2015年10月23日

【ベンチャー企業の中途採用】中途採用の強化で第二新卒対象の営業職の募集が増加

アールナイン 長井 亮 代表取締役社長

 (3465)

 自社でWEBサービスを展開しているベンチャー企業は、2015年夏以前と変わらずエンジニアの募集を継続しています。特に夏は大手企業が新卒採用などに注力していたことから、中途採用が手薄となっており、新卒採用を行っていないベンチャー企業は、ここぞとばかりに中途採用を強化しています。
 その中でも第二新卒を対象とした営業職の募集が増加。新卒採用にパワーをかけられないベンチャー企業では、自社に合った人材育成をしていくため、まだ色に染まっていない第二新卒に狙いを絞っています。業界でいくと、人材・広告・メディカル・通信など。人物重視の採用を行っています。
 採用を強化しているベンチャー企業も2つのタイプに分かれています。資金調達をてこに収益化の加速を目的として積極採用する企業と、地道に自社のビジネスモデルを模索しつつ、拡大に向かっている企業です。前者では資金力をバックに大量採用を実施。転職サイトでの広告プロモーションや、人材紹介を通して求人を多く出しています。
 一方後者は、極力予算をかけずに活動しようと、SNSの利用などコストパフォーマンスの良い手法を選んでいます。転職情報を収集するリソースによっては求人企業の顔ぶれが大きく変わってくるため、求職者は様々な転職手段を利用することで、多くの情報を得ることができます。

 また素養系の求人も増えていることから、まずは企業に話を聞いてから判断するのも一つの方法かと思います。
 採用を成功させている企業に共通することは、将来のビジョンや会社で働いている人たちの素顔、雰囲気などを伝えていることです。大手企業にはハードデータでは勝てませんので、入社した後の成長感や仲間意識、そういった人間的な部分での差別化が重要です。
 会社のホームページに働く従業員の素顔を載せてみたり、面接の時にいきなり面接を始めるのではなく、まずは会社の説明をしっかりと行ってから始めるなど、一工夫するだけでも、求職者の入社意欲醸成に繋げることが可能となります。
7 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

第二新卒層の転職支援を専用チームで強化 レバレジーズ

第二新卒層の転職支援を専用チームで強化 レバレジーズ

 レバレジーズ(東京・渋谷、岩槻知秀代表)は、運営する若年層向け正社員就職支援サービス「ハタラクティブ」で若手優秀層と優良企業とをつなぐ役目を持つ専門チームによる第二新卒層の転職サポートを強化する。年内に100人の転職支援を目指す。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部(レポート担当) 編集部(レポート担当)

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース