2017年9月12日

4年連続で就職が離職を上回る

 新しく就職した人の割合が離職した人の割合を4年連続で上回ったことが、厚生労働省が発表した2016年の雇用動向調査結果で分かった。

 (13109)

 2016年の1年間の入職者は767.7万人(年初の常用労働者数に対する割合15.8%)、離職者は726.4万人(同15.0%)。この結果、事業所の新設や閉鎖等の影響を除き、常用労働者数は41万人の増加となった。

 これを就業形態別に見ると、一般労働者は入職者424.2万人(年初の常用労働者のうち一般労働者の人数に対する割合11.6%)、離職者418.5万人(同11.4%)で、一般労働者は5.7万人の増加となった。

 一方、パートタイム労働者は入職者343.4万人(年初の常用労働者のうちパートタイム労働者の人数に対する割合29.0%)、離職者307.9万人(同26.0%)で、パートタイム労働者は35.5万人の増加となった。

 前年に比べ、入職率(15.8%)が0.5ポイント低下、離職率(15.0%)は同水準、入職超過率(0.8ポイント)は縮小した。4年連続で入職超過となっているものの、ここ2年は超過率の縮小が続いている。

 入職者を職歴別にみると、転職入職者は477.8万人(前年502.8万人)、未就業入職者は289.9万人(同272.1万人)で、転職入職率は9.9%(同10.6%)、未就業入職率は6.0%(同5.7%)となった。3年連続で10%を超えていた転職入職率は4年ぶりに10%を割り込んだ。

 入職者が多かった産業は、宿泊業・飲食サービス業(146.5万人)、卸売業,小売業(136.3万人)、医療,福祉(104.0万人)。

 離職者が多かった産業は、宿泊業,飲食サービス業(137.3万人)、卸売業,小売業(123.6万人)、医療,福祉(97.3万人)で、入職者が多い産業は離職者も多かった。

 入職超過となったのは16産業のうち11産業(前年13産業)となっている。

【産業別入職率・離職率】
鉱業・採石業・砂利採取業 入職率9.4%、離職率11.7%
建設業 同7.9%、同7.7%
製造業 同9.2%、同11.4%
電気・ガス・熱供給・水道業 同6.8%、同6.8%
情報通信業 同12.7%、同10.2%
運輸業・郵便業 同12.2%、同12.3%
卸売業・小売業 同15.5%、同14.0%
金融業・保険業 同10.0%、同9.4%
不動産業・物品賃貸業 同16.1%、同11.5%
学術研究・専門・技術サービス業 同19.1%、同13.4%
宿泊業・飲食サービス業 同32.0%、同30.0%
生活関連サービス業・娯楽業 同24.1%、同20.3%
教育・学習支援業 同17.4%、同15.0%
医療・福祉 同15.8%、同14.8%
複合サービス事業 同7.6%、同7.7%
サービス業(他に分類されないもの) 同19.5%、同19.1%

 調査は、上半期調査9947事業所、下半期調査9444事業所から回答を得た。

おすすめの記事

人事実務の重要判例「退職金減額」山梨県民信用組合事件

人事実務の重要判例「退職金減額」山梨県民信用組合事件
最近の労働裁判例の中から、人事実務の参考になる重要な裁判例として、山梨県民信用組合事件の最高裁判決(最高裁判所第二小法廷平成28年2月19日判決)を紹介します。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

5年連続で就職が離職を上回る、入職超過率も前年比拡大

5年連続で就職が離職を上回る、入職超過率も前年比拡大

 新しく就職した人の割合が離職した人の割合を5年連続で上回ったことが、厚生労働省が発表した2017年の雇用動向調査結果で分かった。入職超過率は前年より0.3ポイント拡大している。
他人ごとではない!?雇用延長における現役世代への影響

他人ごとではない!?雇用延長における現役世代への影響

働き方改革によって日本の「長時間労働」は是正されつつあるが、一方で政府は日本人の長“期間”労働の促進に舵を切ろうとしている。(文・溝上憲文編集委員)
非正規よりも正社員の採用で人材確保へ、未充足求人は5産業で6割超え

非正規よりも正社員の採用で人材確保へ、未充足求人は5産業で6割超え

 人手不足に対して非正規よりも正社員の採用で人材を確保しようと考えている企業が多いことが、厚生労働省の8月の労働経済動向調査で分かった。
2019年の新卒採用は“予定数の確保が難しい”が3社に1社 マイナビ調べ

2019年の新卒採用は“予定数の確保が難しい”が3社に1社 マイナビ調べ

 2019年卒学生の採用について3社に1社が「採用予定数の確保は難しい」と回答していることが、マイナビ(東京・千代田、中川信行社長)の実施した「2019年卒マイナビ企業採用活動調査」で明らかとなった。
8割超で賃上げ実施、主な理由は「従業員の引き留めのため」

8割超で賃上げ実施、主な理由は「従業員の引き留めのため」

 2018年の賃上げ実施企業は82.2%に上ることが東京商工リサーチの調査で明らかとなった。賃上げをした理由は「雇用中の従業員の引き留めのため」が過半数を占め、特に中小企業で切実なようだ。
2019年新卒採用予定者、「増加」とする事業所が「減少」とする事業所を上回る

2019年新卒採用予定者、「増加」とする事業所が「減少」とする事業所を上回る

 2019年の新卒採用予定者数は、すべての学歴で前年と比べて「増加」するとした事業所が「減少」とする事業所を上回ったことが、厚生労働省の5月の労働経済動向調査で分かった。
未充足の求人がある事業所が58%、宿泊業、飲食サービス業、医療・福祉では7割超と人手不足続く

未充足の求人がある事業所が58%、宿泊業、飲食サービス業、医療・福祉では7割超と人手不足続く

 未充足の求人がある事業所が58%に上ることが、厚生労働省の2月の労働経済動向調査で分かった。宿泊業・飲食サービス業、医療、福祉業では7割以上となっている。
2018年度に正社員の採用予定がある企業6割超の高水準、採用予定のない企業は13年ぶりの低水準

2018年度に正社員の採用予定がある企業6割超の高水準、採用予定のない企業は13年ぶりの低水準

 帝国データバンクの調査によると、2018年度に正社員の採用予定がある企業は4年連続で6割を超えた。一方、採用予定のない企業は8年連続で減少し、13年ぶりの低水準となった。
5割超の企業で正社員不足、調査開始以降最高水準を推移

5割超の企業で正社員不足、調査開始以降最高水準を推移

 現在の従業員の過不足状況を聞くと(「該当なし/無回答」を除く)、正社員が「不足」していると回答した企業は51.1%で、調査開始(2006年5月)以降、最高水準で推移していることが帝国データバンクの調査で分かった。「適性」は41.2%、「過剰」は7.6%だった。
企業のリスクは「自然災害」が2年連続でトップ、人材不足が順位上げる

企業のリスクは「自然災害」が2年連続でトップ、人材不足が順位上げる

 監査法人のトーマツが実施した「企業のリスクマネジメントおよびクライシスマネジメント実態調査」(2017年版)によると、企業が国内で優先対応すべきと考えているリスクは2年連続で「自然災害」が最も多く挙がった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース