2016年2月15日

女性の活躍推進で「非正社員から正社員への転換・登用」

日本生産性本部の「コア人材としての女性社員育成に関する調査」によると、女性の活躍推進の取り組みとして、6割の企業が「非正社員から正社員への転換・登用」に取り組んで効果を感じていることが分かった。

 (2898)

 女性の活躍推進の取り組みの中で効果があった(出つつある)内容を聞いたところ、「非正社員から正社員への転換・登用」(60.3%)が最も多かった。

 次いで、「女性社員の中途採用(管理職以外)」(50.1%)、「ハラスメント対策のための研修実施」(49.7%)、「女性社員への教育・研修参加機会の拡大」(47.9%)、「育成を念頭にいれた計画的な配置・転換」(44.6%)と続いた。

 「管理職登用」に関する内容では、「管理職候補者のリストアップ、積極的登用」(37.5%)、「管理職候補を対象とした意識喚起のための研修」(31.2%)が多かった。

 4月から施行される女性活躍推進法への対応について「課題がある」とする企業は72.1%。課題の内容は「目標(定量的目標)の設定の仕方」(76.1%)、「取組内容の作り方」(69.3%)が多い。

 女性社員の活躍推進を経営方針または経営計画などで「明文化している」企業は23.0%、女性活躍の「推進体制がある」企業は20.8%となっている。

 3年前と比較した「課長ないし課長相当職以上」の女性の増減では、増加した企業が約4割(「かなり増加した」4.9%、「やや増加した」35.4%)となる一方、「あまり変わらない」とする企業が56.6%と半数を超えた。

 増加した企業で、女性課長ないし課長相当職以上が増えている部門は、「人事・総務部門」(44.7%)、「営業・マーケティング部門」(42.2%)、「研究・開発部門」(25.7%)、「企画・調査部門」(21.9%)の順となっている。

 女性の活躍が「業績向上の要因の一つとなっている」とする企業は16.2%、「業績向上へのつながりはみられないが、組織が活性化するなど変化がある」とする企業は25.6%だった。

 調査は2015年10~11月に、587社の人事担当責任者またはダイバーシティ推進責任者から回答を得た。
2 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

働き方改革が本格始動 2016年に顕在化した人事・労務の6テーマ

働き方改革が本格始動 2016年に顕在化した人事・労務の6テーマ

2016年の人事・労務の特徴を一言でいえば、人材不足の顕在化に対応した採用力強化や定着を促す官民を挙げた「働き方改革」が本格的に始動した年だった。
景気の懸念材料は「米国経済」、「人手不足」も深刻に

景気の懸念材料は「米国経済」、「人手不足」も深刻に

 2017年の景気の懸念材料として、約4割の企業が「米国経済」を挙げていることが、帝国データバンクの「2017年の景気見通しに対する企業の意識調査」で明らかとなった。
人事専門家に聞いた 2017年 人事の最重要テーマは次世代リーダーの育成

人事専門家に聞いた 2017年 人事の最重要テーマは次世代リーダーの育成

ビジネスのグローバル化や少子高齢化による労働力人口の減少など、経営環境の変化に対して従来型の人事では対応が難しくなっている。「2017年の人事の重要テーマ」を、企業の採用、育成・研修、組織力強化などを支援する専門家50人に対してアンケート調査で聞いた。
「結婚後も働きたい」女性の65%は「出産後も働きたい」

「結婚後も働きたい」女性の65%は「出産後も働きたい」

 「結婚後も働きたい」女性のうち65%は「出産後も働きたい」と考えていることが厚生労働省の「21世紀成年者縦断調査」で分かった。非正規雇用で結婚意欲のある男性は5割を下回っている。
社会全体で男女の地位が“平等”になっていると思う人は2割

社会全体で男女の地位が“平等”になっていると思う人は2割

 社会全体で男女の地位は“平等”になっていると思っている人はわずか21.1%にとどまり、“男性の方が優遇されている”と回答した人は74.2%にも上っていることが、内閣府が実施した「男女共同参画社会に関する世論調査」で分かった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

セミナー・イベント

プレスリリース