2019年1月29日

日本で働く外国人は146万人超と過去最多、前年比14.2%増

 日本で働く外国人が146万人超と過去最多となったことが、厚生労働省の「外国人雇用状況」の届出状況のとりまとめで分かった。(2018年10月末現在)

 (23522)

 外国人労働者数は前年同期比14.2%増の146万463人、外国人労働者を雇用している事業所数は前年同期比11.2%増の21万6348カ所で、ともに過去最高を更新した。

 このうち、労働者派遣・請負事業を行っている事業所数は1万7876カ所、当該事業所で就労する外国人労働者数は30万9470人と、それぞれ事業所数全体の8.3%、外国人労働者数全体の21.2%を占めている。2017年10月末現在と比べると、564カ所(3.3%)、3万5822人(13.1%)の増加となっている。

 国籍別では、中国が最も多く38万9117人(全体の26.6%)。次いでベトナム31万6840人(同21.7%)、フィリピン16万4006人(同11.2%)、ブラジル12万7392人(同8.7%)が続いた。

 特にベトナムは、前年同期比で31.9%増(7万6581人増)と大きく増加した。また、インドネシアは同21.7%増(7427人増)、ネパールは同18.0%増(1万2451人増)と増加している。

 在留資格別では、「身分に基づく在留資格」が外国人労働者全体の33.9%を占め、次いで「留学」を含む「資格外活動」23.5%、「技能実習」が21.1%、「専門的・技術的分野の在留資格」が19.0%となっている。

 対前年伸び率をみると、「資格外活動(留学)」が15.0%増、「技能実習」が19.7%増、「専門的・技術的分野」が16.1%増と続いている。

 都道府県別に外国人労働者数を見ると、東京が27.2%と最も多く、次いで愛知8.1%、大阪7.0%と続く。増加率では、宮崎が 23.7%増、熊本が 22.8%増、鹿児島が19.3%増の順となっている。

 産業別に外国人労働者数を見ると、「製造業」が21.4%を占め、次いで「卸売業、小売業」17.0%、「宿泊業、飲食サービス業」14.5%の順となっている。

 外国人労働者数は2018年10月末時点で事業主からハローワークに提出のあった届出件数を集計したもの。

おすすめの記事

人事実務の最新重要判例「同一労働同一賃金で最高裁が初判断」ハマキョウレックス事件・長沢運輸事件

人事実務の最新重要判例「同一労働同一賃金で最高裁が初判断」ハマキョウレックス事件・長沢運輸事件
最近の労働裁判例の中から、人事実務の参考になる重要な裁判例として、ハマキョウレックス事件及び長沢運輸事件の最高裁判決(最高裁判所第二小法廷平成30年6月1日判決)を紹介します。
5 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

日本人材ニュース|人材採用と人材育成の人事専門誌

関連する記事

日本で働く外国人が過去最多、前年比18.0%増

日本で働く外国人が過去最多、前年比18.0%増

 日本で働く外国人が127万人超と過去最多となったことが、厚生労働省の「外国人雇用状況」の届出状況のとりまとめで分かった。(2017年10月末現在)
日本で働く外国人が過去最多、100万人を超える

日本で働く外国人が過去最多、100万人を超える

 日本で働く外国人が過去最多となったことが分かった。厚生労働省が201610月末現在の状況を取りまとめた。
グローバル人材の新卒採用は増加するも、7割の企業で不足

グローバル人材の新卒採用は増加するも、7割の企業で不足

 グローバル人材の採用は5割の企業で増加しているものの、いまだに約7割の企業が不足していると感じていることが、総務省が発表した「グローバル人材育成の推進に関する政策評価」で明らかとなった。
日本で就職した外国人留学生は過去最高の1万5657人

日本で就職した外国人留学生は過去最高の1万5657人

 2015年に日本で就職するために在留資格を取得した外国人留学生は前年比20.8%増の1万5657人となり、過去最高を記録したことが、法務省入国管理局の集計で分かった。
外国人留学生の採用積極化 グローバル化でニーズ拡大

外国人留学生の採用積極化 グローバル化でニーズ拡大

経済のグローバル化が急速に進んだことを背景に、企業が外国人留学生に熱い視線を送っている。団塊世代の大量退職と少子化にともなう慢性的な人材不足も後を押し、企業の採用意欲を高めている。 一方、現在、日本にいる外国人留学生は約12万人で、日本流のビジネススキルを身につけた「日本ファン」も多く、数年後の海外進出に備えグローバル化を支えるコア人材として、採用を積極化する企業が急増している。外国人留学生採用の実態を取材した。
2019年重要テーマ 分野別サービス紹介

2019年重要テーマ 分野別サービス紹介

2019年は働き方改革の本格的始動をはじめ、企業のグローバル化や売り手市場における採用活動、さらには社員へのメンタルケアや研修・評価管理の充実など、人事担当者が取り組むべき課題は山積みだ。これらの課題解決を支援する、今後さらに注目されるサービスを提供している企業に対し、取材を行った。
長時間労働・残業時間の削減に取り組んだ企業は6割超

長時間労働・残業時間の削減に取り組んだ企業は6割超

 「働き方改革」として「長時間労働削減のための労働時間管理の強化」と「残業削減の推進」に取り組んだ企業は6割を超えていることが、厚生労働省の11月の労働経済動向調査で分かった。
2019年卒学生の採用充足率8割台、採用活動は前年より厳しかった企業が4割超

2019年卒学生の採用充足率8割台、採用活動は前年より厳しかった企業が4割超

 2019年卒学生の「採用充足率」(内定者数/募集人数)は前年を1.4ポイント上回る84.4%となっており、企業にとって厳しい状況が続いていることが、マイナビ(東京・千代田、中川信行社長)の「2019年卒マイナビ企業新卒内定状況調査」で明らかとなった。
他人ごとではない!?雇用延長における現役世代への影響

他人ごとではない!?雇用延長における現役世代への影響

働き方改革によって日本の「長時間労働」は是正されつつあるが、一方で政府は日本人の長“期間”労働の促進に舵を切ろうとしている。(文・溝上憲文編集委員)
非正規よりも正社員の採用で人材確保へ、未充足求人は5産業で6割超え

非正規よりも正社員の採用で人材確保へ、未充足求人は5産業で6割超え

 人手不足に対して非正規よりも正社員の採用で人材を確保しようと考えている企業が多いことが、厚生労働省の8月の労働経済動向調査で分かった。

この記事のキーワード

この記事のライター

編集部 編集部

サイト会員限定記事

セミナー・イベント

プレスリリース