2016年9月14日

非正規よりも正社員の採用で人材確保へ、6割以上の事業所が中途採用

 人手不足に対して非正規よりも正社員の採用で人材を確保しようと考えている企業が多いことが、厚生労働省の8月の労働経済動向調査で分かった。

 (10190)

 企業に対して人手不足への対処方法を聞いたところ、過去1年間、今後1年間ともに「正社員等採用・正社員以外からの正社員への登用の増加」が最も多かった(過去1年間:62%、今後1年間:63%)。

 次いで、「臨時、パートタイムの増加」(過去1年間:46%、今後1年間:45%)、「派遣労働者の活用」(過去1年間:37%、今後1年間:34%)と続き、非正規よりも正社員の採用で人材を確保しようと考えている企業が多かった。

 8月1日現在、正社員等の労働者過不足判断D.I.(「不足」と回答した事業所の割合から「過剰」と回答した事業所の割合を差し引いた値)は33ポイントとなり、21期連続の不足となった。
 
 10期連続で全ての産業で不足となり、「運輸業、郵便業」(47ポイント)、「医療、福祉」(47ポイント)、「学術研究、専門・技術サービス業」(38ポイント)、「建設業」(37ポイント)、「情報通信業」(35ポイント)など幅広い産業で正社員不足が続いている。

 一方、パートタイムの労働者過不足判断D.I.は31ポイントで、28期連続の不足となった。正社員と同様にすべての産業で不足の状況となっている。

 4~6月に中途採用を実施した事業所は全体の65%。前年同期を2ポイント下回ったものの高い水準が続いている。

 産業別に見ると、「医療、福祉」(89%)、「サービス業」(80%)、「生活関連サービス業、娯楽業」(77%)、「宿泊業、飲食サービス業」(76%)で割合が特に高かった。最も低い建設業でも52%で半数以上の事業所が中途採用を行った。

 7~9月は58%の事業所が中途採用を予定している。

 8月1日現在の未充足求人がある事業所は全体の51%。産業別に見ると、「医療、福祉」(69%)、「サービス業」(64%)、「宿泊業、飲食サービス業」(57%)、「運輸業、郵便業」(55%)、「卸売業、小売業」(54%)が半数を超えている。

 調査は主要産業の30人規模以上の事業所のうち5835事業所を抽出して実施し、3016事業所から有効回答を得た。
3 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

未充足の求人がある事業所が52%、医療・福祉業では74%

未充足の求人がある事業所が52%、医療・福祉業では74%

 未充足の求人がある事業所が52%に上ることが、厚生労働省の11月の労働経済動向調査で分かった。医療・福祉業は7割以上、サービス業や宿泊・飲食サービス業では6割以上となっている。
働き方改革が本格始動 2016年に顕在化した人事・労務の6テーマ

働き方改革が本格始動 2016年に顕在化した人事・労務の6テーマ

2016年の人事・労務の特徴を一言でいえば、人材不足の顕在化に対応した採用力強化や定着を促す官民を挙げた「働き方改革」が本格的に始動した年だった。
6割の経営者が17年上半期の景気は「緩やかに拡大」と予測、「輸出の増加」を見込む

6割の経営者が17年上半期の景気は「緩やかに拡大」と予測、「輸出の増加」を見込む

 約6割の経営者が17年上半期の景気は緩やかに拡大していくと予測していることが、経済同友会が四半期ごとに実施している景気定点観測アンケート調査で分かった。
人事専門家に聞いた 2017年 人事の最重要テーマは次世代リーダーの育成

人事専門家に聞いた 2017年 人事の最重要テーマは次世代リーダーの育成

ビジネスのグローバル化や少子高齢化による労働力人口の減少など、経営環境の変化に対して従来型の人事では対応が難しくなっている。「2017年の人事の重要テーマ」を、企業の採用、育成・研修、組織力強化などを支援する専門家50人に対してアンケート調査で聞いた。
10月の求人広告17.8%増、2カ月連続で全地域で増加

10月の求人広告17.8%増、2カ月連続で全地域で増加

 10月の求人メディア全体の広告掲載件数が前年同月比17.8%増となったことが、全国求人情報協会のまとめで分かった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

セミナー・イベント

プレスリリース