2017年8月7日

8割超の事業場でストレスチェック制度を実施、「清掃・と畜業」、「接客娯楽業」では6割

 厚生労働省がまとめたストレスチェック制度の実施状況によると、2017年6月末時点で、8割を超える事業場がストレスチェック制度を実施済みであることが分かった。

 (12941)

 ストレスチェック制度とは、職場におけるメンタルヘルス不調を未然に防止することを目的に、常時50人以上の労働者を使用する事業場に対し、2015年12月から年1回のストレスチェックとその結果に基づく面接指導などの実施を義務付けているもの。

 2017年6月末現在、ストレスチェック制度の実施が義務付けられている事業場のうち、所轄の労働基準監督署に実施報告書の提出があった事業場は82.9%に上った。

 事業場の規模別にみると、1000人以上では99.5%と最も高く、次いで300~999人で93.0%、100~299人で86.0%、50~99人で78.9%となった。

 業種別にみると、ストレスチェック制度を実施した事業場の割合が最も高かったのは「金融・広告業」で93.2%となった。次いで「通信業」が92.0%と2業種のみ9割を超えた。

 割合が低かったのは、「清掃・と畜業」(67.0%)と「接客娯楽業」(68.2%)で6割台にとどまった。

【業種別 ストレスチェック制度の実施状況】
金融・広告業 93.2%
通信業    92.0%
教育・研究業 86.2%
製造業    86.0%
保健・衛生業 83.7%
建設業    81.1%
運輸交通業  80.9%
商業     79.9%
貨物取扱業  76.6%
接客娯楽業  68.2%
清掃・と畜業 67.0%

 在籍労働者のうち、ストレスチェックを受けた労働者は78.0%だった。

 ストレスチェックを実施したのは、事業場内の産業医等が58.2%、外部委任先の医師、保健師などが41.8%となった。

 事業者は、ストレスチェックの結果、高ストレス者として選定された者であって、医師による面接指導を受ける必要があるとストレスチェック実施者が認めた者のうち、労働者から申出があった者について、医師による面接指導を実施しなければならないとされている。

 ストレスチェックを受けた労働者のうち、医師による面接指導を受けた労働者は0.6%だった。

おすすめの記事

ストレスチェック制度化で求められる安全配慮義務

ストレスチェック制度化で求められる安全配慮義務
平成26年6月25日に「労働安全衛生法の一部を改正する法律」が交付され、新たにストレスチェック制度が創設されました。同制度の施行 期日は、平成27年12月1日とされています。そこで、今回はストレスチェック制度の概要、使用者の安全配慮義務との関係で留意すべき点について説明します。
4 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

相談件数2年連続で1万件を超える、最大の悩みは「職場の問題」

相談件数2年連続で1万件を超える、最大の悩みは「職場の問題」

 全国に相談室と無料の電話相談を開設する日本産業カウンセラー協会の集計によると、2016年度の相談件数は2年連続で1万件を超え、最大の悩みは「職場の問題」であることが明らかとなった。
ストレス・チェックの義務化や育児支援の強化で法定外福利費が増加

ストレス・チェックの義務化や育児支援の強化で法定外福利費が増加

 大手企業の法定外福利費が増加に転じたことが経団連のまとめで分かった。ストレス・チェックの義務化や育児支援の強化が背景となっているもようだ。
ビジネスパーソンの職場の悩みの約4割は人間関係

ビジネスパーソンの職場の悩みの約4割は人間関係

 ビジネスパーソンの職場の悩みはもっぱら人間関係であることが「働く人の電話相談室」を開設した日本産業カウンセラー協会の集計で分かった。人間関係に悩んでいる人は約4割にも上った。
企業のストレスチェック義務化対応進まず 保健同人社、ヒューマネージ共同調査

企業のストレスチェック義務化対応進まず 保健同人社、ヒューマネージ共同調査

 企業のストレスチェックの対応がほとんど進んでいないことが、企業向けEAP(従業員支援プログラム)サービスを共同で提供する保健同人社(東京・千代田、古川弘和社長)とヒューマネージ(東京・千代田、齋藤 亮三社長)がメンタルヘルス担当者を対象に実施したアンケート調査で分かった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース