2017年3月27日

違法な時間外労働で調査事業場の約4割を摘発

 厚生労働省が長時間労働などが疑われる事業場に重点監督を行った結果によると、約4割の事業場で違法な時間外労働が行われていたことが分かった。

 (11789)

 2016年11月の過重労働解消キャンペーンの間に監督指導を行った7014事業場のうち、何らかの労働基準関係法令違反が見つかったのは4711事業場(全体の67.2%)だった。業種別では「保健衛生業」(85.0%)、「接客娯楽業」(80.3%)で8割を超えた。

 主な違反内容は「違法な時間外労働」(2773事業場、39.5%)、「過重労働による健康障害防止措置が未実施」(728事業場、10.4%)、「賃金不払残業」(459事業場、6.5%)など。

 違法な時間外労働があった2773事業場において1カ月当たりの残業時間が最も多い従業員を確認したところ、約4割が「100時間超」(1196事業場、43.1%)で、そのうち257事業場が150時間超、うち52事業場が200時間超となっている。

◆違反事例

 18歳未満のアルバイト(年少者)について、時間外・休日労働が原則禁止されているにもかかわらず、月79時間の違法な時間外・休日労働を行わせ、かつ、休日労働に対する割増賃金を支払わなかった(コンビニ)

 労働者の約2割に当たる23人の労働者について、36協定で定める上限時間を超えて、月80時間を超える違法な時間外労働(最も長い者で月約160時間)を行わせた(電気機械器具製造業)

 心臓疾患を発症した自動車運転者について、36協定を届け出ていないにもかかわらず、発症前の直近3カ月間のうち、最も長い月で110時間の違法な時間外労働を行わせていた(一般貨物自動車運送業)

おすすめの記事

定額残業代制度によるトラブルを防ぐためには

定額残業代制度によるトラブルを防ぐためには
近年、若者を使い捨てにする「ブラック企業」が社会的問題になり、時間外労働に対する割増賃金や労働時間管理などに対する労働基準監督署の監督指導が強化されています。残業代を定額で支払うような制度の留意点について解説します。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

監督指導を実施した4割の事業場で違法な時間外労働を確認

監督指導を実施した4割の事業場で違法な時間外労働を確認

 厚生労働省が長時間労働などが疑われる事業場に対して実施した監督指導の結果によると、約4割の事業場で違法な時間外労働が行われていたことが分かった。
「過重労働解消相談」1日で712件、家族からの相談も199件

「過重労働解消相談」1日で712件、家族からの相談も199件

 厚生労働省が11月6日に実施した「過重労働解消相談ダイヤル」に712件の相談があった。労働者本人だけでなく、労働者の家族からの相談も199件あった。
9月の実質賃金0.1%減、現金給与総額は0.9%増

9月の実質賃金0.1%減、現金給与総額は0.9%増

 物価変動の影響を除いた実質賃金は前年同月と比べ0.1%減となったことが、厚生労働省が発表した17年9月の勤労統計調査(速報、事業所規模5人以上)で分かった。
長時間労働などの労働基準法違反はサービス業、製造業、運輸業が8割近くを占める

長時間労働などの労働基準法違反はサービス業、製造業、運輸業が8割近くを占める

 東京商工リサーチの労働基準関係法令の違反企業の実態調査によると、違法な長時間労働などの労働基準法違反は、産業別ではサービス業、製造業、運輸業で8割近くを占めることが明らかとなった。
8月の実質賃金0.1%増、現金給与総額は0.9%増

8月の実質賃金0.1%増、現金給与総額は0.9%増

 物価変動の影響を除いた実質賃金は前年同月と比べ0.1%増となったことが、厚生労働省が発表した17年8月の勤労統計調査(速報、事業所規模5人以上)で分かった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース