2017年9月12日

4年連続で就職が離職を上回る

 新しく就職した人の割合が離職した人の割合を4年連続で上回ったことが、厚生労働省が発表した2016年の雇用動向調査結果で分かった。

 (13109)

 2016年の1年間の入職者は767.7万人(年初の常用労働者数に対する割合15.8%)、離職者は726.4万人(同15.0%)。この結果、事業所の新設や閉鎖等の影響を除き、常用労働者数は41万人の増加となった。

 これを就業形態別に見ると、一般労働者は入職者424.2万人(年初の常用労働者のうち一般労働者の人数に対する割合11.6%)、離職者418.5万人(同11.4%)で、一般労働者は5.7万人の増加となった。

 一方、パートタイム労働者は入職者343.4万人(年初の常用労働者のうちパートタイム労働者の人数に対する割合29.0%)、離職者307.9万人(同26.0%)で、パートタイム労働者は35.5万人の増加となった。

 前年に比べ、入職率(15.8%)が0.5ポイント低下、離職率(15.0%)は同水準、入職超過率(0.8ポイント)は縮小した。4年連続で入職超過となっているものの、ここ2年は超過率の縮小が続いている。

 入職者を職歴別にみると、転職入職者は477.8万人(前年502.8万人)、未就業入職者は289.9万人(同272.1万人)で、転職入職率は9.9%(同10.6%)、未就業入職率は6.0%(同5.7%)となった。3年連続で10%を超えていた転職入職率は4年ぶりに10%を割り込んだ。

 入職者が多かった産業は、宿泊業・飲食サービス業(146.5万人)、卸売業,小売業(136.3万人)、医療,福祉(104.0万人)。

 離職者が多かった産業は、宿泊業,飲食サービス業(137.3万人)、卸売業,小売業(123.6万人)、医療,福祉(97.3万人)で、入職者が多い産業は離職者も多かった。

 入職超過となったのは16産業のうち11産業(前年13産業)となっている。

【産業別入職率・離職率】
鉱業・採石業・砂利採取業 入職率9.4%、離職率11.7%
建設業 同7.9%、同7.7%
製造業 同9.2%、同11.4%
電気・ガス・熱供給・水道業 同6.8%、同6.8%
情報通信業 同12.7%、同10.2%
運輸業・郵便業 同12.2%、同12.3%
卸売業・小売業 同15.5%、同14.0%
金融業・保険業 同10.0%、同9.4%
不動産業・物品賃貸業 同16.1%、同11.5%
学術研究・専門・技術サービス業 同19.1%、同13.4%
宿泊業・飲食サービス業 同32.0%、同30.0%
生活関連サービス業・娯楽業 同24.1%、同20.3%
教育・学習支援業 同17.4%、同15.0%
医療・福祉 同15.8%、同14.8%
複合サービス事業 同7.6%、同7.7%
サービス業(他に分類されないもの) 同19.5%、同19.1%

 調査は、上半期調査9947事業所、下半期調査9444事業所から回答を得た。

おすすめの記事

人事実務の重要判例「退職金減額」山梨県民信用組合事件

人事実務の重要判例「退職金減額」山梨県民信用組合事件
最近の労働裁判例の中から、人事実務の参考になる重要な裁判例として、山梨県民信用組合事件の最高裁判決(最高裁判所第二小法廷平成28年2月19日判決)を紹介します。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

4割超で正社員不足、全業種で2割以上と人材不足が深刻化

4割超で正社員不足、全業種で2割以上と人材不足が深刻化

 現在の従業員の過不足状況を聞くと(「該当なし/無回答」を除く)、正社員が「不足」していると回答した企業は45.4%で、企業の4割超が正社員の不足を感じていることが帝国データバンクの調査で分かった。「適性」は45.0%、「過剰」は9.6%だった。
グローバル人材の新卒採用は増加するも、7割の企業で不足

グローバル人材の新卒採用は増加するも、7割の企業で不足

 グローバル人材の採用は5割の企業で増加しているものの、いまだに約7割の企業が不足していると感じていることが、総務省が発表した「グローバル人材育成の推進に関する政策評価」で明らかとなった。
2018年新卒採用予定者は4学歴で「増加」、目的は“基幹的業務を担う者の確保”

2018年新卒採用予定者は4学歴で「増加」、目的は“基幹的業務を担う者の確保”

 2018年の新卒採用予定者数が前年と比べて「増加」するとした事業所は、学歴別にみて「高校卒」、「大学卒(文科系)」、「大学院卒」、「専修学校卒」の4学歴で2017年5月調査の割合を上回ったことが、厚生労働省の5月の労働経済動向調査で分かった。
ものづくり人材の定着率5割程度、小規模企業ではより深刻

ものづくり人材の定着率5割程度、小規模企業ではより深刻

 新卒採用の技能者や技術者などの“ものづくり人材”が3年後も8割以上定着している企業は半数程度であることが、労働政策研究・研修機構の調査で分かった。
7割の企業で人材採用のための新たな取り組みを実施、運輸業では8割超

7割の企業で人材採用のための新たな取り組みを実施、運輸業では8割超

 より良い人材を採用するために新たな取り組みをしている企業は7割を超えていることが、帝国データバンクが実施した調査で明らかとなった。業界別で最も多かった「運輸・倉庫業」では8割を超え、切実な人材不足が裏付けられる形となった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース