2018年3月2日

2018年1月の有効求人倍率1.59倍、前月と同水準の高止まり

 厚生労働省が発表した2018年1月の有効求人倍率(季節調整値)は1.59倍で、1990年(1.46倍)以降の最高値を記録した前月と同水準となった。

 (14325)

 新規求人倍率(季節調整値)は2.34倍で、前月を0.04ポイント下回った。正社員有効求人倍率(季節調整値)は1.07倍で、前月と同水準となった。

 有効求人(季節調整値)は前月に比べ0.6%減、有効求職者(季節調整値)は前月比1.2%減となった。

 新規求人(原数値)は前年同月比2.3%増。産業別にみると、製造業(8.0%増)、教育・学習支援業(4.9%増)、運輸業・郵便業(3.9%増)、医療・福祉(3.1%増)、建設業(2.4%増)などで増加となり、学術研究、専門・技術サービス業(6.5%減)、生活関連サービス業・娯楽業(0.6%減)、卸売業・小売業(0.1%減)で減少となった。

 都道府県別の有効求人倍率(季節調整値)は、就業地別の最高は富山県の2.16倍、最低は北海道と高知県の1.26倍、受理地別の最高は東京都の2.08倍、最低は沖縄県の1.17倍。

おすすめの記事

有期契約労働者の無期転換と労働契約の終了

有期契約労働者の無期転換と労働契約の終了
労働契約法18条1項前段によれば、有期契約労働者は、①同一の使用者との間で2つ以上の有期労働契約を締結し、②その有期労働契約の通算期間が5年を超えることとなった場合、その契約の開始時点で無期転換権を取得します。  無期転換権が行使された場合、使用者はその申込みを承諾したものとみなされ、その行使の時点で無期労働契約が成立します。使用者は、有期契約労働者の申込みを承諾したものと「みなされる」ので、申込みの拒否や有期契約労働者の選別をすることはできません 。  ここでは、解雇や͡雇止め、定年による労働契約の終了について説明します。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

2月の有効求人倍率1.58倍、前月比は5年超ぶりに減少

2月の有効求人倍率1.58倍、前月比は5年超ぶりに減少

 厚生労働省が発表した2018年2月の有効求人倍率(季節調整値)は1.58倍で、前月比は66カ月ぶりに0.01ポイント減少した。
2017年12月の有効求人倍率1.59倍、1990年以降の最高値を更新

2017年12月の有効求人倍率1.59倍、1990年以降の最高値を更新

 厚生労働省が発表した2017年12月の有効求人倍率(季節調整値)は1.59倍で、1990年(1.46倍)以降の最高値更新が続いている。
11月の有効求人倍率1.56倍、1990年以降の最高値を2カ月連続で更新

11月の有効求人倍率1.56倍、1990年以降の最高値を2カ月連続で更新

 厚生労働省が発表した11月の有効求人倍率(季節調整値)は1.56倍で、1990年(1.46倍)以降の最高値を2カ月連続で更新した。
10月の有効求人倍率1.55倍、1990年以降の最高値を更新

10月の有効求人倍率1.55倍、1990年以降の最高値を更新

 厚生労働省が発表した10月の有効求人倍率(季節調整値)は1.55倍で、1990年(1.46倍)以降の最高値を更新した。
9月の有効求人倍率1.52倍、3カ月連続の高水準をキープ

9月の有効求人倍率1.52倍、3カ月連続の高水準をキープ

 厚生労働省が発表した9月の有効求人倍率(季節調整値)は1.52倍で、3カ月連続で同水準を保った。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース