2021年1月5日

主要人材コンサルティング会社アンケート「2021年 企業の人材需要と採用の課題」(各社回答6)

2021年の人材需要と採用の課題を、企業の人材採用を支援する主要コンサルティング会社の事業責任者を対象にアンケート調査で聞いた。【回答社名:エンワールド・ジャパン、キーンバウム ジャパン/K.J.コンサルタンツ、エリメントHRC、クレドス、MS-Japan】

回答(1)企業の人材需要

回答(2)企業の人材採用の課題

回答(3)人材業界の展望、自社の事業・サービス展開

 (28696)

エンワールド・ジャパン ヴィジェイ・ディオール 代表取締役社長

(1)2021年は新型コロナウイルスのワクチンが普及し、通常の生活に戻り始めることが考えられるため、採用市場も回復すると予測している。日本は依然として人材不足の市場であるため、早期回復した企業は、新型コロナウイルス発生以前の競争水準に戻る前に積極的に人材獲得を行うことが重要になるだろう。また、Web、Eコマース、デジタル関連の特定の業界や職種においては、急激に採用が増えることが考えられる。

(2)2021年の採用市場は回復基調にあるが、直ちに新型コロナウイルス感染症流行以前の水準に戻ることは難しく、ゆっくりと回復するだろう。
 採用企業は引き続き、オンラインコミュニケーションなどの手段で対面の交流を減らしたり、さまざまな働き方に対応する必要がある。また、現在内部TAや採用担当者によって行われている日常的なオペレーションコスト削減のため、さらに自動化が進むだろう。また、IT系部門などでは、人材紹介会社への依存度を減らすため、内部TAチームの編成が進むと予測される。

(3)新型コロナウイルスのワクチンの供給開始による2021年の景気の回復は、人材業界にもプラスの影響をもたらすと見込んでいる。しかし、景気はゆっくりと回復するため、少なくとも前半は事業発展のため生産性を上げ、投資やコストコントロールを慎重におこなう必要がある。
 当社ではそのような状況下、採用精度と効率を上げるソリューションの提案を可能にするため、グループ会社エン・ジャパンが保有するHRテックツールの提供を開始した。これにより、採用~入社後の定着までワンストップでのサービス提供が可能となっている。今後も当社ミッションである「入社後活躍」を様々な角度から実現していく。
 (28699)

キーンバウム ジャパン/K.J.コンサルタンツ 鈴木悦司 代表取締役社長

(1)現下の状況が続く限り、人材需要の急速な回復は望めない。ただし、コロナ禍の中、DXの進展が加速することは間違いなく、結果として、ワークフローシステム、SFA、RPAなどの知見を持ったIT技術者の人材需要が伸びるであろうし、また、(米国の民主党政権誕生もあり)環境問題に対する取り組みを加速させ、例えば、自動車業界ではe-mobilityへの移行が加速する結果、AI、センサー技術、HMIの分野で技術者の需要が伸びることが予想される。

(2)企業人事について言えばHRDXへの移行が不可避であると同時に採用プロセスの見直しが迫られるだろうし、実際に多くの企業が取り組んでいる。求められる人材も言わばDX Readyな人材となるであろう。またリモートワークがある程度常態化した職場では「ジョブ型雇用」がより有効であり企業側も企業文化(ソフト)面でも人事制度(ハード)面でも「ジョブ型人材」を受け入れる体制の構築が必要である。
 別の視点から、海外子会社の現地社員の役割も大幅な変更が予想される。今まで海外駐在員が担っていた役割を、海外駐在が難しい現在、現地社員が担わなければならないからだ。現地社員に求められる人材をいかに発掘するかも「企業の人事採用の課題」といってよい。

(3)2021年の人材業界は引き続き厳しい状況であることに変わりはない。ただし、企業人事がこれまで以上にドラスティックな変革を求められているときにあって、人材業界としてもこの企業活動を人材面でサポートすることができれば、業界として付加価値を生むことができると信じる。
 上述のような「企業の人事採用の課題」に、当社としてもこの課題に的確な解を提供することでクライアント企業の発展に貢献したい。特にクロスボーダーの案件を多く手掛ける当社としては、人材を国内、国外を問わず、異文化コミュニケーション能力に富み、その中でリーダーシップを発揮できる人材を発掘することで企業価値を高めることを企図する。
 (28702)

エリメントHRC 清水潤次 執行役員 Principal

(1)経験者採用(即戦力)は加速する。特にDX人材は需要増。新型コロナウイルスに端を発する各社のリモート推進や、ミーティングもWebにシフト等、IT化はさらに進む。データサイエンティスト、データアナリスト等の優秀人材は引く手数多。AI関連案件・人材ニーズも同様。全体感としては、コロナ収束(見込み含む)が無ければ、厳しい状況は続くと予想されるが、ワクチン開発なども順調に推移しつつあり、マーケット回復を期待したい。

(2)2020年はITやスーパー小売、介護等、日常生活に直結する以外のマーケットは、一気に採用ニーズが鈍化(もしくはフリーズ)し、全体的には冷え込んだ。2021年は、ウィズコロナを見据えた採用活動をいかに機能させるか、経験者をいかに取り込めるか等が鍵となる。例えば、オンラインインタビューの難しさ・双方温度差を埋めるため、2回のうち1回は対面などを取り入れる。企業を変革できるエグゼやDX推進担当の起用等。

(3)2020年はリーマンショック以来、大きな打撃を受けた年であった。(ただ、リーマンショック以来、人材業界・マーケットは好調であったため、色々学び・課題が多かったといえる年ともいえる)。2021年は人材業界としては、跳ねる前の準備期間となるであろう。
 当社の事業としては、2020年はファーマ(製薬)ではニーズは前年とほぼ変わらず、また特に医療従事者ニーズ(COVID-19対応・最前線の看護師等)は高い状況であった。当社としては、2021年も、医療に関わる法人【主に製薬・医療機器・医療サービス(医療IT含む)・医療機関】/個人の支援を最大化し、WIN-WIN-WINを目指す。
 (28705)

クレドス 田中潤 代表取締役 CEO

(1)DX系の人材需要については、コロナ禍の影響が改善した後も、根強い需要増が見込まれているも、需要全体としては、やや減少している状況は否めない。

(2)多くの企業が変革期を乗り切るべく、戦略系コンサルティング会社への依存度が増している傾向にあり、その状況を反映してか、業績上位のコンサルティング会社の採用意欲は衰えを見せていない。一方、大手広告代理店グループの採用については鈍化しているも、トップクラスの広告代理店についてはある程度、継続的に採用を続けている。

(3)多くの人材紹介企業が厳しい経営を強いられる中、当社は前年比500%の実績を計上できた。2020年は戦略系コンサルティング会社、広告代理店、ベンチャーキャピタルに人材を紹介していたが、2021年は日系、外資系問わず、各ブランド事業会社との取引を拡充する予定となっている。
 (28708)

MS-Japan 井川優介 取締役 人材紹介事業本部長

(1)コロナ禍で、2020年は春先に大きく求人数が減少したが、年末にかけて緩やかに回復していった。一部の業界では、引き続き求人採用を控えている一方で、IT業界、ベンチャー企業など採用ニーズが旺盛な業界では積極的な採用活動が行われている。2021年も緩やかな回復は続いていくことを見込んでいる。

(2)コロナ前の圧倒的な売り手市場と比較して、現在は求人数の減少により求人倍率が低下している。上述の通り、求人数は緩やかに回復するものの、コロナ前の状態に戻るほどではないと考えている。
 ただし、専門性の高い実務スキルを有する人材、貴重な経験を積んでいる人材、難関国家資格を持つ人材などは、引き続き採用ニーズが多く、売り手市場の状況が続いている。採用対象に合わせて、募集要件の緩和や数ある採用手段を使い分けるなどの工夫が必要だ。

(3)今年も、管理部門・士業専門特化の採用支援サービスとして、優秀な人材の確保とサービス品質の向上を図り、求人依頼に応える。また、これまで多くの企業に利用いただいている人材紹介事業に加えて、ダイレクトリクルーティングメディアの事業でも貢献できるように取り組んでいく。

主要人材コンサルティング会社アンケート「2021年 企業の人材需要と採用の課題」(各社回答1)

主要人材コンサルティング会社アンケート「2021年 企業の人材需要と採用の課題」(各社回答1)
回答社名:ワークス・ジャパン、ロバート・ウォルターズ・ジャパン、リネアコンサルティング、レックスアドバイザーズ、リス

主要人材コンサルティング会社アンケート「2021年 企業の人材需要と採用の課題」(各社回答2)

主要人材コンサルティング会社アンケート「2021年 企業の人材需要と採用の課題」(各社回答2)
回答社名:Results、リクルートキャリア、Youth Planet、みらいワークス、プロフェッショナルネットワーク

主要人材コンサルティング会社アンケート「2021年 企業の人材需要と採用の課題」(各社回答3)

主要人材コンサルティング会社アンケート「2021年 企業の人材需要と採用の課題」(各社回答3)
回答社名:プライマリー・アシスト、フジキャリアデザイン、ヒューマンリソシア、ヒューマン・アソシエイツ・ホールディングス、パーソルキャリア

主要人材コンサルティング会社アンケート「2021年 企業の人材需要と採用の課題」(各社回答4)

主要人材コンサルティング会社アンケート「2021年 企業の人材需要と採用の課題」(各社回答4)
回答社名:パソナ、テクノブレーン、セールスキャリアエージェント、ジェイ エイ シー リクルートメント、島本パートナーズ

主要人材コンサルティング会社アンケート「2021年 企業の人材需要と採用の課題」(各社回答5)

主要人材コンサルティング会社アンケート「2021年 企業の人材需要と採用の課題」(各社回答5)
回答社名:KMF PARTNERS、コンコード エグゼクティブグループ、経営者JP、キャリア・デベロプメント・ アソシエイツ、キャリアエピソード

主要人材コンサルティング会社アンケート「2021年 企業の人材需要と採用の課題」(各社回答7)

主要人材コンサルティング会社アンケート「2021年 企業の人材需要と採用の課題」(各社回答7)
回答社名:EPIC Partners、A・ヒューマン、ウィンスリー、アンバース、アンテロープ キャリアコンサルティング
24 件

関連する記事

ワークス・ジャパン/Web面接との連携で面接調整業務を効率化 他

ワークス・ジャパン/Web面接との連携で面接調整業務を効率化 他

採用・育成・組織開発・HRテックの最新サービス情報を紹介する【ワークス・ジャパン、エンワールド・ジャパン】
【製薬・医療機器分野の中途採用】リモートワークの加速で、内勤職種の求職者の活動量が増加

【製薬・医療機器分野の中途採用】リモートワークの加速で、内勤職種の求職者の活動量が増加

エリメントHRC 中野雄介 採用コンサルティング事業部 Business Development 統括Manager
ワークス・ジャパン/採用ブランディング映像事業に参入 他

ワークス・ジャパン/採用ブランディング映像事業に参入 他

採用・育成・組織開発・HRテックの最新サービス情報を紹介する【ワークス・ジャパン、みらいワークス、KIYOラーニング、エンワールド・ジャパン】