2018年6月5日

就活中の学生の本音、働き方の理想は“私生活優先”、“チームで仕事”

 2019年3月卒業予定の大学生にとって、働き方の理想は“私生活優先”、“チームで仕事”であることが、就職情報サービスのディスコ(東京・文京、新留正朗社長)の調査で明らかとなった。

 (21663)

 2019年3月卒学生を対象に、仕事の目的を「生活のため」か「夢のため」、「世の中のため」か「自分のため」、「高収入」か「収入にはこだわらない」との2択で聞くと「生活のため」(57.3%)、「自分のため」(61.3%)、「高収入」(58.6%)が各項目の過半数となった。

働き方については、「私生活優先」か「仕事優先」、「個人で仕事」か「チームで仕事」の2択で「私生活優先」(78.0%)、「チームで仕事」(71.8%)を理想とする意見が特に多い。

 将来の展望については、「転職は考えていない」(69.0%)、「転勤はイヤ」(67.6%)、「国内で働く」(71.1%)が7割近くに上っており、長く安定して働ける環境を望んでいるとみられている。

 出世については、「出世したい」が59.4%と過半数を超えた。

 就職後に「やりたい仕事がある」とする学生は64.6%いる一方、「なりたい社会人像がある」のは45.9%と半数未満になっており、就活本格化前の調査時点では、具体的なロールモデルはまだイメージできていないことが明らかとなった。

 将来のライフプランについては、「結婚したい」と考える学生は78.2%と8割近くに上った。一方、「結婚したくない」という学生も9.6%と1割程度存在する。

 将来子どもができた場合、「育休を取得したい」と回答した女子は95.3%、男子でも70.1%となり、取得に意欲的だった。

 また、配偶者に「取得してほしい」と回答したのは男子学生で84.6%、女性学生で61.3%と、パートナーに育休取得を望む割合は高かった。

 調査は、2018年2月1日~3月10日、2019年3月に卒業予定の大学4年生(理系は大学院修士課程2年生含む)を対象にインターネットで実施し、2426人の回答を得た。

おすすめの記事

パワハラの判断基準と不適切な注意・指導の防止策

パワハラの判断基準と不適切な注意・指導の防止策
今日において、「パワーハラスメント」やこれを略した「パワハラ」という用語は社会的に定着した用語として一般に用いられており、この用語を知らない人はいないと言っても過言ではないでしょう。したがって、企業においては、規模や業種を問わず、パワハラ対策は優先的に取り組むべき課題であることを認識しておく必要がありますので、パワハラ問題の難点や裁判例の考え方を解説します。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

2019年卒学生の就職内定率は65.7%、面接解禁月から6割超の高水準 ディスコ

2019年卒学生の就職内定率は65.7%、面接解禁月から6割超の高水準 ディスコ

 2019年卒業予定者の大学生の採用面接が6月1日に正式に解禁され、就職活動が山場を迎えている。2019年卒学生の6月1日現在の内定率は65.7%で、5月1日現在(42.2%)より23.5ポイント上昇していることがディスコ(東京・文京、新留正朗社長)の調査で分かった。
大学生の就職率が過去最高の98.0%

大学生の就職率が過去最高の98.0%

 今春卒業した大学生の就職率が過去最高となったことが、厚生労働省と文部科学省の就職内定状況等の共同調査で分かった。
人気就職先1位は日本航空(JAL)、航空業界・総合商社が根強い人気

人気就職先1位は日本航空(JAL)、航空業界・総合商社が根強い人気

 2019年3月卒業予定の大学生が希望する就職先の人気ランキング1位は日本航空(JAL)であることが、人材サービスのディスコ(東京・文京、新留正朗社長)の調査で分かった。海外の大学で学ぶ日本人留学生が選んだ1位企業はP&Gだった。
2019年卒学生の内定率8.0%、前年越えのハイスピードで進む ディスコ

2019年卒学生の内定率8.0%、前年越えのハイスピードで進む ディスコ

 採用広報が解禁され、多くの学生が就職活動を開始した3月1日時点での内定率は8.0%となっていることが、人材サービスのディスコ(東京・文京、新留正朗社長)の調査で分かった。2月から3.4ポイント上昇しており、前年同期と比べても全体的に動きが早まっている。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース