2018年12月26日

2018年は「踊り場」局面だったとする企業が2年ぶりに半数超、「悪化」判断も増加

 2018年の景気動向について、「踊り場」局面とした企業は54.7%と2年ぶりに半数を超え、「悪化」局面は17.2%と2年ぶりに2ケタ台へと増加したことが、帝国データバンクの「2019年の景気見通しに対する企業の意識調査」で明らかとなった。

 (23165)

 「回復」局面だったと判断する企業は前回調査(2017年11月)から11.8ポイント減少し9.4%となった。「回復」局面との判断は2年ぶりに1ケタ台に低下した。

【2018年の景気動向】
回復局面  9.4%(前年比11.8ポイント減)
踊り場局面 54.7%(同5.7ポイント増)
悪化局面  17.2%(同8.0ポイント増)
分からない 18.7%(同2.0ポイント減)

 2019年の景気見通しについて、「回復」を見込む企業は9.1%で、2018年見通し(前回調査20.3%)から11.2ポイントの大幅な減少となった。「踊り場」局面を見込む企業(38.2%)は前回調査(40.4%)とほぼ同水準だったものの、「悪化」局面を見込む企業(29.4%)は3割近くに上り、2013年見通し(34.6%)以来となる水準まで増加した。

 帝国データバンクでは景気の先行きについて「1年前より慎重な見方を強めている企業が急速に増加している」としている。

【2019年の景気見通し】
回復局面  9.1%(前年比11.2ポイント減)
踊り場局面 38.2%(同2.2ポイント減)
悪化局面  29.4%(同17.1ポイント増)
分からない 23.3%(同3.7ポイント減)

 2019年の景気に悪影響を及ぼす懸念材料は「消費税制」が55.3%で、前年調査(25.7%)から倍増して半数超に達した。2位は「人手不足」(46.2%)、3位は「原油・素材価格(上昇)」(45.4%)となった。

 また、米中における関税引き上げなど「貿易摩擦の激化」をあげた企業は14.5%となった。

【2019年の景気に悪影響を及ぼす懸念材料 上位6項目】
1位 消費税制 55.3%(前年25.7%)
2位 人手不足 46.2%(同47.9%)
3位 原油・素材価格(上昇) 45.4%(同40.0%)
4位 中国経済 18.2%(同13.1%)
5位 米国経済 17.5%(同14.1%)
6位 貿易摩擦の激化 14.5%(同データなし)

 今後、景気回復のために必要な政策は「人手不足の解消」が42.7%と4割を超えトップとなった。

 6年連続首位の座を明け渡したのは2位の「個人消費拡大策」(32.8%)。次いで「所得の増加」(29.6%)などが続いた。

 帝国データバンクでは「企業は、深刻化する人手不足の解消に向けた政策の実行が、今後の景気回復に重要な要素になるとみている」とした。

【今後の景気回復に必要な政策 上位5項目】
1位 人手不足の解消 42.7%
2位 個人消費拡大策 32.8%
3位 所得の増加 29.6%
4位 個人向け減税 29.4%
5位 雇用対策 27.9%

 調査は、2018年11月16日~30日、全国2万3052社を対象に実施し、9746社の有効回答を得た。(回答率42.3%)

おすすめの記事

企画業務型裁量労働制の導入要件と意義

企画業務型裁量労働制の導入要件と意義
「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」の当初の政府案には、企画業務型裁量労働制の対象拡大も含まれていました。ところが、裁量労働制に関する調査データの不備等の問題が顕在化し、平成30年2月末に法案から削除されました。今回、法案削除にまで至ってしまった企画業務型裁量労働制の改正ですが、本稿では、そもそも労働基準法上の企画業務型裁量労働制とはどのような制度なのかについて確認してみます。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

2017年は「回復」局面だった企業が4年ぶりに2割超、2018年の景気の懸念材料は「人手不足」

2017年は「回復」局面だった企業が4年ぶりに2割超、2018年の景気の懸念材料は「人手不足」

 2017年の景気動向について、「回復」局面だったと判断する企業は21.2%となったことが、帝国データバンクの「2018年の景気見通しに対する企業の意識調査」で明らかとなった。前回調査(2016年11月)から15.5ポイント増加し、4年ぶりに2割台へ回復した。
約8割の経営者が景気拡大を予測、現時点で人手不足の企業は過半数

約8割の経営者が景気拡大を予測、現時点で人手不足の企業は過半数

 約8割の経営者が2017年後半(7~12月)の景気は緩やかに拡大していくと予測していることが、経済同友会が四半期ごとに実施している景気定点観測アンケート調査で分かった。
景気の懸念材料は「米国経済」、「人手不足」も深刻に

景気の懸念材料は「米国経済」、「人手不足」も深刻に

 2017年の景気の懸念材料として、約4割の企業が「米国経済」を挙げていることが、帝国データバンクの「2017年の景気見通しに対する企業の意識調査」で明らかとなった。
景気の現状は横ばい傾向との見方が増加 経済同友会

景気の現状は横ばい傾向との見方が増加 経済同友会

 3割超の経営者は景気が横ばい傾向にあると回答していることが、経済同友会が四半期ごとに実施している景気定点観測アンケート調査で分かった。拡大傾向とする意見も6割超となっているが、前回と比較すると減少している。
景気の現状は拡大傾向とみる経営者が7割も、横ばい傾向との見方も増加

景気の現状は拡大傾向とみる経営者が7割も、横ばい傾向との見方も増加

 約7割の経営者は景気が拡大傾向にあると回答している一方、横ばい傾向とする意見も2割超に増加したことが、経済同友会が四半期ごとに実施している景気定点観測アンケート調査で分かった。
正社員が不足している企業が5割超、非正社員は3割超で不足

正社員が不足している企業が5割超、非正社員は3割超で不足

 2018年7月現在、正社員が不足している企業は50.9%に上っていることが、帝国データバンクの「人手不足に対する企業の動向調査」で明らかとなった。前年同月比5.5ポイント増となっており、7月としては初めて半数を超えて、過去最高を更新した。
景気の現状は拡大傾向とみる経営者が8割も、前回調査からは減少

景気の現状は拡大傾向とみる経営者が8割も、前回調査からは減少

 約8割の経営者は景気が拡大傾向にあると回答していることが、経済同友会が四半期ごとに実施している景気定点観測アンケート調査で分かった。しかし、前回調査と比較すると拡大傾向とする回答は減少している。
景気の現状は拡大傾向とする経営者が8割超、デジタル化経済の問題点は人材・ノウハウ・スキル不足

景気の現状は拡大傾向とする経営者が8割超、デジタル化経済の問題点は人材・ノウハウ・スキル不足

 8割超の経営者は景気が拡大傾向にあると回答していることが、経済同友会が四半期ごとに実施している景気定点観測アンケート調査で分かった。
景気の現状は拡大傾向とする経営者が9割に迫る

景気の現状は拡大傾向とする経営者が9割に迫る

 景気の現状について“拡大”“穏やかに拡大”していると回答している経営者が9割に迫っていることが、経済同友会が四半期ごとに実施している景気定点観測アンケート調査で分かった。
医師・看護師の採用を成功させる3つのポイント

医師・看護師の採用を成功させる3つのポイント

 高齢化の進展により高まり続ける医療ニーズ、訪問介護などの在宅医療の需要も増加している。こうした中、医師や看護師を中心とした医療スタッフの人手不足は深刻になっている。医療機関の人材採用や経営・人事を支援する専門会社に、最近の採用事情や医療機関の取り組みなどを聞いた。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース