2012年3月27日

グローバル化で加速する経営人材の獲得 リテインド・サーチの現場から

 企業のグローバル化が進行する中、経営幹部やスペシャリスト採用でリテインド・サーチを活用し始めた日本の企業が増えている。一般的な人材紹介との違いや活用事例について、グローバルな人材サーチ大手4社のリテインド・サーチの現場を取材した。

 (6999)

海外事業の拡大で経営人材の需要が増加

 リーマン・ショックを契機とした景気の低迷は、日本の消費市場の縮小という問題を改めて企業に突きつけるきっかけとなり、海外進出を大きく加速させることになった。また、東日本大震災によって拠点の分散化を進める動きもでており、中小企業をも巻き込んだグローバル化が一層進みそうだ。
 グローバル化による企業の経営戦略の変化について、妹尾輝男日本コーン・フェリー・インターナショナル社長は次のように話す。
 「リーマン・ショック以後、日本企業は業績を回復させるため、中国・アジア、インドなどの新興国市場へ進出したり、世界各国の現地法人を強化しています。また、円高が進行していることもあり、米国や欧州でも日本企業によるM&Aが検討されています」
 M&A情報会社レコフのデータによれば2010年の日本企業の外国企業に対するM&Aは371件で前年比24.1%増であった。2011年1~3月期も増加傾向で、前年同期の86件から13件(15.1%) 増加して99件となっている。金額ベースでは、日本企業による外国企業の買収の割合は、M&A全体の52.5%と5割を超えている。
 金額上位10件のうち、日本の企業による外国企業の買収は6件を占める。
 最近の大型M&Aをみると、「テルモが米医療機器メーカーのカリディアンBCTを買収、輸血関連機器分野で世界シェア5位から首位に」「キリンホールディングスが中国の華潤(集団)グループで香港の食品・飲料大手、華潤創業(CRE)と中国での清涼飲料事業を統合する。中国全土に最大級の店舗網をもつ有力パートナーと組み、中国の清涼飲料市場でリーディングカンパニーを目指す」
 海外での敵対的M&Aの動きも本格化している。
 「アステラス製薬や関西ペイント、王子製紙などに続き、アドバンテストが、システムLSI(大規模集積回路)向け検査装置世界3位の米ベリジーに対し買収提案をし、このほど正式合意した。米テラダインを抜き、世界最大手となる」というように、海外事業の強化に向けたグローバルなM&Aが加速している。
 日本企業のグローバル市場への本格参入に伴って、「現地法人の強化、新興市場の開拓、M&Aによる事業拡大などの理由で、海外において企業経営をマネジメントできる経営幹部、海外市場を開拓できる人材、金融・投資・M&A・法務に通じたスペシャリストが求められている」(妹尾氏)のである。
 こうした状況を背景に、経営幹部の獲得を専門とし、グローバルなネットワークを持つサーチ会社を利用する日本企業が増え始めている。

人材獲得を成功させるアセスメントの重要性

 サーチ会社の人材獲得手法は、一般的にはヘッドハンティングと呼ばれ、多様なサービス形態が存在する。
 今回取材した4社は、経営トップ(CEO、COO)や経営幹部(CFO、CIOなど)、そして専門性の高いスペシャリストを対象とするエグゼクティブ・サーチ会社であり、リテーナー方式のフィー体系をとるグローバルなリテインド・サーチ会社である。
45 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

新たな環境を乗り越えていくニューリーダーの条件 日本コーン・フェリー・インターナショナル 妹尾輝男社長 

新たな環境を乗り越えていくニューリーダーの条件 日本コーン・フェリー・インターナショナル 妹尾輝男社長 

グローバル化の進展などによって日本企業を取り巻く環境が大きく変化している。経営幹部層の獲得や人材アセスメントの実態に詳しい日本コーン・フェリー・インターナショナル社長の妹尾輝男氏に、日本企業の人材戦略の課題や今後求められるリーダーの条件などについて聞いた。
経営幹部を外部から採用する企業の狙いと獲得手法 島本パートナーズ 安永雄彦社長

経営幹部を外部から採用する企業の狙いと獲得手法 島本パートナーズ 安永雄彦社長

経営組織課題の解決を目的に、経営幹部を外部から採用する企業が増えている。経営者や経営幹部、専門分野のプロフェッショナルを対象とするエグゼクティブ・サーチを手掛ける島本パートナーズの安永雄彦社長に、経営幹部を外部から採用する企業の狙いや人材獲得の手法について聞いた。
AI・IoT人材の採用を成功に導き、企業の成長と変革に貢献する 兆 近藤保代表取締役

AI・IoT人材の採用を成功に導き、企業の成長と変革に貢献する 兆 近藤保代表取締役

さまざまな分野でAI・IoTの活用が本格化する中、エンジニアや事業開発を担える人材の獲得競争が激しくなっている。AI・IoT分野専門のコンサルタントを擁し、クライアントの採用を支援しているエグゼクティブ・サーチ会社、兆(きざし)の近藤保代表取締役にコンサルティングの特徴や採用事例などを聞いた。
【著者が語る】正解が見えない課題を圧倒的に解決する 超仮説思考

【著者が語る】正解が見えない課題を圧倒的に解決する 超仮説思考

コーン・フェリー・ヘイグループ 高野研一 代表取締役社長

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース