2017年7月26日

グローバル人材の新卒採用は増加するも、7割の企業で不足

 グローバル人材の採用は5割の企業で増加しているものの、いまだに約7割の企業が不足していると感じていることが、総務省が発表した「グローバル人材育成の推進に関する政策評価」で明らかとなった。

 (12902)

 グローバル人材の主要な需要者である海外進出企業に対して調査を行ったところ、“グローバル人材”に当てはまる新卒採用者は「やや増加」が39.1%、「増加」が11.5%となり、約5割の企業が増加傾向となった。「変化していない」は41.9%、「やや減少」は4.1%、「減少」は3.4%だった。

 海外事業に必要な人材の確保状況は、「どちらかといえば不足」が52.7%、「不足」が17.8%となり、約7割の企業が人材不足と回答した。

 グローバル人材の要素として、「語学力・コミュニケーション能力」は約6割の企業が向上・やや向上とする一方、「異文化理解の精神」は約5割、「主体性・積極性」は約3割にとどまる。

 “グローバル人材“育成のために企業が大学に求める取組は、1位「海外留学の促進」、2位「異文化理解に関する授業の拡充」、3位「ディベート等の対話型の授業の拡充」などとなった。

“グローバル人材“育成のために企業が大学に求める取り組み 上位5項目
1位 海外留学の促進
2位 異文化理解に関する授業の拡充
3位 ディベート等の対話型の授業の拡充
4位 英語授業の拡充
5位 外国人留学生・教員の受け入れによる学内国際化

 学生の理想的な海外留学期間は、約8割の企業が1年以上(47%)、または6カ月以上1年未満(35%)が理想と回答した。

 調査は、海外進出企業4932社を対象に実施し、980社の有効回答を得た。(WEBによるオンライン調査912社、実地調査68社)

試用期間で適性見極め解雇するためには~試用期間中の解雇、試用目的の有期契約の重要判例

試用期間で適性見極め解雇するためには~試用期間中の解雇、試用目的の有期契約の重要判例
多くの会社では、新卒採用か、中途採用かを問わず、正社員の採用に当たり、就業規則の規定に基づいて、一定の試用期間が設けられることがあります。今回は試用期間中の解雇、試用目的の有期契約の重要判例について解説します。
4 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

2018年新卒採用予定者は4学歴で「増加」、目的は“基幹的業務を担う者の確保”

2018年新卒採用予定者は4学歴で「増加」、目的は“基幹的業務を担う者の確保”

 2018年の新卒採用予定者数が前年と比べて「増加」するとした事業所は、学歴別にみて「高校卒」、「大学卒(文科系)」、「大学院卒」、「専修学校卒」の4学歴で2017年5月調査の割合を上回ったことが、厚生労働省の5月の労働経済動向調査で分かった。
未充足の求人がある事業所が53%、サービス業では71%

未充足の求人がある事業所が53%、サービス業では71%

 未充足の求人がある事業所が53%に上ることが、厚生労働省の2月の労働経済動向調査で分かった。サービス業は7割以上、医療・福祉業や宿泊・飲食サービス業では6割以上となっている。
日本で働く外国人が過去最多、100万人を超える

日本で働く外国人が過去最多、100万人を超える

 日本で働く外国人が過去最多となったことが分かった。厚生労働省が201610月末現在の状況を取りまとめた。
2017年の人材需要と採用の課題 深刻な若年労働力の不足で女性・シニアの活用本格化

2017年の人材需要と採用の課題 深刻な若年労働力の不足で女性・シニアの活用本格化

若年労働力の不足が深刻になる中、多様な労働力の活用が課題となっており、従来型の採用手法では人材確保が難しくなっている。2017年の日本の雇用情勢と企業の人材採用数の予測を、企業の人材採用を支援する主要人材コンサルティング会社50社を対象にアンケート調査で聞いた。
外国人留学生の採用積極化 グローバル化でニーズ拡大

外国人留学生の採用積極化 グローバル化でニーズ拡大

経済のグローバル化が急速に進んだことを背景に、企業が外国人留学生に熱い視線を送っている。団塊世代の大量退職と少子化にともなう慢性的な人材不足も後を押し、企業の採用意欲を高めている。 一方、現在、日本にいる外国人留学生は約12万人で、日本流のビジネススキルを身につけた「日本ファン」も多く、数年後の海外進出に備えグローバル化を支えるコア人材として、採用を積極化する企業が急増している。外国人留学生採用の実態を取材した。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース