2017年4月19日

2018年卒学生の4月1日時点の内定率14.6%、中堅企業の内定出しが増加 ディスコ調べ

 人材サービスのディスコ(東京・文京、新留正朗社長)の学生モニター調査によると、2018年卒学生の4月1日時点の内定率は14.6%で、前年同期に比べ内定の前倒しが進んでいることが分かった。

 (11959)

 4月1日の調査時点で内定を得ている学生は全体の14.6%となり、先月(3月1日)の6.0%から1カ月間で8.6ポイント増えた。前年同期(11.8%)と比べ2.8ポイント上回った。

 文理別に見ると、理系の男子16.3%、女子17.7%に対し、文系は男子13.8%、女子12.8%と、理系が先行している。

 内定取得学生のうち就職先を決めて就職活動を終了したのは18.0%で、前年同期(8.2%)より約10ポイント多かった。

 内定企業の業界は、「情報処理・ソフトウエア・ゲームソフト」が22.0%で最も多く、「調査・コンサルタント」(18.0%)が2位となり、先月(3月)調査とは順位が逆転した。

【内定を得た業界 トップ5】
1位 情報処理・ソフトウエア・ゲームソフト 22.0%
2位 調査・コンサルタント 18.0%
3位 建設・住宅・不動産 10.0%
4位 情報・インターネットサービス 9.5%
5位 専門店 7.5%

 内定を得た企業の従業員規模の比率を見ると、3月調査で「300~999人」は2割弱(18.2%)だったが、4月は26.2%と8ポイント増加。「1000人~4999人」も3月調査(29.1%)より増加した(33.1%)。

 一方、「299人以下」と「5000人以上」は割合が下がった。

 内定出しの現状について調査を行ったディスコは、「就職戦線序盤は、外資系コンサルティングファームやIT業界などのメガベンチャーや小規模ベンチャーが先んじて内定を出していたが、3月以降は中堅企業も内定を出し始めたことがうかがえる」と分析している。

 内定を得た企業のインターン参加経験をあわせて聞くと、内定企業の57.3%がインターンシップに参加した企業だった。3月調査(60.9%)より3.6ポイント減少したものの、依然として過半数を占める。

 調査は、2017年4月1日~6日、2018年3月に卒業予定の大学4年生(理系は大学院修士課程2年生含む)1368人を対象にインターネットで実施した。(文系男子484人、文系女子383人、理系男子337人、理系女子164人)

おすすめの記事

試用期間で適性見極め解雇するためには~試用期間中の解雇、試用目的の有期契約の重要判例

試用期間で適性見極め解雇するためには~試用期間中の解雇、試用目的の有期契約の重要判例
多くの会社では、新卒採用か、中途採用かを問わず、正社員の採用に当たり、就業規則の規定に基づいて、一定の試用期間が設けられることがあります。今回は試用期間中の解雇、試用目的の有期契約の重要判例について解説します。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

2019年卒学生の就職内定率は65.7%、面接解禁月から6割超の高水準 ディスコ

2019年卒学生の就職内定率は65.7%、面接解禁月から6割超の高水準 ディスコ

 2019年卒業予定者の大学生の採用面接が6月1日に正式に解禁され、就職活動が山場を迎えている。2019年卒学生の6月1日現在の内定率は65.7%で、5月1日現在(42.2%)より23.5ポイント上昇していることがディスコ(東京・文京、新留正朗社長)の調査で分かった。
就活中の学生の本音、働き方の理想は“私生活優先”、“チームで仕事”

就活中の学生の本音、働き方の理想は“私生活優先”、“チームで仕事”

 2019年3月卒業予定の大学生にとって、働き方の理想は“私生活優先”、“チームで仕事”であることが、就職情報サービスのディスコ(東京・文京、新留正朗社長)の調査で明らかとなった。
新ブランド「キャリタス」の展開で優良な企業との出会いをサポート ディスコ 新留正朗社長

新ブランド「キャリタス」の展開で優良な企業との出会いをサポート ディスコ 新留正朗社長

若年労働力の不足や労働力人口の減少で人材不足や人手不足はますます深刻になっている。こうした課題にさまざまな人材採用支援サービスを提供している老舗人材会社ディスコはどのように貢献していくのか。昨年、新社長に就任した新留正朗氏に企業の採用の課題や事業方針について聞いた。
ディスコ 企業と学校を結ぶオンライン求人票システムをリニューアル

ディスコ 企業と学校を結ぶオンライン求人票システムをリニューアル

 ディスコ(東京・文京、新留正朗社長)は、オンライン求人票システム「キャリタスUniCareer(略称:キャリタスUC)」をリニューアルした。今後、採用広報の開始にあわせ、求人情報を大学に向けて配信していく。
採用支援サービスのディスコが社長交代人事を発表

採用支援サービスのディスコが社長交代人事を発表

 採用支援サービスのディスコ(東京・文京)は12日、取締役会で社長交代人事を決定し、新社長に新留正朗氏(52歳)の就任を発表した。新留氏は1987年ディスコに入社し、98年まで大阪支社に勤務、本社採用広報事業部事業部長などを経て2010年に取締役に就任していた。なお、前社長の夏井丈俊氏は同社顧問に就任した。
採用期間の短縮化 どう変わる新卒採用

採用期間の短縮化 どう変わる新卒採用

採用活動スタートが12月に変更されて今年で2年目となり、採用期間中における活動の前倒しが顕著となった。さらに、政府の要請で2016年新卒の採用からは採用期間が後ろ倒しになる可能性がある。2014年新卒の採用活動を振り返り、採用期間短縮化の影響を取材した。
ディスコ 夏井丈俊社長 日本は競争力強化のために開国するしかなくなっている

ディスコ 夏井丈俊社長 日本は競争力強化のために開国するしかなくなっている

 景気回復の兆しが見え始めたが、新卒の就職は依然として厳選採用が続いており、新卒採用数を増やす傾向は見られない。一方で、内定が決まった人に集中するという現象も頻繁に見られるようになった。ディスコ社長の夏井丈俊氏に、グローバル化と大学教育の課題、そして今後の人材市場における経営戦略を聞いた。
大卒予定者の7割が内定獲得 新卒採用 次の一手は?

大卒予定者の7割が内定獲得 新卒採用 次の一手は?

5月~6月にかけて続出する内定辞退は採用担当者のここ数年の悩みのタネになっている。また大手企業の大量採用によって、新卒採用枠を充足できない中堅企業も多い。また、中小企業に至っては、新規学卒者を採用できない企業も多く、あきらめムードも漂う。7月以後の新卒採用の方策を取材した。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

◆次世代事業経営ゼミナール(第5期)~ものづくり企業の国内外事業運営の基幹要員の育成【8月開講】

セミナー・イベント一覧