2017年8月8日

国内銀行の平均年間給与は615万2000円、5年ぶりに前年比減少

 東京商工リサーチの「国内銀行92行『平均年間給与』調査(2017年3月期)」によると、国内銀行92行の2017年3月期の平均年間給与は前年比0.8%減となる615万2000円だった。前年を下回ったのは、2012年3月期以来、5年ぶり。

 (12950)

 平均年間給与が前年を上回ったのは、大手行7行では、あおぞら銀行のみ。地方銀行は54行のうち19行、第二地銀は31行のうち11行の合計31行(33.6%)にとどまり、約7割が減少した。

 92行の平均年間給与は2007年3月期(653万6000円)をピークに減少をたどり、その後2013年3月期に増加に転じた。しかし、厳しい経営環境や人材採用などで2017年3月期は5年ぶりに前年を下回った。

 業態別の平均年間給与は、大手行が742万8000円(前年比1.5%減)、地方銀行が632万2000円(同0.7%減)、第二地銀は556万8000円(同0.8%減)。

 前年に比べて大手行との給与格差は地方銀行が7万円、第二地銀も6万9000円縮小し、大手行との差はわずかだが縮まった。

 銀行別にみると、平均年間給与のトップは三井住友銀行で、814万8000円となった。4年連続で首位となったが、前年より15万3000円減少(1.8%減)した。

 2位は東京スター銀行(812万2000円)、3位はスルガ銀行(810万6000円)と続き、トップ3の順位は3年連続で同じだった。

 上位30行のうち、前年より平均年間給与が伸びたのは、スルガ銀行、あおぞら銀行、第四銀行など8行にとどまり、上位銀行の給与伸び悩みが目立った。

【銀行別 平均年間給与 上位10行】
1位 三井住友銀行 814万8000円
2位 東京スター銀行 812万2000円
3位 スルガ銀行 810万6000円
4位 あおぞら銀行 791万円
5位 三菱東京UFJ銀行 773万8000円
6位 新生銀行 772万5000円
7位 静岡銀行 763万7000円
8位 みずほ銀行 744万5000円
9位 千葉銀行 732万7000円
10位 阿波銀行 726万5000円

 調査は国内銀行の有価証券報告書などで、従業員数、平均年間給与、平均年齢が判明した92行を対象に集計、分析した。

 ※平均年間給与は、基本給与+賞与・基準外賃金

おすすめの記事

人事実務の最新重要判例「歩合給から残業代を控除する賃金規則の有効性」国際自動車事件最高裁判決

人事実務の最新重要判例「歩合給から残業代を控除する賃金規則の有効性」国際自動車事件最高裁判決
最近の労働裁判例の中から、人事実務の参考となる裁判例として、国際自動車事件の最高裁判決(最高裁判所第三小法廷判決平成29年2月28日判決)を紹介します。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

10月の実質賃金0.2%増、現金給与総額は0.6%増

10月の実質賃金0.2%増、現金給与総額は0.6%増

 物価変動の影響を除いた実質賃金は前年同月と比べ0.2%増となったことが、厚生労働省が発表した17年10月の勤労統計調査(速報、事業所規模5人以上)で分かった。
賃上げ企業8割超、9割超える産業も多数

賃上げ企業8割超、9割超える産業も多数

 2017年中に1人平均賃金を引き上げた又は引き上げる企業が87.8%となり、上位6産業では9割を超えていることが厚生労働省の「賃金引上げ等の実態に関する調査」で分かった。
大卒初任給20万6100円、すべての学歴で前年超

大卒初任給20万6100円、すべての学歴で前年超

 2017年の大卒初任給は前年比1.3%増となる20万6100円で、すべての学歴で前年を上回ったことが厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」で分かった。
9月の実質賃金0.1%減、現金給与総額は0.9%増

9月の実質賃金0.1%減、現金給与総額は0.9%増

 物価変動の影響を除いた実質賃金は前年同月と比べ0.1%減となったことが、厚生労働省が発表した17年9月の勤労統計調査(速報、事業所規模5人以上)で分かった。
2017年度、大企業89.7%、中小企業66.1%で賃上げを実施

2017年度、大企業89.7%、中小企業66.1%で賃上げを実施

 賃金の引上げを実施した大企業の割合は前年度90.1%、今年度89.7%となり、前年に続き多くの企業で賃上げが実施されたことが、経済産業省の「企業の賃上げ動向等に関するフォローアップ調査」で分かった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース