2016年11月16日

本社を地方へ移す企業は増えず、大阪から東京圏への転入が最多

 政府は“地方創生”を目指しているものの、本社を地方へ移す企業が増えていないことが、帝国データバンクの「1都3県・本社移転企業調査」で分かった。

 (10790)

 2016年の1月~9月は、1都3県への転入が225件、転出が164件となり、転入企業が転出企業を上回る状況が続き6年連続で転入超過になると見込まれている。

 転出企業は前年の同時期と比較して18件(9.9%)減少しており、年間でもピークだった2001年の概ね3分の2の水準にとどまるとみられている。

 1都3県への転入企業は、2003年からほぼ一貫して転出企業を上回っていた(2009年・2010年を除く)。

 とりわけ、2015年は転入企業335件、転出企業231件となり、1991年以降で最大となる104件の転入超過となっていた。

 帝国データバンクでは、2016年も転入超過が継続するとみられる背景として「優秀な人材を確保するために労働力人口が集中する立地を選択する企業の経営戦略があると考えられ、近年課題となっている“人材不足”問題が企業移転トレンドに影響を及ぼしている」と分析している。

 2016年9月までに1都3県へ移転した企業の転入元を道府県別にみると、大阪府が53件(構成比23.6%)で突出して多く、次いで愛知県(20件、同8.9%)、北海道(17 件、同7.6%)などが続いた。

【1都3県へ移転した企業の転入元トップ10】
1位 大阪府 23.6%
2位 愛知県 8.9%
3位 北海道 7.6%
4位 静岡県 7.1%
5位 福岡県 5.3%
6位 茨城県 4.9%
7位 群馬県 4.4%
7位 兵庫県 4.4%
9位 宮城県 3.6%
9位 岡山県 3.6%

 2015年と比較すると、1位の大阪府から4位の静岡県まで構成比が増加するなど、1都3県に転入する地域が前年より集中している様子がうかがえる。

 一方、2016年9月までに1都3県から転出した先で最も多かった地域は茨城県の22件(同13.4%)。以下、静岡県(16件、同9.8%)、大阪府(15件、同9.1%)などが続き、上位5府県への転出が全体の45.7%を占めた。

【1都3県から転出した企業の転出先トップ10】
1位 茨城県 13.4%
2位 静岡県 9.8%
3位 大阪府 9.1%
4位 群馬県 7.3%
5位 愛知県 6.1%
6位 栃木県 4.9%
6位 兵庫県 4.9%
8位 北海道 3.7%
8位 宮城県 3.7%
8位 新潟県 3.7%

 2015年と比較すると、茨城県への転出が2016年9月までの9カ月間で前年を上回るなど、移転先の集中も進んでいた。

同一労働同一賃金で注目される長澤運輸事件・東京地裁判決

同一労働同一賃金で注目される長澤運輸事件・東京地裁判決
一億総活躍国民会議(2月23日)における安倍総理大臣の指示に基づき、3月23日以降、厚生労働省職業安定局が実施する検討会(同一労働同一賃金の実現に向けた検討会)において「同一労働同一賃金」の実現に向けた具体的方策について検討が進められています。そのような中、5月13日に言い渡された長澤運輸事件の東京地裁判決(労判1135号11頁)が注目を集めています。皆さんの中には実際に判決文をお読みになった方もいらっしゃるかもしれません。
4 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

グローバル人材の新卒採用は増加するも、7割の企業で不足

グローバル人材の新卒採用は増加するも、7割の企業で不足

 グローバル人材の採用は5割の企業で増加しているものの、いまだに約7割の企業が不足していると感じていることが、総務省が発表した「グローバル人材育成の推進に関する政策評価」で明らかとなった。
2018年新卒採用予定者は4学歴で「増加」、目的は“基幹的業務を担う者の確保”

2018年新卒採用予定者は4学歴で「増加」、目的は“基幹的業務を担う者の確保”

 2018年の新卒採用予定者数が前年と比べて「増加」するとした事業所は、学歴別にみて「高校卒」、「大学卒(文科系)」、「大学院卒」、「専修学校卒」の4学歴で2017年5月調査の割合を上回ったことが、厚生労働省の5月の労働経済動向調査で分かった。
ものづくり人材の定着率5割程度、小規模企業ではより深刻

ものづくり人材の定着率5割程度、小規模企業ではより深刻

 新卒採用の技能者や技術者などの“ものづくり人材”が3年後も8割以上定着している企業は半数程度であることが、労働政策研究・研修機構の調査で分かった。
7割の企業で人材採用のための新たな取り組みを実施、運輸業では8割超

7割の企業で人材採用のための新たな取り組みを実施、運輸業では8割超

 より良い人材を採用するために新たな取り組みをしている企業は7割を超えていることが、帝国データバンクが実施した調査で明らかとなった。業界別で最も多かった「運輸・倉庫業」では8割を超え、切実な人材不足が裏付けられる形となった。
OFF-JTの教育訓練費1人当たり平均2.1万円、人材育成の問題点は「指導する人材の不足」

OFF-JTの教育訓練費1人当たり平均2.1万円、人材育成の問題点は「指導する人材の不足」

 厚生労働省の2016年度の能力開発基本調査によると、企業が社員1人に対して支出したOFF-JTの教育訓練費は平均2万1000円だったことが分かった。人材育成の問題点として「指導する人材の不足」を挙げる企業が最も多かった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース