働時間管理と非正規社員の待遇格差を見直す

働き方改革がいよいよ法制化され、時間外労働の上限規制や同一労働同一賃金への本格的な対応に迫られる。労働時間管理と非正規社員の待遇格差の見直しにおける人事実務の対応ポイントについて、社会保険労務士の細川芙美氏に解説してもらった。

 (23336)

細川芙美 社会保険労務士(汐留社会保険労務士法人)

時間外労働の上限設定

 「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律案」で主軸となる「長時間労働の是正、多様で柔軟な働き方の実現等」について、企業人事が求められる対応ポイントの1つ目は、労働基準法の改正によって労働時間に関する制度の見直しが図られ、時間外労働について絶対的な上限が設けられることです。

 時間外労働の上限の原則は、月45時間、年間360時間で現在と変わりはありませんが、法律に規定され規制されます。また、特別条項付きの36協定を提出することで認められていた、やむを得ない場合の例外措置としての時間外労働にも上限が設定されます。次の4つの歯止めが新たにかけられます。
(1) 年間の時間外労働は月平均60時間(年720時間)以内

(2)休日労働を含んで、2カ月ないし6カ月平均は80時間以内⇒休日労働を含んで、2カ月、3カ月、4カ月、5カ月、6カ月平均でいずれにおいても80時間以内

(3)休日労働を含んで、単月は100時間未満

(4)月45時間を超える時間外労働は、年6回まで

 特に大きなポイントは(2)、(3)でしょう。(2)は月をまたいで時間外労働の時間管理が必要となりますので注意が必要です。また、これらの上限規制は罰則付きで、労働基準法70年の歴史の中で画期的な法改正と言われています。

月をまたいで時間外労働の時間管理が必要になる

●時間外労働の上限規制導入のイメージ

●時間外労働の上限規制導入のイメージ

(出所)厚生労働省「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律案の概要」

年次有給休暇の取得義務化

 2つ目は年次有給休暇の取得の義務化です。「2020年までに有給休暇取得率を70%とする」との政府の数値目標の下に、年次有給休暇の取得が義務付けられます。16年の有給休暇の取得率は49.4%でした。

 使用者は、年に10日以上の年次有給休暇が付与される労働者に対し、そのうちの5日について、毎年時季を指定したうえで消化させなければならないという内容が規定される見込みとなっています。

 現在は、企業側から社員に対し、有給休暇の取得を促進する義務はありませんが、改正により会社に取得促進が義務付けられます。ただし、社員の時季指定(社員自らが休暇を申請)や計画的付与により取得された有給休暇の日数分については、会社からの時季指定は必要ありません。
10 件

関連する記事

【働き方改革推進の一手】テレワーク導入の実務と課題

【働き方改革推進の一手】テレワーク導入の実務と課題

多様で柔軟な働き方の実現のため、時間や場所を有効に活用できる「テレワーク」の導入が広がっている。テレワーク導入にあたり、よく聞かれる懸念点の解消法や導入のポイントについて、社会保険労務士の本間照美氏に解説してもらった。
残業規制、年休義務化、同一労働同一賃金 施行直前チェックリスト

残業規制、年休義務化、同一労働同一賃金 施行直前チェックリスト

昨年の働き方改革関連法の成立に伴って、4月から順次、労働基準法をはじめとする関連法令の改正が施行される。施行が直前に迫る中、確認すべき人事実務のポイントを社会保険労務士の細川芙美氏に解説してもらった。
就業規則の見直し待ったなし  残業上限規制、同一労働同一賃金対応チェックリスト

就業規則の見直し待ったなし  残業上限規制、同一労働同一賃金対応チェックリスト

2019年4月以降に順次予定される働き方改革関連法案の施行に向け、時間外労働の上限規制や同一労働同一賃金への本格的な対応に迫られる。これらを実践する上で、就業規則をどのように改訂するかについて、特定社会保険労務士の小宮弘子氏に就業規則改訂のポイントを解説してもらった。

人事向け限定情報を配信中