2017年6月12日

2018年卒学生の内定率6割超の高水準 ディスコ調べ

 2018年卒学生の採用面接が6月1日に解禁されたばかりだが、6月1日現在の内定率は6割を超える高水準となっていることが、人材サービスのディスコ(東京・文京、新留正朗社長)の調査で分かった。

 (12451)

 6月1日現在の内定率は63.4%。先月調査(5月1日現在)の37.5%から1カ月で25.9ポイント増と、大きく上昇した。前年同期実績(54.9%)と比較しても8.5ポイント上回っており、前年よりも企業の内定出しが早まった様子が表れている。

高い内定率についてディスコでは「63.4%というのは、5年前の2013年卒者の6月の内定率(62.3%)と同水準であるが、当時の選考解禁は今より2カ月早い4月1日であったことを考えると、いかに今年の内定出しが早いのかが分かる」とした。

 また、この理由について「深刻な人手不足を背景に、優秀な人材の確保に危機感を募らせる企業の姿が透けて見える」とコメントしている。

 内定取得学生のうち就職先を決めて就職活動を終了したのは40.2%。前年同期(30.7%)を10ポイント近く上回り、就職先決定のタイミングも早まっている。

 ただし、内定者のうち過半数(54.6%)は就職活動を継続していると回答した。

 モニター学生全体を分母にとると、調査時点で就職先を決定して就職活動を終了した人は25.5%。複数内定を保留しているなど未決定である人(3.3%)を合わせると28.8%と4人に1人に上り、前年同期(19.8%)より9.0ポイント多い。

 一方で、活動継続者は「内定あり」(34.6%)、「内定なし」(36.6%)を合わせて71.2%となっている。

 調査は、2017年6月1日~5日、2018年3月に卒業予定の大学4年生(理系は大学院修士課程2年生含む)を対象にインターネットで実施し、1259人の回答を得た。(文系男子421人、文系女子350人、理系男子325人、理系女子163人)

おすすめの記事

パワハラの判断基準と不適切な注意・指導の防止策

パワハラの判断基準と不適切な注意・指導の防止策
今日において、「パワーハラスメント」やこれを略した「パワハラ」という用語は社会的に定着した用語として一般に用いられており、この用語を知らない人はいないと言っても過言ではないでしょう。したがって、企業においては、規模や業種を問わず、パワハラ対策は優先的に取り組むべき課題であることを認識しておく必要がありますので、パワハラ問題の難点や裁判例の考え方を解説します。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

2018年卒学生の7月1日の内定率8割超、全地域で8割を超える ディスコ調べ

2018年卒学生の7月1日の内定率8割超、全地域で8割を超える ディスコ調べ

 2018年卒学生の採用面接が解禁されて1カ月経った7月1日現在の内定率は、前月比19.8ポイント増となる83.2%となっていることが、人材サービスのディスコ(東京・文京、新留正朗社長)の調査で分かった。
大学生の就職内定率97.6% 2年連続で過去最高値を更新

大学生の就職内定率97.6% 2年連続で過去最高値を更新

 今春卒業予定の大学生の就職内定率が97.6%となったことが分かった。厚生労働省と文部科学省が就職内定状況等を共同で調査し、4月1日現在の状況を取りまとめた。
2018年卒学生の4月1日時点の内定率14.6%、中堅企業の内定出しが増加 ディスコ調べ

2018年卒学生の4月1日時点の内定率14.6%、中堅企業の内定出しが増加 ディスコ調べ

 人材サービスのディスコ(東京・文京、新留正朗社長)の学生モニター調査によると、2018年卒学生の4月1日時点の内定率は14.6%で、前年同期に比べ内定の前倒しが進んでいることが分かった。
大学生の就職内定率 過去最高の90.6%

大学生の就職内定率 過去最高の90.6%

 今春卒業予定の大学生の就職内定率が90.6%となったことが分かった。厚生労働省と文部科学省が就職内定状況等を共同で調査し、2月1日現在の状況を取りまとめた。
インターンシップ参加後に企業から接触を受けた学生が77% ディスコ調査

インターンシップ参加後に企業から接触を受けた学生が77% ディスコ調査

 人材サービスのディスコ(東京・文京、新留正朗社長)の学生モニター調査によると、インターンシップ後に企業から接触を受けた学生が7割強に達していることが分かった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース